Freezone

61828d87 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-25 07:23
>>8576475e

OT能力(≠OT現象)の回復という面で、教会も論'sも成功していないのは同じ。

論'sは自由領域に対して影響力を持ってはいるが、自由領域菜園人は教会菜園人
よりはるかに自由だから、今後の展望が明るい。幅度がなしえなかったことを、
誰かがなしえる可能性が残っている。科学では過去の天才を現在の凡人が越えて
いる。現代の物理学者ならば、ニュートンより物理を熟知している。菜園に科学
性があるならば、自由領域の実践者にはもう幅度を超えている人が多いだろう。

いずれにせよ、OT現象が頻発した菜園人の平均寿命は短い傾向がある。

ハバードは74歳で死んだ。アメリカ人の平均寿命ほどではあるんだが、平均寿命
の計算には銃で撃たれて死んでいく人々や、薬物中毒で死んでいく人々が含まれ
る。74歳は比較的短命と言っていい。驢馬船長はもっと短命だった。私の父親は
87歳で、今も元気に暮らしている。

症状が深刻ならば、治療は穏やかなものであるべきだと幅度は語っている。OT現
象が起こるようになる前に、もっと多くのチャージを解消しておこうという方針
は誤りではないように思う。御簾下別児は幅度からの許可なく橋から旧OT II以
外の旧OTレベルを外した。このことで、菜園教会ではOT現象を目撃することはほ
とんどなくなったが、菜園人の平均寿命は延びるかもしれない。
7b2207c1 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-25 07:24
>>32c3a593

これは非常に巧みな説明だと思う。
f33c7ed1 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-25 07:27
>>ca886841

それはそうかもしれないが、幅度には平凡な外国語習得能力も示せなかった。こ
れは彼が自らの能力の使い方において誤っていたからだろう。幅度の日本語能力
は、そなたの英語能力より低かった。

現在、多くの分野で人の技能向上に "ぼんやりした" 状態が重要だということが、
菜園外の科学で発見されている。
cf49c795 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-25 07:37
>>ab46c111

ユダヤ教はもともと唯物論の一種だ。神は天という場所にいて、男性で、人間に
似た姿かたちを持っている。人は塵から生まれたので、塵に還る、と説かれてい
る。キリストもある程度その考えを踏襲したのだが、新たに "信仰" という概念
を持ち出し、 "信仰があればできないことは何もない" とした。キリストもペテ
ロもOT現象を見せた。 "信仰" は "他者に信じてもらえる資質" のことだ。ユダ
ヤ教では神のみが信仰を有していて、旧約聖書の申命記に "信仰に満ちている
神" (英語では、the faithful God) という表現がある。物質である神が物質を
操る能力を有するというのが、アブラハム系宗教の世界観の中核になっている。

キリスト教を基盤とした中世スコラ哲学の唯名論も唯物論の典型だ。

イスラム教徒はメッカとそこにある黒い石に執着し、女性の被りものに執着する。
唯物論の特徴は顕著だ。
dbc7afc5 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-25 07:45
>>c905f924

食事と性行為は魂が本来必要としない行為だ。これらはもともと魂に対する懲罰
であった。やがて懲罰を放棄する魂が現れ、宗教が作られた。だから、宗教に食
事と性行為の制限はつきものになっている。

他者に肉体に宿りたいという気持ちを抱かせることが、この宇宙での最大のオバ
ートだ、と幅度は言った。
c185f97c Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-25 23:56
菜園界全体の課題として、転生時の記憶の維持を確実にする技術の開発が挙げら
れると思う。幅度自身はたぶん成功しなかった。

俺は転生菜園人だが、東京で一人、旗組織でもう一人、転生菜園人に合った。東
京の人は現生涯をクリアーとして始め、旗組織の人は9歳で新OT VかつクラスIX
だった。転生菜園人の中で一つ前の生涯のケースレベルが最も低いのはたぶん俺
だろう。

記憶維持能力を強化できる活動:

・演劇
・外国語習得
・諜報

記憶維持のコツ:

・転生先の場所を決め、現生涯が終わるときにその場所や近くにいるようにする。
・肉体が死んだ後に別の世界に入っているなら、この世界に戻ろうとはしない。

肉体が死んだ後、まだこの世界にいる人はケースレベルが高く、記憶を維持でき
る。
adbd9da4 anonymous 2022-10-26 00:33
〈クリアー(代替ルートを含む)を生産する(生み出す)ために必要なケースレベルとトレーニングレベル〉

●ケースレベルはOTⅡ以上(CCRDを扱うため)

●トレーニングレベルはクラスⅦ(パワー/パワープラスオーディター)以上で、全てのC/Sトレーニングの修了者

※クラスⅦのC/Sであれば、代替クリアールートやソロOTコースを含むアカデミーのコース監督者、R6EWやクリアリングコースのC/S、インターン(実習)の技術監督(指導教官)を兼ねることができるし、CCRDやサンシャイン・ランダウンを提供できる。また、必要に応じて、エシックスオフィサー、PTS/SPハンドリング、インタビューアー、クラミングオフィサー、エグザミナー、レビュアー(修正オーディター)のハットをパートタイムで兼任することができる。

以下条件の詳細

・クラスV(NEDオーディター)

・クラスVA(展開されたダイアネティックスのオーディター)

・クラスⅥ(セントヒル・スペシャル・ブリーフィングコースの学習と技術スペシャリストのトレーニング)

・クラスⅦ(パワー/パワープラスのオーディター)

※RTC配下のサイエントロジー教会では、クラスⅤオーグは、代替クリアールートはソロオーディターコースパートⅠまでしか提供できないし、シーオーグメンバー(セントヒルオーグ/上級オーグ/フラッグオーグのスタッフオーディター)しかクラスⅦのオーディターとC/Sにはなれない。これは、ケース上の問題ではなく、マテリアルの機密化と同様に、教会の管理運営上の問題(知的独占と企業秘密のため)である。

ブリッジと技術要員の育成には、次の三段階がある。

①自らオーディター及びC/Sとして、クリアー/PreOT/OTを作ることができる。

②自分以外の、クリアー/PreOT/OTを作ることのできるオーディターとC/Sを育成することができる。

③クリアー/PreOT/OTを作ることのできるオーディターとC/Sを育成することができる、コース監督者(単語クリアラー含む)と技術監督(指導教官)を育成することができる。

※そして、そのための環境(オーグとスタッフとパブリック)とマテリアルとツールが存在すること。
6afa223b Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-26 09:00
>>adbd9da4

最小の橋ではこう考える。

サンシャイン: これはお散歩。なくてもいい。

パワー → R6EW → CC: R3[^R]から生まれた縮小版。だから、R3[^R]を実行すれ
ば、もっと時間はかかるが、同じ状態を達成できる。

CCRD: R3RやR3RAを経由したクリアーに必要なもの。R3[^R]を経由したクリアー
には不要。

R3R、R3RA: ソロではほぼ使えない。R3[^R]で代替することになる。

R3[^R]: 無人島版R3の縮小版。無人島版R3では非常に長い時間がかかるが、L&N
を用いず、ケースをゆっくり削るので安全性は高い。

無人島版R3と十分な時間があれば、他はなくてもいいことになるが、問題となる
のは時間だ。無人島版R3でクリアーになるには1つの生涯では足りないかもしれ
ない。だから、転生時に記憶を維持する技能が必要になる。これは次の最小の橋
に含めておくつもりだ。
9ee23b5b Old Timer 2022-10-26 10:15
隠された基準ができないようにするためにも、菜園人は処世術にもっと真摯に取り組むべきだ。

§トーンスケール

魂は長期と短期のトーンを持ち、短期のトーンは柔軟に変動するのが正常だ。葬式で陽気なトーンを纏っていてはいけない。

集団の中では、集団平均より少し上のトーンを示すものが主導権を握る。怒っている人が多いなら退屈している人が主導権を握る。
e525f075 Old Timer 2022-10-26 10:41


長期のトーンはもちろん高い方がいい。これを引き上げるのはもっぱら聴聞と肉体の管理の領分になる。

§聴聞

教会や自由領域で始めるのが一般的だ。

自分の収入以上のお金をかければ、聴聞を続けていくことはできない。日本の1人あたりのGDPを考慮すれば、多くの人にとって教会は現実的な選択肢ではなかろう。
d96d1de3 Old Timer 2022-10-26 10:54


自由領域の組織や個人には、標準志向のもの、進歩志向のもの、そして最小志向のものがある。

標準志向: 新クラス VIII~XII の人材が中心となっていて、教会の新しい橋と同様のものを提供する。

進歩志向: 旧クラスVIの人材が中心となっているが、近年に開発された新しいプロセスを数多く用いる。

最小志向: 無人島版菜園に起源を持ち、実行回数に長期的な制限がないプロセスを多用する。新しく開発されたプロセスで今も使われているのはおそらくUCPのみで、他は幅度の講演で出てきたものだ。
682aa9f2 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-26 12:36
>>9ee23b5b
>>e525f075
>>d96d1de3

俺が書いた。
b7cf06cb Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-26 12:42
§肉体の管理

食事についてはは日々学び続けるしかない。幅度の栄養学はもう時代遅れだ。ハンバーガーを食べ続けても健康にはなれない。サプリは化学合成されたものではなく生物を由来としたものにすべきだ。

運動はほどほどに。スマホの健康管理アプリが役立つことだろう。

TR0を4時間もやるのは健康を害する。幅度も肺血管の血栓で苦しんだ。
d787428d Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-26 13:24
§TR

TRは聴聞士が聴聞セッションを制御するための技能を培うための訓練法だ。だから、TRとして良好な話し方が人生の全ての局面において最適だとは限らない。TR1は不完全なほうが人を惹きつけることがある。菜園で "謎のサンドイッチ" と呼ばれる効果は、完全なTR1からは生じにくい。TR3もやりすぎれば嫌われる。

人生ではこういうTRがあるといい。

TR0+: 注意力を過去、現在、未来に分散する。器用さが求められる多くの分野で本来の能力を発揮する助けになる。幼少期にたいていの人はTR0+が上手にできている。

TR1½ ... 不完全なTR1。女性にとっては恋愛で必須の技能だろう。男性にとっても役に立つ。聴き取りにくければ、相手に近寄ることもあるだろう。

TR3½ ... 質問をするが、回答を得る前にその場を去る。余韻を残す効果がある。

TR4½ ... 起請(オリジネーション)に質問を返し、回答を受け取らずにその場を去る。

TR4R ... 質問に回答せず、何かを起請し、話題を変更する。

政治家はTR.½が上手い。

自由領域はオランダの国政に議員を輩出することに成功した。
ab28c1a0 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-26 13:59
§倫理状態

理論上実際にあるのは混乱、無存在、危険、喫緊、平常、豊穣、恒常である。謀反や敵対は教会組織運営のためのもので、例えば、ある組織に対する敵対は別の組織における平常であったりするだろう。

§組織化図

英語の "org board" は "organizing board" を略したものだ。 ここでは "組織化図" と訳すことにする。組織化図は個人の人生を管理する道具でもある。

組織化図には第1部から第7部まで7つの部門があり、それぞれの部門は3つの課に分かれているが、多くの人にとっては部門まで使いこなせれば十分だろう。

第7部 ... 第1部から第6部の管理。
第1部 ... 人員の管理。
第2部 ... 収入手段の管理。
第3部 ... 収入、支出、資産の管理。
第4部 ... 技能と労働の提供。
第5部 ... 技能と労働の質の管理。
第6部 ... 広報活動の管理。

個人が組織化図を使う場合、第7部は意識する必要がない。第1部から第6部を管理するのが第7部の活動だからだ。

第1部から第6部までの倫理状態に注意し、必要に応じて改善していけばいい。

組織図を "痩せた" 状態に保つには、第4部に他の部の3倍の注力が必要だ。

現在の日本で、多くの人の第2部は無存在や危険の状態にある。会社の従業員なら、組合活動が第2部に入る。第5部が充実している職業は軍人や航空機の操縦士くらいだろうか。
3763f350 anonymous 2022-10-27 00:34
オールドタイマーさんの投稿を踏まえて、それに関連した主題を綴ります。

〈サイエントロジー教会の組織運営におけるアービトラリーとロボティズム〉

『HCOPL』と『HCOB』は同等の重要性の比重を置いてはならない。LRHの『HCOPL』には多くのアービトラリーが見付かる。『HCOB』にも年代によって矛盾した記述はあるが、一貫して基本原則は維持されている。少なくとも、『HCOB』に反する『HCOPL』は破棄されるべきだ。もちろん、『HCOPL』も各論においては、オブノーシス(精確な観察)と精密科学に基づく正当かつ重要なデータも存在するが、総論においては組織のロボティズム(↔ヒューマニズム)を促進する。ロボティズムとは、個人の判断能力を無効化するアービトラリーなデータの適用とその教条主義的な弊害(思考停止のファシズム)である。教会は、スタンダードアドミンが無ければ、スタンダードテックが機能しないと言うだろうが、そのスタンダードアドミンなるものの多くがLRHのアービトラリーに基づいている。加えて、LRH以外の人間(主にRTC)がLRHの名で改竄及び捏造した『HCOPL』もあるが、これは論外なのでここでは触れない。LRHの『HCOPL』の多くは、その時代と環境に応じて状況即応的に書かれたもので、オブノーシス(精確な観察)及び精密科学に基づく永遠の指針ではない。『HCOPL』は、その当時の文脈と切り離して用いると、組織にロボティズムが生まれる。また、『HCOPL』は関連する『HCOB』を併読しながら適用しなければならない。『HCOPL』の教条的かつ機械的な適用が、教会のロボティズムにパワーを与えている。

また、サイエントロジーのエシックス(生存のダイナミックスにおける功利主義的な最適解)の基本概念(理性≒論理≒生存≒繁栄)から逸脱した『HCOPL』におけるLRHのジャスティスに関わる法概念は、近代立憲主義に基づく法学を踏まえていない。

サイエントロジー教会における『HCOPL』適用のロボティズムの弊害として、①PTS/SPハンドリング②偽りのデータ/誤解語への執心、③O/W(オバート/ウィズホールド)への執心④コンディションの公式に基づくロウアーコンディションの指定、が挙げられる。要約すれば、①病気やケガは何でもPTS、②意識がPT(現時点)にいなければ何でも誤解語(あくびや居眠り含む)で、教義に同意できなければ何でも誤解語と偽りのデータ、③方針に従えなければ(規律のアウトがあれば)、何でもO/Wの書き上げ、④O/Wを書けば、何でもエシックスオフィサーによるロウアーコンディションの指定、である。

①「重かろうと軽かろうと、全ての病気、及び全ての不注意による愚かな間違い(※ケガも含まれる)は、唯一PTSから生じる」

このLRHによる方針(準技術データのアドミン)を絶対的な真理と看做すアドミンスタッフによって、教会の組織運営がどれだけの弊害(ロボティズム)を生んできたかわからない。アドミンスタッフは『HCOB』を読まない(勉強しない)。『HCOB』を読めば、明らかに、LRHは病気やケガの原因が全てPTS/SPであるとは言ってはいない。

PTS/SPは、全タイムトラックの尺度で理解しなければならない。つまり、全タイムトラックの尺度で元の原因をたどればSP/PTSとして全て“説明”できるということである。しかし、それではスケール(時間の尺度)が大きすぎて、現実の適用(病気やケガへの対処)はできない。『HCOPL』ではなく『HCOB』の中にその答えがある。1973年7月11日付の「アシストの要約」という文献である。ここには、ケガや病気の素因が、精神的素因(8項目)、純粋に身体的な素因(15項目)、身体と精神両方にまたがる素因(5項目)がリストアップされている。その他に、心因性の病気やケガの直接的原因として、ポスチュレート、PTS、ARCブレーク、オーディティングの失敗など10の原因がリストアップされている。ブックワン(DMSM)を読めば分かるように、病気は、素因(肉体を病気にかかりやすくする要因)、促進因子、慢性因子が存在する。ゆえに、全ての病気やケガをPTS/SPで説明することは、哲学的理解にはなっても技術的な適用(アプリケーション)には役には立たない。現実(技術)的な適用には、主題のブレークダウンあるいは掘り下げが必要なのである。

②偽りのデータ/誤解語とO/W(オバート/ウィズホールド)への執心は、セキュリティチェックと同様、組織防衛上のアドミンに過ぎない。偽りのデータと誤解語が無くても、サイエントロジー(教会)の教義がアービトラリーで、技術的な結果(ゲイン/ウィン)が伴わなければパブリックはブローするだろう。もっとも、これは、レジストラー(登録契約係)のセールストークとPC/PreOTの「隠された基準」とも無関係ではない。また、金銭的な問題でも同様である。

③反社会的性格者=SP(抑圧者)=反サイエントロジスト=教会批判者という図式も誤りである。教会批判者や敵対者がSPとは限らないし、サイエントロジー=サイエントロジー教会ではない。

そもそも、反社会的性格者(SP)と社会的性格者を同等の対立概念として対比させるという基本データに誤りがある。SPの対立概念はPTSである。ゆえに、SP(反社会的性格者)の特徴を列挙したなら、同等の重要性を持つデータとして、PTSの特徴を列挙しなければならない。社会的性格者(汎決定のエシカルなビーイング)は、この惑星上の生肉のホモ・サピエンスには期待できない。肉体を所有するセイタンであるホモ・サピエンスは例外なく、セイタンのライフサイクル(螺旋状循環)において、オバート(加害)サイクルとモティベーター(犠牲)サイクルのどちらかにいる。オバートサイクルの途上にいるビーイング(セイタン)は潜在的SPであり、モティベーターサイクルの途上にいるビーイング(セイタン)は潜在的PTSである。この二種類のライフサイクル(螺旋状循環)を脱することができるのは、トーンスケール上で20.0以上のビーイング(セイタン)である。ちなみに、クリアーのトーンレベルの目安が4.0であり、ノーマルのホモ・サピエンス(成人)の目安が1.5〜2.5である。

④コンディションの公式

この公式そのものが、抽象的で実用(適用)には耐えられない。この限りなくアービトラリーなコンディションの公式を根拠に、ロウアーコンディションの指定が恣意的に濫用され、懲罰的エシックス(ジャスティス)の正当化が行われていることも、教会スタッフにとっては周知の事実である。

Amazon社(Amazon.com)は1995年の創業以来、投資(実物投資)に次ぐ投資で赤字経営だった。創業初期は7期連続で赤字。その後2,000年代前半も、赤字もしくは利益が出たとしてもごく僅かという時期が続いた。その後、2,010〜2,015年の5年間でAmazon社は売上を3倍以上に増やして急成長を遂げた。

サイエントロジー教会は(ダイアネティックス協会時代も含む)50年代から60年代初頭まで、データを見直し技術を改善し続けることで、発見と技術的ブレークスルーの好循環を維持するという方針(アプローチ)を採用したことで繁栄した。

加えて、LRHの組織化図も欠陥を抱えている。まず、LRHの組織化図は研究開発部門を欠いている。研究開発(調査研究)の監修はLRHの最重要のハットであったにも関わらずである。また、組織化図上の部門/ポスト/ハットは、オーグの規模に応じて機能と解像度を変えなくてはならない。例えば、本部機能である研究開発部門やマーケティング部門は末端のオーグには必要ない。また、小規模のオーグはスタッフ(職員)が少ないポストで多くのハットを掛け持ちすることになる。
9d15a2ee anonymous 2022-10-27 01:10
皮肉なことにLRH時代(シーオーグ設立以降)も含めて、サイエントロジー教会の組織運営はLRHが述べたSP及び逸脱した精神医学の思考に基づいている。それは、LRH自身が批判した「人間は(※懲罰によって)個人的に脅かされていなければ常に邪悪でいるだろう」という特定の心理学及び精神医学の見解である。つまり、重いジャスティスの適用である。この重いジャスティスの適用に根拠を与えているのが、「コンディションの公式」というアービトラリーである。LRH由来のアービトラリーなアドミンの罪は重い。
c154252c anonymous 2022-10-27 01:26
>>9d15a2ee

私はサイエントロジーに関して、技術に関しては保守的(保守派)であり、アドミンに関しては革新的(革新派)です。ただし、RTC(ミスキャベッジ)もLRHのテックやアドミンの“改竄”という意味では革新派ですから、何を以って革新と呼ぶかという定義の問題が発生します。私は、RTC(ミスキャベッジ)とは異なり、LRHのオリジナル(改竄無し)のテックとアドミンを参照データ及びアーカイブとして保持した上で、アドミンに関してはその大部分を無効化し、現代の基準に照らして修正すべきという立場です。
a2eaf44e anonymous 2022-10-27 02:47
>>3763f350

補足です。

「オバートサイクルの途上にいるビーイング(セイタン)は潜在的SPであり、モティベーターサイクルの途上にいるビーイング(セイタン)は潜在的PTSである。」

潜在的SPとは、ドラマ化していないオバートサイクルのビーイング(セイタン)であり、潜在的PTSとは、キーインしていないモティベーターサイクルのビーイング(セイタン)である。オバートタイプも抑圧されて無活動状態→病気/無気力に陥ることがあり、モティベータータイプも抑圧されて病気/無気力になることがある。オバート(及びDED)とモティベーター(及びDED−EX)という二つの主要な目的(ゴール)及び行動パターンに加えて、それぞれの主要な目的に沿った副次的な目的(ゴール)や行動が存在する。インプラントGPMその他の影響により、それぞれのセイタンのライフサイクル(螺旋状循環)の中で、肉体の生涯の単位(短いスパン)において交互にオバートタイプになったりモティベータータイプになったりする周期型(結合型)も存在する。この惑星においては、“たまたま”オバートサイクルの途上のホモ・サピエンスの人口比が約20%であり、モティベーターサイクルのホモ・サピエンスの人口比が約80%である。ゆえに、この惑星の約80%のモティベータータイプ(潜在的PTS)を社会的性格者(汎決定に基づいて行動するエシカルなビーイング/トーン20.0以上が目安)と定義してしまうのは、明らかに誤り(印象操作)である。オバートタイプは破壊的であるが、モティベータータイプが総じて“建設的”で“社会的”であるわけではない。モティベータータイプで、無力で破壊すらできないため、消極的に悪を犯さない無気力なホモ・サピエンスは無数に存在する。
77b93441 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-10-27 07:07
グレードチャートの左右中央に"Awareness Characteristics"と呼ばれる細い列があって、グレード0の高さに"1 Recognition"があり、上に向かって"21 Source"まで番号が振ってある。組織化図の7つの部は本来それぞれ3つの課でできていて、21の課がある。

そう、組織化図とは"Awareness Characteristics"を基にしている。

Div 1:
Department of Personnel <- 1 Recognition
Department of Communication <- 2 Communication
Department of Ethics <- 3 Perception
//
Div 2:
Department of Publication <- 4 Orientation
Department of Dissemination <- 5 Understandings
Department of Registration <- 6 Enlightenment
//
Div3:
Department of Income <- 7 Energy
Department of Disbursement <- 8 Adjustment
Department of Assets <- 9 Body
//
Div 4:
Department of Services <- 10 Prediction
Department of Training <- 11 Activity
Department of Production <- 12 Production
//
Div 5:
Department of Examination <- 13 Result
Department of Correction <- 14 Correction
Department of Certification <- 15 Ability
Div 6:
Department of Public Relation <- 16 Purposes
Department of Clearing <- 17 Clearing
Department of Success <- 18 Realization
//
Div 7:
Department of Executive Director <- 19 Conditions
Department of Special Affairs <- 20 Existence
Department of Source <- 21 Source

>>3763f350

④ ... コンディションの公式の妥当性は大いに疑問の余地があるが、コンディションそのものは存在する。組織化図で研究開発の本来の位置はDiv 5のDepartment of Correctionにある。菜園教会の各組織の上級CSはここに配置され、彼らの技術上の最上位職は上級CS Intであり、幅度と協力して研究開発も担当した。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/353/0.2MB)

Powered by shinGETsu.