Freezone

e20752d9 anonymous 2022-11-02 23:08
「量子もつれ」における重大な性質を新発見
ttps://www.riken.jp/pr/closeup/2022/20220802_1/index.html

以前から転生時の記憶の持ち越しについて考察してきたのですが、量子もつれと関係が深そうな気がしています。
最近の研究で、2つではなく3つの量子もつれ(トポロジカル構造)を設けることで量子もつれが安定的に存在出来ることが発見されたとあります。
とあるゴールに基づいて形成された量子スピンの集合体が生命体Aの保持する記憶情報として、逆向きのもつれた量子スピン集合体を持たされた生命体BやB'がオプターム。
トポロジカル構造を作って記憶を安定させるには、ターミナル、オプターム以外に、記憶情報をさらにmest宇宙に転記させるような行為が必要なのではないかと考えました。
具体的には、自分の経験を記録した日記をつける、vlogを残す、他人に見られるような生活をする(人の記憶に残る)などです。
ときどき幼児が前世の記憶をさっき起きたことみたいに語り出し、その後何年かすると前世の記憶を思い出すことがなくなるのは、生前に一緒に生活していた肉親が亡くなり、記憶を形成していた量子のトポロジカル構造が崩れたからだとは考えられないでしょうか?
65da945e anonymous 2022-11-02 23:09
死後に光を見た、その後記憶を消去されて転生した、というのは光子だけがトポロジカル構造を取らなくても安定した量子もつれを維持するためとか考えると辻褄が合いませんか?
d178ede9 anonymous 2022-11-02 23:49
LRHのサイエントロジーの歴史

①1930年代〜1950年代半ば

調査と発見→セイタンの潜在能力の究明の時代

②1950年代半ば〜1960年代半ば

技術的ブレークスルー(突破口)⇆新たなデータの発見の相互循環の時代

③1960年代半ば〜1980年代初頭

アドミンとテックの規範化と体系化の時代

LRHのサイエントロジーの失敗は、発展途上の③の段階で、性急な規範化と体系化を試みたことである。研究調査のデータを広く公開した上で、LRHの研究調査のゴールとターゲットに関するハット(500年程度のプラン)を次世代の有能な何人かの後進に託すべきだった。
6543eb28 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 00:12
>>a400f319

幸いにして、記憶の封印を免れるのは難しくない。 肉体の死後に "あの世" にいなければそのまま転生すればいいし、 "あの世" にいれば、 "この世" に戻ろうとしなければいい。 "この世" に戻るように促す聖者映像は無視するだけでいい。

>>65da945e

見えた光の正体が何なのかわからないので、何とも言えない。 心象映像ならば、物理宇宙と同じ法則には従わないかもしれない。
0ebde1f9 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 00:19
"あの世" を聴聞で消去することもできると思うが、その前に、肉体から自由に離れ、別の肉体を自由に乗っ取る力を再獲得するほうがいいと思う。

しかし、肉体から自由になるのは難しい。 例えば、登場人物が誰も肉体を持たない物語を面白いものにするのは難しいだろう。
cb7cb26a anonymous 2022-11-03 02:26
>>7118a1a7

私は、無条件にLRHを擁護したいわけではないですし、するつもりもないのですが…

LRHのオリジナルのOTVIIIが最初に書かれたのは1969年です。1983年頃に、LRHはOTⅧのブリーフィングの最後の部分を書き加えました。1989年のフリーウィンズでのリリースに向けてOT VIIIをコンパイル(編集)したRTCのテックターミナルは、LRHオリジナルのOTVIIIの資料を完全に無視し、LRHの手書きのメモを援用しながら、最終部分のみをあたかも全体のブリーフィングであるかのように編集してリリースしました。このスクウィレルは、SPであるミスキャベッジのオバートと、当時のRTCのテックターミナル(シーオーグメンバー)によるSP・ミスキャベッジに対するPTSと無知の直接的な結果です。

教会の誇大喧伝とは裏腹に、OTⅧの結果は完全な大惨事となりました。スクウィレルテックによるバンクの再刺激の結果、1989年版のOTⅧをプロセスした300人のうち40人(大半がOldOTレベルのOTⅣ〜Ⅶを修了していない新しいパブリック)が3ヶ月以内に突然死し、又は重病に侵され、あるいは突然の事故や犯罪に巻き込まれました。その他は、実際のセッション記録によると、ほとんどゲインを得なかったか、現実の生活に支障をきたしていました。この事実=不祥事は、厳重に隠蔽されました(事の顛末を知る当時のクラスⅫ談)。OTVIIIはもともと、全員がOldのOTVIIを修了しているという前提で開発されたものです。この悲惨な結果は、オリジナルのOTⅧマテリアルのブリーフィングの主要部分のデータが欠落しているという事実に加えて、LRH以降の新しいパブリックはオリジナルのOTレベル(OldのOTⅣ〜OTⅧ)を修了していないということが原因と考えられます。この1989年版のOTⅧの失敗を受けて全く別のOTⅧがコンパイル(編集)され、1989年版と差し替えられました。これが、教会の現行のOTⅧです。

※なお、OldのOTレベル(Ⅳ〜Ⅶ)はロンズオーグのブリッジでも昇れます。ただし、ロンズオーグではスクウィレルのエクスカリバーがOldOTレベルの前に入り込むので、古参のクラスⅩ〜Ⅻから、NOTs及びソロNOTsのプロセシングとC/Sを受けた上で、OldOTレベルに昇るのが安全でしょう。

要するに、1989年版のOTⅧも1991年版(以降)のOTⅧも、LRHのオリジナルバージョンではなく、RTCのコンパイル版だということです。
92938a97 anonymous 2022-11-03 04:27
>>7118a1a7

LRHのOTⅧの要約にある地球の侵略計画は、銀河連合ではなくマーケーイブではなかったでしょうか?もっとも、このLRHの文章(マーケーイブの脅威と残された時間との戦いの件[くだり])に関しては、マーケーイブに限らず、ホモ・サピエンスはエレクトリック・エンティティ(吹き込まれたエンティティ:チャクラ)を通して、この宇宙の内外からテレパシー干渉により心身をマインドコントロールされているわけで、何を今更感が強いですが。

LRHは、「この惑星の歴史上で、インプラントに影響されてない宗教はオリジナルの仏教のみであった。」と書いています。これは正しいです。現代に伝わる経典(原始経典と見做されているパーリ経典[ニカーヤ]や大乗仏教経典)には、オリジナルのゴータマ・シッダールタの教えは残されていません。

LRHは、当然、キリスト教の真の歴史もイエスの実像も知っていたでしょう。
4cea56ea anonymous 2022-11-03 04:35
>>92938a97

新約聖書に登場するイエスなる人物の実像とはいかなるものだったのだろうか?当時のユダヤ世界では、メシアのように崇められていた人物はイエスのモデルとなった人物に限らず何人も存在した。新約聖書のモデルとなった実在のイエスを客観的に記述するなら、「バプテスマのヨハネから教祖の座を不当に簒奪した偽教祖であり、魔術(祈祷)師であり、ユダヤ教のクムラン教団過激派(ゼデク派教団)のテロリストであり、ユダヤ人が待望していた救世主(急進派のラビ)の一人」である。

クムラン教団はユダヤ教の過激派で、その中でもゼデク派は神秘的軍事主義(※誇大妄想的な軍事的神秘主義はナチス・ドイツやオウム真理教と全く同様)を掲げる軍事テロ集団だった。ゼデク派の掲げるメシア像は、宗教指導者というより、政治指導者である。彼らの誇大妄想は、政治的な目的だけでなく、彼らの考えるところの天界における形而上学的(霊的)な目的も同時に達成しようとしていた。ゼデク派教団の実質的支配者はイエスの兄であるヤコブであり、イエスは教団において救世主として祭り上げられた。後に、パウロ(サウロ)はヤコブから教団の支配権を簒奪し、原始キリスト教団(後のローマ・カトリック教団)の実質的創設者となった。パウロを通して、憎しみに満ちた執念深いゼデク派教団のメシア像は、やがて新約聖書の重順で穏やかな愛のメッセンジャーとしてのイエス像に転化していくことになる。

新約聖書の源流となった、偽の神と偽の救世主を崇めるゼデク派の父権主義的ナルシシズムに基づく狂信性を、古代ヨーロッパの知の楽園を築いた当時のグノシーストは徹底的に批判していた。

新約聖書においては、イエスは超人的な能力を持ったエッセネ派のヒッピーのように描かれているが、実在の人物は、聖人とは似ても似つかない人物である。新約聖書の四つの福音書は、ヘレニズム的ロマンスと呼ばれる古代文学ジャンルに属する作品である。この手のロマンス文学の特徴としては、奇跡や超自然的現象が当たり前な世界観やストックキャラクターが多数出演する“カメオ出演”も多く、民間伝承や宗教から引き合いに出された格言で満ちているということである。要するに、土着の神話や民話などの先行する作品から寄せ集めた要素を、史実や現実的要素と混ぜ合わせて作り出された作品群である。このような中編小説は初期キリスト教が栄えた時代には数多く出回っていた。しかし、今日では新約聖書を除いて、そのほとんどが現存しない。なぜなら、肉体知的ジェノサイドとヘレニズムロマンス作品どうしの生存競争による淘汰により歴史から消え去ったからである。新約聖書は、ヘレニズムロマンス的な荒唐無稽なおとぎ話とゼデク派教団の神学が融合して誕生したものであると言える。

イエスの実像は、近現代史で喩えるなら、さしずめ、パレスチナ指導者のヤーセル・アラファートが祈祷(魔術)師となったイメージであろう。しかし、それにしても、イエスの数ある逸脱のうちで、同性愛(小児性愛)という第二のダイナミックにのみ執心する、抜け目ないLRHの性格にも笑ってしまう(※LRHが直近の前世で同性愛者であったということは教会の機密情報だろうか?)。
60fd10e0 anonymous 2022-11-03 05:09
ふと思ったのだが、freezone界隈でよく話題に登るCSTの特別取締役(定員4人)の3人の非サイエントロジストだが、彼らはもう既に肉体を去っているのでは?国際総代表以下の教会のトップマネジメント層が長らく空位であるように、CSTもRTCの傘下となり、ミスキャベッジの一強体制に今はなっているのではないか?
2987d43a Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 07:30
>>92938a97

1969年の旧OT VIIIは準OTのための大姉だった。NOTsとは違って、準OT自身の出来事を扱うものだ。しかし、大まかな概要と5つの質問例が示されているだけだ。旧OT VIIIを一つのレベルとして実践したいならば、具体的に構築する必要がある。

しかし、旧OT VIII効果はあらゆる聴聞の中で起こりえる。ARC SWからグレードIVまでのどの段階でもクリアーになる人がいるのは、旧OT VIII文書を読むと理解できるだろう。

5つの質問のうち2つは日常生活の中で、菜園と無関係な人も口にするものだ。旧OT VIII文書が正しいならば、日常の生活の中で、菜園と無関係にクリアーになる人がいるはずだ。

UCPは旧OT VIIIのCをより一般化したものだ。最小の橋の最上位モデルセッションも旧OT VIIIのCを内包する。
38a7c537 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 07:44
>>60fd10e0

それはおそらくないだろう。

CSTは幅度の著作物の真の所有者で、RTCから幅度の全著作物をまとめて100ドルで買い戻す権利を持っている。株式会社の黄金株のような権利だ。CSTの判断次第では、現在の教会がある日突然切り捨てられ、例えば自由領域の論'sが新しく菜園の教会として認定されることすらありえる。

御簾下別児はCSTのディレクターになったことがない。
76262d23 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 09:12
CSTは菜園を菜園教会の暴走から守るために存在している。だから、特別ディレクターは全員がウォグ弁護士だ。ウォグの常識で菜園を包んでおくことで、菜園はウォグ社会から解体されることを免れる。CSTの主席ディレクターは菜園人だが、特別ディレクターたちから選任されなければならない。御簾下別児が選ばれる可能性はなかろう。彼はウォグ社会と敵対しすぎている。

CSTは晩年の幅度の英知だ。有史以降、この発想を持った宗教団体はないだろう。
56ffaeb1 anonymous 2022-11-03 14:58
>>92938a97

〈八正道の非論理性からパーリ経典群の捏造を暴く〉

パーリ経典では、「八正道」はゴータマ・シッダールタの直説(じきせつ)とされ、パーリ経典(原始経典)の修行体系である七科三十七菩提分の一部を構成している。八正道の最初の項目である「正見」は、「悟りの智慧」と同義である。つまり、「正見」は、悟りの結果であり、悟りの原因ではない。「正見」は悟りを開いた覚者(解脱者)にしかでき得ない。「正見」に続く、「正思」も「正語」も、「正見」がもたらす結果である。最初から「正見」ができるなら、なにもわざわざ修行などする必要はないのである。しからば、パーリ経典(ニカーヤ)においては、何故に凡夫の修行体系の最初に、この実行不可能な「正見」などという項目を置いているのであろうか?それは、後世の凡夫が思弁というマインドのお遊びで書いたものに他ならないからである。

八正道の「正見」は、「戒・定・慧(かいじょうえ)」の三学で分類すれば、「慧」に相当する。戒(生活を整えること:エシックス)と定(ヨーガ[ラージャヨーガ])は、慧(悟り)の原因であり、慧すなわち正見はその結果である。戒も定もすっ飛ばして、悟りの結果である慧すなわち正見を、修行体系の一番最初に置くのは、いったい、いかなる合理性があるのであろうか?このように、「八正道は、入り口から閉ざされた欠陥法」なのである。このような非論理的な修行法を、覚者(解脱者)たるゴータマ・シッダールタが説くなどということはあり得ないのである。

※パーリ経典は、アショーカ王時代にインテリ達を集めて編集された偽りのゴータマ・シッダールタ伝である。パーリ経典においては、比丘(男性出家者)への250戒、比丘尼(女王出家者)への348戒もの戒律が説かれているが、男女差別も含めて捏造である。アートマン(※セイタン)の自由と解脱を説いたゴータマ・シッダールタの教えが、煩瑣な戒律で修行者を縛るなどあり得るべくもない。
1ecc4975 anonymous 2022-11-03 17:24
>>76262d23

教会サイエントロジストのパブリックはオーグスタッフに管理され、オーグスタッフはシーオーグメンバーに管理され、そのシーオーグメンバーの頂点であるRTC役員会会長(ミスキャベッジ)すらも、結局、ウォグ(非サイエントロジスト)に管理される。LRHらしい皮肉が効いていて面白いですね。
7b27d314 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 19:39
>>1ecc4975

うむ、円環の理の感がある。
ac9ad986 anonymous 2022-11-03 23:05
山下が教団のトップにされたら、後の世に神格化されたようなものか…
bd3886b3 Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-03 23:47
菜園にはまだ新しいプロセスを開発する余地がある。

出来事を個別に処理する代わりに、GPMを処理すれば、大量の出来事を一度に処理できる。GPM処理は出来事処理に対していわばプロセス次元が一つ高い。

このGPM処理に対して、さらに次元が一つ高いプロセスも考えられる。理論上は、すべてのターミナルとオプタームが持ちえるゴールを処理すれば、ゴールも、ターミナルとオプタームも列挙する必要がない。そういうゴールをマスターゴールと呼ぶことにしよう。マスターゴールは"ゴール"をEWとするものだ。例えば、

to create a goal = ゴールをつくる
2922704f anonymous 2022-11-04 05:48
>>38a7c537

サイエントロジー教会において最も重要な資産は、源ライブラリー(LRHの記録保管庫)です。それ以外の教会のMESTには大した価値はありません。源ライブラリーさえ奪還できれば、『エジソンノート』のように年代順に収録した上で解析プロジェクトを開始することができるでしょう。次世代のサイエントロジーの技術の研究開発も、ここから出発することになります。さしあたっては、古参のクラスⅫ(以上)が存命のうちに、LRHのオリジナルバージョンのフルブリッジのマテリアルデータをコンパイルすることが先決であると考えています。
614d1c88 anonymous 2022-11-04 06:21
>>56ffaeb1

ゴータマ・シッダールタは、我(アートマン)と非我(アートマンならざるもの:マインド・肉体・物体)を識別することは説いたが、無我(アートマンの非実在性)は説いていない。それどころか、アートマン(≒セイタン)こそ唯一の実在であるということこそが、ゴータマ・シッダールタの教えの基本である。アートマン(我)とアートマンならざるもの(非我)の識別が、最も重要な識別(分別[ふんべつ])である。パーリ経典(ニカーヤ)の無我論は、最悪の(破壊的)アービトラリーの導入に他ならない。マインドを消去し、解脱/悟りを成就した覚者に残る唯一のものこそ、純粋なアートマン(≒OT)である。パーリ経典(ニカーヤ)においては、五蘊仮和合(ごうんけわごう)なるものが説かれ、そこには、肉体[色]とマインドの構成要素[受・想・行・識]が和合して自我意識という幻想(≒マーヤー)を生み出しており、解脱/悟りによってこの自我意識が瓦解し涅槃に入ると説かれている。だが、そもそも、脳機能を含む肉体やマインドは、人間の意識や知性の源ではない。それらは、メカニックス(要するに物質)である。ゆえに、五蘊(ごうん)はアートマンたり得ない。パーリ経典では、五蘊(ごうん)の幻想以外に不滅のアートマンなるものは存在しないと説くが、全くの誤りである。ダイナミックである肉体もマインドも無常(≒マーヤー)の存在だが、スタティックのアートマンのみが唯一の実在であり不滅の存在なのである。ゆえに、涅槃(≒スタティック)に至っても、アートマン(≒セイタン)は消滅したりはしない。
77e14e7e Old Timer i1b5ibip3kS 2022-11-04 07:55
バラモン教において、我(アートマン)は常(永続性)、一(独立性)、主(色に対する所有能力)、宰(色に対する支配能力)を具有すると考えられたが、シッダールタはこれらを否定している。例えば、宰を次のように否定した。

曰く、"比丘たちよ、色(Rūpa)は無我である。もし色が我であるならば、色は病気にかかることはなく、また我々は色に対して「私の色はこのようになれ、このようになってははならない 」と命じることができるはずである。"
"しかし比丘たちよ、色は我ではないため、色は病気にかかり、また我々は色に対して「私の色はこのようになれ、このようになってははならない 」と命じることはできない。…"

常や一について、シッダールタははっきりとは肯定も否定もしなかった。これを中道という。その後の仏教諸派では議論が続いた。

菜園では一も否定している。だからこそ、肉体にそれを操る主な魂以外の魂の断片が入り込んでいるという考えがあり、それを取り除くNOTsが考案された。魂は分裂し、融合する。

菜園より低いレベルの実践でも、魂の分裂はどうしても必要な想定になる。聴聞で地球の人として生きた前世が全く見つからないPCはいない。それにもかかわらず、地球の人口は増えつづけている。例えば、200年前の人口は約10億人だ。だから、平均すれば、200年前の1人は現在の8人くらいに増えている。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/353/0.2MB)

Powered by shinGETsu.