Freezone

007e26ea anonymous 2016-05-20 23:01
以前オールドタイマーさんが紹介されていた慈悲の冥想の言葉に、ダイナミックスの視点を入れて実践を始めてみたところいい感じでした。以下のやり方が菜園公理などと照らして問題ないかチェック頂けましたらありがたいです。

慈悲の冥想の言葉は「私」が主語になっていますが、さらに「私の家族」「私の所属する集団」「人類」と主語の範囲を広げていくやり方です。2Dなら「私の家族(恋人)は幸せでありますように」「私の家族(恋人)を嫌っている人々も幸せでありますように」…といった形で、ダイナミックス順に主語を大きくしていく文脈を展開していくやり方です。
f14fa1f3 anonymous 2016-05-21 01:33
>>007e26ea

私は、仏教のプロセスを安易に採り入れることに反対しています。

オールドタイマーさんが、哲学や思想的な面でサイエントロジーと仏教を比較して論じる分には何も問題ありません。

しかし、サイエントロジーのテックとセットで提示するようであれば、強く異義を唱えさせてもらいます。

慈悲の瞑想のコマンドはアバター的であり、一見平和的な手法で占いなどのスピリチュアル系が好きな人には受けがいいでしょう。

しかし、慈悲の瞑想は祈りと同じで最終現象(EP)がありません。オールドタイマーさんは、おそらくこれについて反論されるでしょうがEPがあるというなら、この手法でEPに達した人を紹介(証明)して下さい。一万年実践すればEPに達するなどという理論上のお遊びはやめていただきたい。

キリのない手法を技術とみなす訳にはいきません。また、慈悲の瞑想はうつ病やノイローゼを抱えている方、精神的に不安定な方は特に控えて下さい。

また、重用なことは慈悲の瞑想が釈迦オリジナルの技術である保証はないということです。釈迦は、瞑想ではなくヨーガの技術で仏陀になりました。釈迦は当時、ヨーガの達人と呼ばれていたのです。

釈迦の修行法の中心は、四神足法と呼ばれるものでした。サイエントロジーとアプローチは異なりますが参考までに本を紹介しておきます。『仏陀の修行法・四神足よりー四神足瞑想法』(湯田浩二/一粒書房)

58a7a03e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-21 08:56
>>007e26ea

菜園公理に反する要素はないけれど、菜園の技術面での経験則からいえば、この
種の創造的なプロセスはあまり集中的にはやらないほうがいい。解放や消去のプ
ロセスを行いながら、時々創造的なプロセスを行うのが良いように思われる。
926b0822 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-21 09:37
>>f14fa1f3

まず、俺が提示した最新の最小の橋に慈悲の瞑想は含まれていない。

そもそも、菜園のすべてのプロセスに明確なEPが存在するということではない。
例えば、ソロで行う«15分間の虚無»にはEPがない。1日に15分間という時間の制
限があり、日を変えて何度でも行える。穏やかなプロセスだけでなく、劇薬的な
"Mock up some people who made you want to make nothing of things."にもEP
はない。EPの有無はプロセスの効果や妥当性を評価するうえで絶対の基準ではな
い。

ある特定の種類のチャージを扱うプロセスにはそのチャージの解放や消去に伴っ
て発生するEPがあるが、創造的なプロセスにEPはない。オブジェクティブは微妙
なところだが、技術的に言えば、大きなフラットポイントでプロセスをやめてい
ると言える。«本と瓶»みたいなものは、昔、ケース監督が実行時間を指定してい
たものだ。

慈悲の瞑想が釈迦の修行法であったかどうかは、俺の関心事ではない。
3ad3f129 anonymous 2016-05-21 10:30
>>926b0822

私は、セッション外で他の宗教を実践することにまでケチをつけるつもりはありません(ただし、薬物や催眠の使用は除く)。例えば、セッション(プロセス)の外で、神社にお参りにいくのは全くの自由です。

しかし、慈悲の瞑想を信仰でなくプロセスとして分類することに反対なのです。
慈悲の瞑想は技術ではなく信仰です。

技術においては、思想的なもの(コマンドなど)や信仰や儀式的な手法は排除すべきです。

慈悲の瞑想は、ROIの低さとそのルサンチマン的な思想と信仰を強要するものであるという点で異質なものです。

仮に慈悲の瞑想が何らかの効果をもたらすとしても、費やす時間や労力の壮大な浪費であるし、そもそもダイナミックの拡張(サイエントロジーでは『無限への道』に相当)という目的自体が、大きな段階の飛び越しであるのです。
c1d03679 anonymous 2016-05-21 13:10
>>3ad3f129
催眠(ヘミシンク等も含む)の問題点は何ですか?
738ea8a4 anonymous 2016-05-21 14:40
>>c1d03679

人間が物事を正しく知覚し、記憶し、判断するには、現時点において意のままにコントロール可能なアテンションユニット(意識の粒子、他の体系ではオーラとも呼ばれているものです)が、より多くの割合で存在している必要があります。これが、分析心(マインド)の機能です。

しかし、反応心(バンク)の機能によって、リッジやファクシミリの中に捕らわれて、もはや自我つまりセイタンが自由に知覚や記憶や判定に使うことのできなくなったアテンションユニットが存在しています。これが、フロイトの言った潜在意識や下意識の正体です。

なぜ、アテンションユニットがバンクの領域で自由に使えないかというと、アテンションユニットが重なり合って質量の塊になっているからです。ファクシミリに質量が堆積しているので、記憶も閉塞します。

この質量をコミュニケーションを通して分解していくプロセスがオーディティングです。つまり、過去というラベルの付いた出来事の中に捕らわれて、固着しているアテンションユニットを現時点の自我の元へ回収するのです。

催眠術やヘミシンクといったプロセスは、一方通行のアテンションユニットのフローであり、現時点の自我への回収のフローがありません。

一方通行のアテンションユニットのフローは、バンクを硬くして、リッジ(形成途中の物質であり、ファクシミリはこのリッジの上に重なっています)をつくります。

つまり、催眠術やヘミシンクは、アテンションユニットの自由をより喪失させ、ファクシミリやリッジの質量をより堆積させ、バンクをより硬くします。

したがって、より人間の意識を眠らせ、知覚力、記憶力、判断力を鈍らせるものであり、より依存的なそして自己判断できない無能な人間を生産させる可能性があるということです。

良くても能力は変わらないか、悪ければ低下するでしょう。間違っても、能力が向上することはありません。
122e47f3 anonymous 2016-05-21 16:20
>>738ea8a4
オールドタイマーさんとレベルの高いやりとりしてる人は固定ハンドル付けてもらえないでしょうか?
俺みたいにあやふやな知識だとオールドタイマー氏以外のどのレスを信用していいか分からない。
あなたは個人でオーディティングしてクリアーを作り出した人ですか?
あと、教会に関わってたのかとか菜園歴
を教えて下さい。
今のあなたのケースレベルとか教えてくれるとうれしいです。
固定ハンドルと言えば色々熱心だった1991さんとかハンクレビン氏のメーター持っていたアンスさんは今どうしているのだろう。
539e660e anonymous 2016-05-21 17:25
>>58a7a03e
ありがとうございます。
様子をみながら少しずつ取り組んでみたいと思います。
b1976b9c Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-21 21:53
菜園人がうまく攻略できていないことが三つある。政治、語学、転生だ。菜園人
は一般人より政治家になれる確率が低い。七か国語以上を自由自在に操る菜園人
はいない。そして、転生後の記憶を再生できる菜園人でも、職業上で既得技能を
再訓練なしで使いこなせる水準に達しておらず、せいぜいダライ・ラマ程度に留
まっている。

政治家には、知覚・感情・言動を一体として自動制御する心的機械の集合体があ
って、しかもそれが盛んに活動しているのだと思う。俺はこの集合体を複写心と
呼んでいる。菜園のプロセスは多分この複写心を停止させたり、消去したりして
いるのだろう。複写心がなくなることで、菜園人は世相へ安易に迎合する傾向か
ら解き放たれる。だが、そこから先は、複写心が自動でやっていたことを、自覚
をもって行っていく技能が必要になろう。

語学に関しては、教会流に使用されるところの学習技術があまり役に立たない。
数万の単語を覚える必要があるのだから、誤解語の全てを辞書で調べるなんてこ
とは現実的ではない。辞書の使用は段階の飛び越しともいえるかもしれない。学
習者にとって最初に必要なことはとにかく聴くことだ。音に慣れなければ、外国
語を習得することはできない。

転生時に記憶が封印されるのは、封印するための装置があるからだと思う。古今
東西の伝承には、出神や転生の際に、"ヘカテー"や"西王母"を無視するように勧
めるものが少なからずある。しかし、"ヘカテー"や"西王母"を無視する他者を目
撃したという話は全く伝えられていない。これは、封印装置が各人の心の中にあ
るからだと思われる。
11a3d7f3 Jack 2016-05-21 22:12
固定ハンドル付けてもらえないでしょうか?

付けました。前回の人生のニックネームです。

あなたは個人でオーディティングしてクリアーを作り出した人ですか?

そうです。

あと、教会に関わってたのかとか菜園歴を教えて下さい。

サイエントロジスト歴は約10年になります。教会のサイエントロジストでした。当初は、宗教という認識はなく、ブックワンを読んで自己啓発のつもりで教会に行きました。文献のレベルの高さと組織運営のレベルの低さの余りのギャップに疑問を感じ、またネット上の批判サイトも見始め、LRHとサイエントロジーに対してARCブレークを生じる。しかし、その後LRHの最側近だったCBRの存在を知り、LRHとサイエントロジーに対するARCを回復。そして、サイエントロジーの様々な文献や講演録を独学。その後、友人にセッションを依頼され、オールドタイマーさんのアドバイスもいただきながらクリアー誕生。これがかなり簡単な略歴です。

今のあなたのケースレベルとか教えてくれるとうれしいです。

生肉です(教会でのブリッジの経験は、個人特定につながる可能性があるため控えさせていただきます)。トーンレベルは1ポイント台でかなり低いです。昔よりも(といっても小学生とかそのくらいの頃と較べてですが)快楽の感度はかなり落ちています。

私のポリシーは、LRHと同じ思考を身に付けることです。しかし、同じ思考を身に付けるととは、教会のようにLRHの言葉を鵜呑みにすることではありません。実際、私はLRHのデータにソロで突っ込みを良く入れてます(笑)。

あと、私はオールドタイマーさんと違いフルブリッジ(ケースレスネス)とスタンダードテックを重視しています。

また、ブリッジとテックにおいてはスピードと効果性と安全性を重視します。コストを抑えてゆっくりブリッジに昇るというスタンスの方もいらっしゃると思いますが、時間がかかる手法は結局コストもかかりますし労力や手間暇もかかると思います。もちろん、教会のブリッジは論外ですけどね。

ad317e0e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-21 22:18
語学ネタ3

今日はフランス人美女 — 既婚者だったが — と一時間半くらい話をした。

この人は相手の語学力の水準にちょっと鈍感で、かなりの速さで長々と話すので、
俺が理解できなかったところも少なくなかった。音は聴き取れているので、構文
解釈が追い付いていないのだと思う。

·フロー1: 他→自
·フロー2: 自→他
·フロー3: 他→他
·フロー0: 自→自

コミュニケーションを含む様々な行動には、上記のような4つのフローがある。
語学に関しては、フロー1が最初のフローで、なおかつ、最も重要なフローであ
り、次のフロー2が重要だが、これら2つのフローを満足にこなすためにも、フロ
ー0の強化は欠かせない。十分に聴き取るには、考える訓練も必要なのだと思う。

知人に6ヵ国語を操る大学院生がいる。母国語はフランス語で、英語のようなヨ
ーロッパの語だけでなく、日本語と韓国語も流暢に話す。日本語歴は約1ヵ年、
韓国語歴は約2ヵ月だ。日本語を話すときには日本語で考えていて、韓国語を話
すときにも、文法だけは似ているので、日本語で考えているそうだ。

フロー3には一番時間がかかり、これができれば、ネイティブ間の会話を聴き取
れるようになり、もう"You speak good English.""Tu parles très bien
français."などと言われることがなくなって、ネイティブ同様に扱ってもらえる
ようになるが、フランス語ではこの生涯中に俺がそこまで届くかどうか怪しいも
んだ。今日もフランス語を誉められた。つまり、あまりできていないのだ。
467dc0c4 Jack 2016-05-21 22:50
>>b1976b9c

政治家に必要な資質(私論)

・人脈力

・バランス感覚(多種多様な有権者を相手にするので、セクトなつまり片寄ったスタンスは不利)

・場の空気やサイレントマジョリティの空気感に敏感であること(小泉元総理はこの能力が高かった)

・文書処理能力と読解力とそこそこの速読力(期限内に大量の資料を読み込み、かつ自分の見解も示せなければ務まらない)
e32e6283 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-21 23:18
>>11a3d7f3

署名のところに何か適当な文字列を入れると、なりすましが防げてなお良い。検
討してくれないか?

誤解を避けるために言わせてもらおう。俺が提唱しているのはコンパクトな橋や
最小の橋なのだが、効率を大幅に犠牲にして、費用や手間を小さくし、安全性を
確保しているだけで、少なくとも方針として、効率は落ちるが、完全なものを目
指していることに違いはない。

大きな橋は正しく運用されれば効率が良いが、基礎技術の習得、技術提供と組織
運営の折り合い、そして、PC自身にとっての橋と人生の折り合いなど、考えなけ
ればならないことは実に多い。
68bd33f3 2016-05-21 23:22
>>ad317e0e

オールドタイマーさんは英語を話す時に英語で考えていますか?
また、オールドタイマーさんの現在の英語レベル、英語習得の経緯を知りたいです。

私はまだ英語で考えるレベルに達していません。
英語で考えられるようになると一気に習得が速くなりそうですね。

現在の私は  
①日本語である考えが湧く
②文法・単語をチェックしながら英語に変換
③正しい発音で発声されているか留意しながら発声

という感じです。
もちろん慣れている言い回し・フレーズ・単純な内容の場合は
「③正しい発音で発声されているか留意しながら発声」だけ、
あるいは 考えずに反射的に答えられますが。

自分のトーンの高さ、相対する人間のコミュニケーション能力&トーンなどによって
自分の英語力もかなり変化してしまいます。それが英語力の安定した向上を阻害している
原因かなと最近思います。

宜しければなにかアドバイスを頂けますでしょうか?
c9920b7f Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-21 23:44
>>467dc0c4

この4つの資質のうち、第1から第3までは政治力、第4は政策力に関係している。
そして、政治力と政策力は両立しないことが多い。

1990年代から、日本人全体の実質所得を増やすことができた首相は、村山、小渕、
鳩山だけだった。首相としては、この3人だけがまともな政策力を持っていたと
いえよう。一方、明らかに政治力に優れた小泉や、政治力を磨いて首相の座に戻
ってきた安部は、日本人全体の実質所得を大幅に減らしている。(拉致被害者数
人が返ってきたことは、アジア太平洋州局長だった田中太平洋州局長が立案、計
画、実行の全てにかかわった外交交渉の成功であり、首相が誰であっても成功し
たはずだ。実際、田中が降ろされたると、その後には誰も帰ってきていない。)

反応心と異なり、行動力を減退させず、慣れ親しんだ状況に自動的にうまく対処
できる心的機械類の存在を仮定すると、政治と政策に関する謎は一応解ける。民
の気質は閉鎖的社会ではあまり速くは変化しないから、心的機械類の働きは政治
力を強める。しかし、世界は変化し続けているのだから、自動的に行動していて
は効果的な政策の立案や実行は難しい。
02590a69 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-22 00:07
>>68bd33f3

英語で考えている。たぶん、英語で考えなければ英語でオーディティングを行う
のは不可能だと思う。俺はこの生涯でも全面的に英語で菜園を学んだ。最初にセ
ッションを与えたのも英語で、その時のPCはアメリカ人だった。TOEICなどを受
けていないので、現在の英語力を示す具体的な数字として提示できるものはない
が、試しに英検1級を取ったときには、上位者パーティーに招かれた。

さて、そなたはどうやら日本語で考えながら英語を話すことができるようだ。そ
れは、そなたが日本語ネイティブだからだろう。一方、日本語をある程度勉強し
た英語ネイティブは、英語で考えながら日本語を話しているはずだ。気の長い話
ではあるけれど、日本語で話すときにも英語で考えてみてはどうかね? 英語で
考えられるようになるかもしれない。これがうまく行かなければ、やっぱり留学
がいい。
527b9a8c 2016-05-22 11:06
日本語で話すときも英語で考えるのは難しそうですね。

毎日オンライン英会話をやっているので、まずはそこで英語のみで
思考して意図を伝えられるように意識してやっていこうと思います。

以前留学をしたことがあります。そのおかげで現在はある程度英語を喋れる&聞けるようになりました。
近い将来、英語圏で就職するか起業して活動しようと考えております。

それと以前も述べましたが、海外の自由領域の人達に会おうと思っております。
a375c161 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-22 12:56
>>527b9a8c

それは素晴らしい。幸運を祈る。

自由領域の聴聞士の一般的な傾向として、外国での生活が長い人ほど、技能
も高水準にある。このことは時々話題に上る。
33434070 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-23 09:02
老練初くんの話をしよう。

老練初くんはヒスパニック系アメリカ人で、当時12歳にして、教会のクラスIX聴
聞士だった。老練初くんは、多分、教会が輩出した最も優れた転生菜園人で、一
つ前の生涯で修得した聴聞技能を使いこなしていた。同年代の子供たちと遊んで
いるときには普通の少年だったが、聴聞士として働いているときには、不思議な
風格というか貫禄というか、そういうものを醸し出していて、ハリウッドの俳優
たちに対しても全然気後れしなかった。

老練初くんをじっくり研究すれば、菜園技術に何らかの進歩がもたらされると思
うが、教会はそういうことをやりたがらない。実にもったいないことだ。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/1143/5.0MB)

Powered by shinGETsu.