Freezone

a083cf8c K 2016-09-13 23:44
>>4216113e

これは、私が振ったので答えます。

セイタンの大きさは、セイタンの影響力やパワーや行動性です。

実際に、セイタンは光の玉なのですが(本質はスタティックですが、時空領域において)、光の玉の大きさは大小さまざまです。

例えば、ビッグセイタンはインプラントステーションのゲートに入り切らずつっかえたりします。

セイタンの大きさはケースレベルが上がれば知覚できるようになります。

ヘンリー・フォードは教養はありませんでしたかが、ビッグセイタンだったため大きなビジョンと不屈の精神で成功しました。トーマス・エジソンもそうですね。

アインシュタインは小型です。犬やネコは人間よりもちろん小型です。

誤解があるかもしれませんが、男性より女性のほうが一般的に小型です。例外ももちろんあります。それは、現代社会が男性優位なため、パワーのあるセイタンは男性の肉体を欲しがるからでしょう。

セイタンに大きさの違いがあるのは、タイムトラック上で分岐したからです。いわば、兄弟系列のセイタンが別の身体をで活動しているのです。ソウルメイトというよりツインソウルみたいな概念ですね。もちろん、たくさんの兄弟がいますし、どれももともとは自分です。しかし、今ではライバルです。だから、全然ツインでもメイトでめもないですね。

ちなみに、はるか昔には、各々の兄弟系列の中で、兄弟全てのセイタンを統括していた中心的なセイタンのことを、マスターライン略してマスターと呼んでいました。

では、ごきげんよう。
d36ae9cd anonymous 2016-09-13 23:50
こだわりや逸脱やプライドがあるのに、LRH の公理にこだわりはないんですか?
それなら、あなたは最小のブリッジで良くないですか?
最小のブリッジもロンズもどちらもメリットもデメリットもあると思いますよ。
最小のブリッジは、1人で出来て直ぐに実践出来てお金はかからないが時間がかかる。
ロンズは、海外に行く必要があってお金があって身が軽い人向けだけど、ソロよりもブリッジを昇る速度は早い。
みんな、それぞれ事情があって条件も違うからそれぞれの選択があって良いはずですよ。
最小のブリッジでクリアーになった人もいれば、ロンズでOT 48になる人もいますが、実際にやってみなければ出きるかどうかも本当に凄いかどうかも想像するだけでわからないではないですか。
だから、あなたの選択がロンズならこだわりは捨てて、みんなにあなたの知ってるロンズの情報を教えてあげて下さいよ。
それが、これからロンズを必要とする人達に有益な手助けになりますよ。
0c96abb9 K 2016-09-14 00:06
>>d36ae9cd

貴重な意見をありがとうございます。そのような方向で、さまざまな選択肢を除外せず(教会も含めて)お役に立てるようにしていきたいと思います。

私がLRHの公理にこだわらないのは、それが最終結論だとは思っていないからです。

また、科学体系とはアプリオリな公理から出発するものではなく、発見に基づく暫定的な結論に立脚するものではくてはならない。公理によって、新たな技術開発や発見が制約されることがあってはならないと考えているからです。
9c979a69 anonymous 2016-09-14 01:25
Oldtimerさん、もし、十分な資金と時間がある場合、
(1)旗陸基地で、グレードⅠまで、終わらして、3L'sをコンプ
(2)クラスⅧ(テックオブスタンダード)をコンプ
(3)OTⅧまで、終わらせる。
(4)開業ⅩⅡから定常的にオーディティングを受ける。
(5)論'sと自由領域の知識を学び実践し続ける。
というのを考え中ですが、もっと良い手順は、ありますか。
f7924043 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-14 07:37
>>9c979a69

開業クラスXIIは何らかの理由で教会とは不仲になった聴聞士なので、彼らから訓練や聴聞を受けるつもりでいるのならば、
教会ではなにかと厄介事を抱えてしまうかもしれない。

1968年以降の規範的技術で橋を登りたいのならば、開業クラスXIIを訪ねるのが一番良いと思う。教会の組織運営に振り回されない、
本当の意味での規範的技術を提供しているのは開業クラスXIIだからだ。

例えば、ピエール・エチエールは開業クラスXIIで、菜園教会で10年間に渡って最高の聴聞士だった。
http://pierreethier.wordpress.com/

御簾下別児は暫定クラスIXの時、権力掌握の過程で、技術にて彼を上回る人材を随分と追放したようだ。

オージェイ・ルース SP宣告を受けた
リーゼ・キングスヴォル SP宣告を受けた
トミー・キングスヴォル SP宣告
マイク・モーラー 海組織を去った
レオン・スタインバーグ SP宣告を受けた
クウェンティン・幅度 幅度の息子。死んだ
アレックス・シバースキー SP宣告を受けた
ブライアン・リヴィングストン SP宣告を受けた

彼ら8人は幅度によって選ばれ、直接訓練された始源のクラスXIIたちだが、誰一人教会に残っていない。

始源のクラスXIIによって訓練を受けた旗艦のクラスXIIでは、12人中10人がSP宣告を受け、1人が教会を去った。

旗陸基地の第1世代クラスXIIは8人いて、そのうち1人はSP宣告を受け、1人は技術陣を離れている。

旗陸基地の第2世代クラスXIIは26人いて、3人は技術陣からの永久追放処分を受け、7人は技術陣や教会を離れている。
旗陸基地でクラスXIIにSP宣告を出すと、顧客が動揺するからだろうと思う。
c6617ee4 anonymous 2016-09-14 11:40
仏陀やイエス等、過去の宗教の偉人達は今どこで何をしているのでしょうか?
彼らは準OT レベル以上だと思うのですが、転生しても生前の記憶は失なっても能力は失われないし、ケースもほぼ下がらないと思うのですが、どこかで今の世界に影響を与えるポジションについているのでしょうか?
f2fc1519 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-14 19:10
>>c6617ee4

イエスはNOTsの前身となるプロセスを開発した人だから、もう人間を卒業しているのかもしれない。ブッダもそうかもしれない。
だけど、確かめるすべはないね……
09bd40d2 anonymous 2016-09-14 19:31
>>f2fc1519
もし仮にそうだとしたら A Course in Miracles についてはどうでしょうか。
イエスがチャネリングで書けと言った本らしく
内容をみる限りは嘘っぱちと切り捨てることもできない情報に思えます。
人間を卒業しても、何らかの手段で人間に関わることもあるのでしょうか。

Oldtimer氏はHelenSchucman氏のテレパシー、またはチャネリング全般についてどのようにお考えでしょうか?
726c3b00 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-14 20:11
>>09bd40d2

ACIMと菜園の『要因』などには共通することがたくさんあるからね。もっとも、教会での
菜園は一者についてははっきりとしたことを言わない。

俺自身は、人間を卒業した魂が、人間の営みに深くかかわることはほとんどないと思っている。人間を卒業しても、まだまだ、
次のゲームが待っていると思われるからだ。

テレパシーという現象が存在することはもうほぼ確かだ。こういった種類の能力は、科学の他の分野よりもずっと
厳しい形で検証されているから、かえって疑いの余地はなくなっている。テレパシーがあるのだからチャネリングも当然ありえるけれど、
個別の事例については、真偽がはっきりしないと思う。
ccfaeea7 anonymous 2016-09-15 01:47
>>f7924043
Oldtimerさん、回答ありがとうございます。
ⅩⅡの実状は、そんな感じなのですね。

旗陸基地に残っているはずの安蘭須茶部は、直接、幅度に訓練を受けて、聴聞でミスしたら船から海に放り込まれたと
言ってました。第一世代が、全て放逐されたとすると彼は、第一世代のⅩⅡでは、ないのですか?
日本語で、L'sを提供できる聴聞士ということでしたが?

話は、変わりますが、日本語のL&Nで、L'sを受けるのというのは、そもそも、OldtimerさんもL&Nに必要な高度な技術の
話をされていることもありますし、安全に十分な結果って得られるのでしょうか?

自分は、教会、論's、自由領域、開業クラスⅩⅡのいずれに肩入れする者でもありませんが、
LevelⅢの最後に一般PCに聴聞する課題で、好結果を得て、修了時にC/Sからテックオブスタンダードを
もらったことが、あります。何を言いたいかというと実際にLevel'sをコンプしてみて、自分で自分を聴聞するに
しても教会で、せめて、Level'sをコンプすることは、最低限必要なのではないかと思っているということです。
ただ、自分の資産の1/3以上を注ぎ込んだり、教会のコントロール下に入ったりしない前提です。
Oldtimerさんも、こちらや別のサイトなどの発言からするとクラミング・オフィサーをされていたとのことですので、
一流の訓練を積み、生徒帽子の裏面にある意味での菜園「知識」を得られているから自由領域で、活躍されて
いるのだと思います。突然、自由領域、論'sで菜園を始めると色々な意味で、「段階の飛越し」になると思います。
実際にやってみて、体系立った訓練は、必要だと思うのです。繰り替えしになりますが、教会の回し者では、ないです。

なので、金銭と時間について制約のない状態を達成してから、自分は、リトレッドを兼ねて、旗陸基地で、ツインと
クラスⅧまで、コンプし、教会で、可能な限りの聴聞を受けて、論'sと自由領域と開業クラスⅩⅡから知識を得て
クリアなセータクリアを目指そうと考えました。
色々な角度で、菜園を実践されたOldtimerさんに自分が挙げたプランについて、意見をいただきたいです。
時間と金銭について全く制約がない場合のもっとも理想的なプランをOldtimerさんが菜園をゼロから始めると
どう組み立てますか?
自分には、ツインがいますので、2人で、プランを進めたいと考えています。

b1ee6613 anonymous 2016-09-15 06:17
旗組織トップだったデイビー・クックやマイク・リンダー氏が 「hole」 について述べている動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=mho0oWe2Ypk

これってガチで事実なんですかね?
事実だったらクレイジー過ぎますね。
菜園教会が出版している書籍や方針書も教会のSPにとって都合の悪い文言は改竄されている可能性を考慮する必要がありますね。
9315f8b4 anonymous 2016-09-15 06:20
>>ccfaeea7
確かに、お金の余裕さえあれば教会特にフラッグは環境、設備、マテリアル、スピードあらゆる側面が優れていますね。

あらゆる選択肢を除外しないことは重要な視点ですね。教会もお金を払って上手に利用する(IASなどの献金に参加せず実際のサービスのみにお金を使う)ならば自分の益になると思います。
cc8aee9d Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-15 07:33
>>ccfaeea7

安蘭須茶部は旗艦の第二世代クラスXIIで、クラスVIIIの時に、海に投げ込まれたことはあったのかもしれない。

L'sに詳しくはないけれど、L&Nの技術はないと思う。L'sはメーターの最高難度である方法6を使う。

体系的訓練は、開業クラスXIIの下でも、論'sの下でも行える。論's以外の自由領域では、体系的訓練の提供は弱い。
幅度と真世に由来する規範的な技術へのこだわりが強く、クラスVIIIを目指すのならば、開業クラスXIIを訪ねるのが一番だと思う。

これは2013年のもの
https://pierreethier.wordpress.com/2013/07/21/wins-on-l-11-expanded/
エチエールはこのころまだ現役であるようだ。

仮に俺が7億円を持っていて、まだ菜園の知識を十分に持っていなくて、規範的技術へのこだわりが強く、クラスVIIIを目指すのであれば、
まずはエチエールを訪ねる。そして、彼の人脈から、十分に若いクラスIX以上の開業聴聞士を探す。

目指すレベルがそれほど高くなくて、グラッドVくらいであるならば、教会でもいいと思う。コースは従量制ではないので、
教会でもトレーニング環境そのものはなかなか良いことが多い。ツインがいるならば、あとは、コース監督料金だけで橋を昇れるし。
橋は相互聴聞で昇るのが一番効率がいいし、それこそが、菜園の実践でもともと主流だった。
146fc25d Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-15 07:42
>>b1ee6613

そいつは本当のことだよ。教会はもう中核が腐っている。

幅度は技術の実践を菜園教会と論'sに分けて委ねた。これはすごく賢いことだった。
16de3522 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-15 07:52
昨日、GPMの一瞥消去を初めて経験した。セッション後、内在化による頭痛が始まったため、再びセッションを行い、
UCPを実行した。2回目のセッションの1時間後には頭痛が消えた。その後、仕事を通常通りに終え、
スイスの女子高生と午前1時ごろまで不慣れなフランス語で話すのに十分な気力と体力が残っていた。

かつては、内在化の処理を行った日には、24時間くらいぐったりしていたもんだった。今や、行動力の回復はまだまだだが、
気力と体力は充実している。NOTsはやはりピアノラケースに効果が高いと思う。
a48cdbdc Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-15 09:48
BTは他者の断片だ。そして、自己の断片もまた他者のBTケースの部分になっている。他者のBTケースに入っている断片が多いほど、
自己は小さくなる。このことで、魂としての大きさには個人差が生じる。

一方、抱えているBTの数は魂の大きさとは関係がない。

だから、行動力がなくても、大きな魂というのは存在する。カント、マルクス、ポッパー、デリダらの影響力は大きい。
カント的な権利の概念は、ホッブズやアダム・スミスの哲学を基礎に持つアメリカの法体系でもますます重要になってきている。
投機家が「take profit」、投資家が「income gain」のような表現を使うのは、マルクスの影響だ。ホッパーと
デリダは自然科学と社会科学の両方に影響を与え、学術での主張一般の正誤を判断する方法論を大幅に改善した。
276ebb60 anonymous 2016-09-15 12:31
>>146fc25d

海組織では衣食住の全ての自己決定を放棄した生活を送っている。
次第に常識や金銭感覚や観察能力などは失われていき、holeのような状況が生まれるんですね。

LRHが生きていて指揮を執っていた時の海組織と現在の海組織ではどういう違いがあるんでしょうね。
個々海組織メンバーの能力やアドミンの点について知りたいところです。
8721283f anonymous 2016-09-15 13:01
>>146fc25d
なぜ、協会の人間は御簾下別児の言いなりになってしまうのでしょうか?
観察能力も対応能力もSP以下で後手にまわってしまうのであれば
菜園技術とはいったい何なのだろう?とも思います。
最初から能力が無いのか、菜園技術に能力を阻害する効果があるのか。
はたまた、協会から出さたものにそう仕向ける何かがあるのか。
個人で世俗で実行していく者としてはとても知りたくなります。
10ca22f0 anonymous 2016-09-15 14:03
>>8721283f
LRHのデータが全て公開されていないことと、サイエントロジー教会自体のマネジメントシステムに問題がある。より上位の有能な技術者が、合議で教会を運営していく必要があると思われる。
4c6212da Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-15 14:46
>>276ebb60

海組織そのものが菜園教会最大の問題であり、菜園の本質から最も逸脱している組織だ。菜園は人を自由にするために創設された。
しかし、海組織は人を不自由にしている。幅度が率いていた時も、今と似たような問題は何回も発生した。

英傑型は晩年の幅度や現在の御簾下別児のように振る舞う。その近くにいて自由であり続けるのは難しい。だが、
誰よりも不自由なのは、英傑型当人だ。彼らは他者に強い影響を与える力を持ちながら、その力をおおもとのところでは制御できない。

>>8721283f

算盤はあまり良い習い事ではない。四則演算が極めて高い子にとって、中学生くらいまでの数学では、四則演算の
力技で解ける問題が多い。だから、数学力を養うべき用意された問題が、算盤が得意な子にとって、数学の
資質の向上に寄与しないのだ。

中途半端な運動能力は、かえって当人を不幸にする。アメリカでは、NBAの選手だったのにホームレスに転落する人がいる。日本だと、
元Jリーグ選手で、パチンコ屋の下働きをしている人もいるだろう。運動能力が高かったため、他の能力があまり伸びなかったのだ。

菜園の橋でも同じことが起こる。

教会の橋では、細かくレベルが区切られていて、人は遅かれ早かれどれかのレベルでいずれかの能力に大きな向上を経験する。
すると、その能力に大きく依存して生きるようになり、それ以外の能力をあまり使わなくなる。クラスXIIの
聴聞士は聴聞にあまりにも向いているので、他のことがあまりに不得意になってしまうのだ。

旗陸基地のふわりと優しいクラスXIIの方々が、全方位に能力を発揮する邪悪な英傑型に立ち向かえるはずもない。

自由領域のあるいくつもの橋には、特定の能力の突出ではなく、全体的な能力の向上を目指すべく組み立てられているものが多い。
自由領域の簡略な多くの橋は、教会の大掛かりな橋とは違う利点を有していて、教会菜園人とは異なる種類の強さを実践者にもたらす。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/769/7.1MB)

Powered by shinGETsu.