Freezone

c4bf8aa9 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-24 08:55
>>3e42a0e5

ヨーロッパでどのような教会に対しても個人が十分に強いのはフランスくらいの
もので、イギリスでは元教会菜園人が個人で聴聞を提供していたら、教会から訴
訟を起こされて、6年間くらいの法廷で争う羽目になった。

油断は禁物だ。
c81ff030 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-24 09:38
>>70bbc05a

うまいことまとまっている!
bf130fd3 anonymous 2016-05-24 15:50
>>70bbc05a
真世 は幅度の病気を治したんですよね。
それなのに何故、幅度によって追放されたんですか?
4d9e95a0 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-24 16:19
さぁねぇ。

真世は教会が輩出した至高の聴聞士で、幅度を凌ぐ技量の持ち主だったといわれ
ることもある。それが関係しているのかもしれない。
30126444 Jack#コギトエルゴスム 2016-05-24 19:29
>>33434070

教会の組織図のアウトポイントは、研究開発部門が欠落していることだと思います。

自動車会社ではサイエントロジーの組織図は使えないでしょう。

LRHの現役時代には、研究開発部門は明らかに存在していたにも関わらず、組織図上に明示されることはありませんでした。

これは、おそらくLRHが技術開発は組織が担うものではなく、LRH個人のハットであるという自負心とうぬぼれがあったのでしょうね。


c1d246a4 Jack 2016-05-24 19:32
>>30126444

すいません。トリップつけ直します。


e8ef4c8e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-24 22:35
>>30126444

全面的に同意する。そして、幅度が組織を信じなかったことは、教会の最大の矛
盾点でもある。教会が作り出しているクリアーや準OTを信頼できないならば、彼
らにどんな価値があるというのだろうか?
47eaf1bf Jack 2016-05-25 00:36

組織図と関連して以前から考えていたことを述べさせていただきます。

LRHは明らかに組織運営のおいては慢心や過失があったと思います。

LRHは自らがそれなりのOTレベルであったことで慢心しており、「肉体はもはや私のシンボルにすぎない」などと述べて肉体の重要性を認識できていませんでした。

教会がミスキャベッジに支配されてLRH自身もようやく認識したように、この地球上では肉体を失ってしまえば法的権利は全て喪失し、次の人生まで引き継げないのです。

これは、ウォグでは当たり前ですがLRHは自分のケースレベルに安住してこのことを認識できていなかった節があります。

だから、LRHは晩年ミスキャベッジに〝ご老体〟とバカにされてしまったのです。LRHがいくら高いケースレベルとパワーを持っていようと、地球上では若くて法的権利と権力を約束された人間のほうが有利に決まっています。

LRHは、自分の肉体の死後のこともきちんと考慮に入れるなら、全てがLRHに一極集中するような独裁システムではなく、もっと広くコムラインを開き、真に有能な人間が上に昇れるような、多数者参画型の組織を築いておくべきでした。

そうすれば、誰が上に立とうとも極端な失敗はフィードバックによって防ぐことができます。ミスキャベッジはLRHの築いた個人独裁型の組織システムをそのまま継承しただけです。

ミスキャベッジも今のうちはいいでしょうが、現在の教会システムを放置するなら次のチャンスは無いぞということをしっかり認識するべきでしょう。
7e730547 anonymous 2016-05-25 01:13
>>47eaf1bf
「ご老体」と幅度をバカにしたのをどうやって知ったのですか?
62aea904 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-25 09:06
>>47eaf1bf

幅度は委員会的組織を毛嫌いしていたんだよね。問題への取り組みを先送りした
い政治家が、物事の進展を阻むために設置するものが委員会だ、みたいなことを
言っている。

幅度は、結局、最大の権限を菜園教会の外に確保することで、御簾下別児を屈服
させた。CSTが持つ黄金の選択権を行使すれば、100ドルで幅度の菜園関連著作物
全ての著作権をRTCから強制的に買い取れる。つまり、CSTはいつでも教会を解体
できる。

でも、もちろん、これも本質的な問題解決には至らない。ある部署が問題を起こ
すためにさらに上位の部署を設置してできたのが、今の教会組織であり、CSTも
教会組織全体に対する上位部署であり、さらに上位の部署が必要になるかもしれ
ない。

そこで、幅度はもう一つの策を実行に移した。驢馬斗尊にも技術を託し、論'sと
いう非宗教組織を作らせ、さらに、そこを出発点として自由に技術を研究し、新
しい技術を開発できる環境作りを始めた。こうしてできたのがヨーロッパの自由
領域だ。そして、これに触発され、幅度の直接的な意図とは関係せずにできたの
が、アメリカにおける自由領域だ。

教会は垂直方向に延びるもので、自由領域は水平方向に広がる。
637d8f51 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-25 10:25
ところで、Jack氏よ、署名欄を用意してあるサイトには

http://ygg.ch/thread/Freezone

がある。しかも、安定稼働中で、過去の書き込みもちゃんと保管してある。

いいね × 10
d3aeed2e Jack 2016-05-25 23:08
>>637d8f51

ありがとうございます。活用させていただきます。

>>7e730547

教会のマネジメントの変革期を経験したサイエントロジストの証言に基づくもので、私が状況を鑑みておそらく正しいだろうと判断したものです。
8e23b2d2 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-26 11:03
語学ネタ4

ディズニーの『アナと雪の女王』の挿入歌は、"Let it go, let it go!"のとこ
ろが特に有名になった。日本人の耳には/レリゴー レリゴー/のように聴こえる。
正確な発音は[lɛɾɪgoʊ lɛɾɪgoʊ]だ。これは、単語の先頭ではないときの日本語
のラ行子音と同じで、例えば、"空"の発音[soɾa]に[ɾ]が含まれている。

アメリカ英語の音素/t/には主に二つの発音がある。

/t/⇔[t][ɾ]

[ɾ]を/t/として聴き分けられるようになると、アメリカ英語はかなり分かりやす
くなる。
f1f8b395 anonymous 2016-05-26 12:17
>>58a7a03e
オールドタイマーさん、ご返答の中にありました「創造的なプロセス」というものについて質問があります。
以前、教会でブリッジの説明を聞いたことがあるのですが、「OT7まではネガティヴゲイン」という説明を聞きました。
創造的なプロセスというのは、ネガティヴゲインに対してポジティブゲインのようなものを生むプロセス、ということになるのでしょうか?
0cda0a9f Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-26 14:04
>>f1f8b395

チャージや出来事を注視、想起、再体験させるのではなく、新しく何かを考えさ
せたりするのが「創造的なプロセス」だ。創造的なプロセスをある程度行うと、
チャージを扱うプロセスがうまくいきやすくなったり、そういうプロセスの後の
状態が安定しやすくなる。モデルセッションにも「ハビングネス」という部分が
あり、創造的なプロセスが行われることがある。だけど、こればかりをやるのは
やはり間違いで、大姉55は全体的には失敗し、現在では、いくつかのプロセスを
省いて、「オブジェクティブズ」と呼ばれる裁量グレードとなっている。(ただ
し、教会でこれが省かれることはまずないので、本当は必要がない人もオブジェ
クティブズを交わされていると思う。)

一方、「ポジティブゲイン」はあまり説明されていないので、その意味は曖昧だ。
新OT VIIIも過去を扱うプロセスであることに違いはないので、そこで得られる
ものが「ポジティブゲイン」であるようには思われない。むしろ、学習や経験よ
る技能の獲得とそれについての内省がポジティブゲインではないだろうか?

論'sのOT 16の次はSSランダウンで、そこでケースはなくなり、その後はもうプ
ロセスは不要とされている。これをどこまで信じていいのかはわからないが、OT
17とそれ以降は学習コースになっている。
45027562 anonymous 2016-05-26 17:31
>>0cda0a9f
ご説明ありがとうございます。
慈悲の冥想の主語をダイナミックス順に広げてやっていたところ、かなりの深度と濃度で外在化した視点を得た感じがしたのですが、オブジェクティブスの話で納得出来ました。
しばらく慈悲の冥想はお休みしておこうと思います。
11522694 Lone Trader /+RWIFbStID 2016-05-26 20:21
>>45027562

いい感じがしたのならば、そこは多分フラットポイント(FP)と呼ばれるものだ。
はっきりとしたEPがないプロセスや創造的なプロセスは、時々、FPまでやればい
い。

次にまた行うとしたら、推奨される時期はチャージを扱うプロセスをある程度行
った後だ。チャージが消えると、魂は代わりに別のチャージを抱え込もうとする
ことがある。そういう場合、ケースの状態を安定させるのに、創造的なプロセス
が役に立つ。
19cdce77 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-26 20:24
あれま、IDとトリップを間違えてしまった。
bb999c71 anonymous 2016-05-27 20:56
>>c4bf8aa9

>イギリスでは元教会菜園人が個人で聴聞を提供していたら、教会から訴訟を起こされて、6年間くらいの法廷で争う羽目になった。
 オールドタイマーさんこんばんは。遅いレスですみません。
 裁判は、結局どちらが勝訴したのでしょうか?
 6年位かかると、弁護士費用もかなりかかると思いますが。
876838a6 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-27 21:49
>>bb999c71

幸いにして、その個人が勝訴した。

日本は一応大陸法の国だけど、英米法的な側面もある。だから、個人は教会に対して用心深いほうがいい。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/1103/6.3MB)

Powered by shinGETsu.