Freezone

7c8ffe64 Old Timer i1b5ibip3kS 2019-09-21 14:16
>>1d45db8c

数学的な証明が難しいが、入力層で投票する人と、中間層で投票する人を分ける
ことで、多層化ができると思う。
90479761 anonymous 2019-09-22 22:55
>>7c8ffe64
うーん、時間軸における追加情報の入力によって人間の意思決定に変化が生じると仮定すると、投票期間中に提示された情報の理解度で入力値(票)に荷重を加えることと、賛否を期日までに変更可能とすることによって、仮想的に多重化が実現出来ると思いませんか?
797f717b Old Timer i1b5ibip3kS 2019-09-23 11:02
>>90479761

単層パーセプロトロンにより多くの情報を追加で与えても、多層パーセプトロン
と同じ機能性を実現できない。

しかし、例えば、各有権者が賛成投票権と反対投票権をそれぞれ複数個持ち、そ
れぞれにおいて少なくとも投票権を一つ消耗する二回以上の投票を行い、二回目
以降の投票によって最初の投票の結果に更なる重みづけを行えば、多層パーセプ
トロンと同じ機能性を実現できるだろう。
b8416bba anonymous 2019-09-24 20:32
>>797f717b
ありがとうございます!
9541098e anonymous 2019-10-04 00:47
>>797f717b
すみません、質問させてください!
各要素の最低数の値を明確にすると、

①投票は2回
②案と対案で合計2案
③有権者が2案に対し、2回の投票でいずれかの案に賛否出来る投票権を持つ(投票権の行使は前後で合計2回のみ)

こういうことでしょうか??
de877c23 anonymous 2019-10-04 14:51
↑クソみたいに高いなオイ
コピー屋なら激安にしろ
7e06a1aa Old Timer i1b5ibip3kS 2019-10-05 14:19
>>9541098e

投票者側から見ればそう。ただし、第1回の投票の結果、第2階の投票で、賛成票
と反対票は異なる重みを持っている。このことで、投票システムは代理民主制と
同等の機能を持つことになる。
bcf55df4 anonymous 2019-10-06 23:17
>>7e06a1aa
異なる重み…例えば、

1回目 賛成2000万票 反対1000万票

2回目は、1回目に賛成に投じた人の反対票に2倍の重みを持たせる、1回目に反対に投じた人の賛成票は1/2の重みにする、みたいなやり方でしょうか?ちょっとイメージが湧かなくて…すみません。
66da5189 Old Timer i1b5ibip3kS 2019-10-07 23:50
>>bcf55df4

賛成と反対の票数に応じて活性化関数を適用し、それに0から1までの間の乱数を掛ける。
76ed3bd8 anonymous 2019-10-08 04:32
>>66da5189
ありがとうございます。人工知能に造詣がないのでちょっと理解するのに時間がかかりそうです^ ^;勉強させて頂きます。ありがとうございました!
425eecc7 anonymous 2019-10-29 00:42
完全な自由、について質問です。
ブリッジの最上部に書かれた完全な自由というのはどういうことなんでしょう?その地点まで到達しなければ理解出来ないようなものなんでしょうか??
af64f50e Old Timer i1b5ibip3kS 2019-10-29 14:36
>>425eecc7

それを知る人は誰もいない。幅度もそこまでは到達していないから。
71c83f98 anonymous 2019-10-31 07:20
>>af64f50e
そうですか…ありがとうございます!
f21aeddc anonymous 2019-11-08 12:12
ヤアヤア、皆さんお久し振りです。
この日本でワースト10に入るアホの孫悟空です。
今わかる事。

アメリカのトランプの再選は無い。
安倍総理の再選は無い。
森田千葉県知事の再選も無い。
神奈川県の林県知事よりも、ウチの母のがまともだ。
etc…

それでは皆様、かんかんガクガクと頑張ってください。
124be5de anonymous 2019-11-12 00:31
自己決定と全体決定について質問です。

全体決定という概念が腑に落ちません。

一人一宇宙、物質宇宙はその合意領域だとして、全体決定というのは合意領域内での全体を考えた決定と理解すれば良いのでしょうか?
全体決定は結局のところ主観であり、自己決定に包摂されてしまう気がするのですが、どうなのでしょうか?
7e98c9b0 アンス 2019-12-25 20:21
オールドタイマーさんへ

イエスが、弟子に話したある話を見ていました。
新約聖書: ルカによる福音書 第16章1節〜13節です。

ある金持ちに、一人の管理人がいた。

この管理人が主人の財産を無駄遣いしていると、告げ口をする者があった。
そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『お前について聞いていることがあるが、どうなのか。会計の報告を出しなさい。
もうおまえなんかに、管理を任せておくわけにはいかない。』と言われたそうです。

そう言われて管理人は考えた。
『どうしようか。主人はわたしから管理の仕事を取り上げようとしている。土を掘る力もないし、物乞いをするのも恥ずかしい。そうだ。こうしよう。管理の仕事をやめさせられても、自分を家に迎えてくれるような者たちを作ればいいのだ。』

考えに考えて、
そこで、管理人は主人に借りのある者を一人一人呼んで、まず最初の人に、『わたしの主人にいくら借りがあるのか』と言った。
『油百バトス』と言うと、管理人は言った。『これがあなたの証文だ。急いで、腰を掛けて、五十バトスと書き直しなさい。』また別の人には、『あなたは、いくら借りがあるのか』と言った。『小麦百コロス』と言うと、管理人は言った。『これがあなたの証文だ。八十コロスと書き直しなさい。』ということをした。

主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた。

この世の子らは、自分の仲間に対して、光の子らよりも賢くふるまっている。

そこで、わたしは言っておくが、不正にまみれた富で友達を作りなさい。そうしておけば、金がなくなったとき、あなたがたは永遠の住まいに迎え入れてもらえる。ごく小さな事に忠実な者は、大きな事にも忠実である。ごく小さな事に不忠実な者は、大きな事にも不忠実である。だから、不正にまみれた富について忠実でなければ、だれがあなたがたに本当に価値あるものを任せるだろうか。また、他人のものについて忠実でなければ、だれがあなたがたのものを与えてくれるだろうか。どんな召し使いも二人の主人に仕えることはできない。一方を憎んで他方を愛するか、一方に親しんで他方を軽んじるか、どちらかである。あなたがたは、神と富とに仕えることはできない。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
という話らしいのですが、まったく意味がわかりません。

とくに「主人は、この不正な管理人の抜け目のないやり方をほめた。」とか「不正にまみれた富について忠実でなければ、だれがあなたがたに本当に価値あるものを任せるだろうか。」の文です。

セイタンとこの話は、どこかつながりがありますでしょうか?

よろしくお願いいたします。
45e668c9 Old Timer i1b5ibip3kS 2020-01-06 09:50
>>124be5de

方便ではない、純粋な意味での全体決定は、一つ上の階層からの決定だ。

俺たちがこの宇宙の中の物語の登場人物ならば、全体決定をするのはその物語の
作者ということになる。
e7c6ecf0 Old Timer i1b5ibip3kS 2020-01-06 09:55
>>7e98c9b0

「不正にまみれた富について忠実」であるということは、「不正にまみれた富に
対して忠実」であることとは違うだろう。
a6e0a43f anonymous 2020-01-07 09:29
>>124be5de
>>45e668c9
質問された方ではないですが横から失礼します。
全体決定は一人一宇宙の上の階層から起きるということですね。

ユングのシンクロニシティは全体決定のひとつでしょうか?

幅度にとってはユングも精神科医と同じ扱いでしたか?
99235005 アンス 2020-01-08 05:48
>>e7c6ecf0
「不正にまみれた富について忠実」は、全体決定に忠実と言い換えてもいいのでしょうか?

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/224/0.3MB)

Powered by shinGETsu.