Freezone

2bca63db anonymous 2024-03-15 17:38
>>8a510965
イスラエルの組織…ユダヤ人ならやってくれるかもみたいな妙な期待感はちょっとありますね。
8d37d1da Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-16 09:14
幅度は新OT III⁠を開発しているときに3ヵ所の骨折を含む重傷を負い、しばらくは薬物摂取が欠かせなくなり、薬物依存から抜け出すのに時間がかかった。 新OT IVが薬物関連のチャージを扱うのはそんな経緯があってのことだ。

新OT IIIの文書をケースレベルが十分ではない人が読むと死ぬと幅度は語っていたのだが、文書が流出し、それに基づく動画が流布しても、誰もそれが原因で死ぬことはなかった。 新OT IIIが幅度およびごく限られた人々に限定されるケース要素であったことに疑いの余地はない。

R6EWから新OT IIIはつながっていて、教会でR6EWからCCでクリアーになった人は、新OT IIIを終了するまでは干渉不可領域にあるとされている。
8a060380 Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-16 09:16
>>2bca63db

うむ、あるねぇ!!
2584eb05 anonymous 2024-03-16 11:26
ロンズオーグのブリッジのエクスカリバーは、元教会のクラスⅧ〜クラスⅫの一部からすこぶる評判が悪いです。その理由は、エクスカリバーが「オーディターの規律」に反しており、評価&誘導的なコマンドを扱うからだと言います。

しかし、CBRブリッジのエクスカリバー以外のOT部分のデータの大半は、LRHの研究調査の延長(もしくはそれ自体)でしかない印象を受けます。

だが、やはり、「ジーヌー」とElron Elray(LRHの現在の名前とされる)とAstar Paramejgian(銀河連合におけるCBRの名前)は、終始一貫して登場するので、スペースオペラ的な神話(物語)が受け入れ難い人間には実践は困難が伴うと思われます。

そもそも、「ジーヌー」はあくまでもLRHが用いた通称(各インシデントの複数の起因者をパッケージ化したペルソナ)であって、その意味では、架空のキャラクターとも言えなくもないものです。実際の名前を言ったら、バンクを刺激させるから駄目なのでしょうか?
d890fa97 anonymous 2024-03-16 11:37
>>2584eb05

ロンズオーグのOT(機密)レベルで扱う用語について、再刺激的なもの(と思われもの)を除いて此処に掲載します。私は、少なくとも、基礎的な概念に関するデータは機密であるべきでないと考えます。

Qn: a general term meaning any life unit. S Qn, Big Qn or Player, Lambda ( l) Qn, Phi (F) Qn. An awareness of awareness unit.

Big Qn or "Player": the preclear or Clear you are auditing or the Qn called "me" who has a case. Can be in or out of a body. Can be found sticking on a case at OT 3 or in a Plug because of being implanted or betrayed. Can be suppressed into believing he is a "Body" or a "Body Qn" or a "Monitor" or "Operator" or "Implanter." All "Players" were originally Static Qns.

Lambda (l) Qn: a "lambda" or "life form" Qn. One who has a function of caring for or operating life forms. Can be a "genetic-entity," a "demon circuit" or a body operator for animals, plants, fish, birds, or humans. May be part of a team of such Qns who were hatted to do this in early MEST Universe track prior to Inc I or from E/U Games or even earlier GUMs. All true l Qns basically are MOCOs. However, you may find a Player Qn occasionally implanted or suppressed into the "belief" he is a l Qn. Also called loosely "Body Qns." Many of these were captured from E/U games and used on "Plugs" after being made to believe they were "solid." l Qns like to copy or hold "pictures" for Big Qns or make them as a result of his intention. l Qns align with the 5th Dynamic. (Ref: Dianetic Axioms).

Phi (F) Qn or (F) Qn: "Phi Qns" or MEST Qns. One who has a function of being a particle of matter or energy or space in a creation. Can be of a gradient of sizes with the bigger ones responsible for the smaller ones. Can be identified as space, potential energy or motion, energy particle, sub-atomic particles, atomic particles, atoms, molecules, cells, crystals, etc. Are used to make MEST and pictures for Players so they won't disappear when the Player looks at them. In U3 they are all mixed up from E/U game "dumpings" by all Players. These U3 F Qns have been organized by their "Board of Directors" and do not cooperate with any Big Qns normally, because of their ARCB LD (ARC break of long duration) on being dumped. All F Qns originally were MOCOs. F Qns align with the 6th Dynamic. (Ref. Dianetic Axioms) (pronounced "Fee" on Tapes)

MOCO: means "Moment Of Creation Of Viewpoint." A MOCO is a Created Qn by one of the Big Q ns or Static Qns for use in the games. They, therefore, do not have any time track earlier than their moment of Creation. That is the basic on their "Case." (They also do not have a large "case" like a Player, who has been in the Games since the beginning.) Can be a l Qn or F Qn or a special type created by a Player and used for Admiration (plus or minus) or Perception (plus or minus) or for creating and holding or operating a Creation for the Player (called a VIA MOCO). (The Player used this via so the Creation wouldn't disappear and there would be someone to care for it at his direction.) Probably the Board of Directors of the F Qns were originally VIA MOCOs who got dumped with their F Qn Creations into the MEST U.

Another class of MOCO is called a "Clone." This is a MOCO who was created with more ability and self-determinism and could serve as a "substitute" or "missionaire" for the Player. They usually want to debrief before going free or returning to their moment of creation. They could also have been given the ability to create other MOCOs and also could have gotten implanted while doing their "missions."

All MOCOs were originally created to HELP the Player who created them. When a person's own MOCOs want to return to their Creator they "blow" inward to him. Other Players MOCOs will blow outward. (Also any who choose to go free, or to Static Point to wait, will "blow" outward.)

MULES: A combination of two or more MOCOs (usually Admiration Particles - plus or minus - or Perceptic MOCOs - plus or minus - or Clones), one being the person's own MOCO and the other a friend's or enemy's MOCO. These can be combined by implanting into a MOCO "Sandwich" - with a person's own, a friend's, and the implanter's or Xenu's. One has to run the incident of the "Sandwich" being made (like a Clustering Incident or Mutual Incident) before each separate MOCO can be freed.

Clone: A MOCO who was made with more ability and free will - almost, or partly, a copy of the Player, to do a "mission" for him or to "fool the enemy" or to "play a game." See also, more on these under "MOCO" definitions.

Prime MOCOs: These are the MOCOs a Player created to prepare for and start the Games. There are 4 of them. One is the basis of the "Analytical" Mind. Another is the Basis for the "Security" Mind (which became the "Reactive" Mind), and another is the Basis for the "Social" Mind. The 4th one is the MOCO which was used to Create the Playing Field and Ring Archives Games as an agreement with all other Players. The interesting thing about the Prime MOCOs is that they CAN NOT BE RUN OUT until the Player is finished the Games (After OT 16). He created these Prime MOCOs with the Super Static postulate to assist him throughout the games, so at any point before that, he is simply not powerful enough to undo or as-is that postulate. If encountered in a session on OT levels, they should be thanked for what they did in the session and told to continue HELPING till the Player is finished the Games.

PLUG: An organized part of the case on Excalibur. It consists of several "terminals" (each of which may be very complex, and consist of many Qns, with various functions as a unit or "thing") having a function to perform on a case connected by holding lines. Holding means "suppression carried out through time" or "constant suppression." There may be several plugs on one "stack" or a person's case because they are related by thought. The "stack" wording is how the Pre-OT "thinks" of the area that is troubling him, it is not a "message" or "words" or "intention" coming from a plug or plugs.

STACK: A built-up area of charge on a person's Excalibur case which makes him act or "think" in an irrational non-survival, non-expanding way or monitors him in a direction of shrinking his KRC and ARC (his Power and Understanding) and drives him downscale as a Qn. It can collapse him down to only operating on 1 or 2 dynamics or lead him into other practices that will trap him from ever going OT. It is OTHER-DETERMINED CHARGE in a certain area. If a person has "accepted" or "agreed" to it, he may believe it's his own thoughts!

GAME of GODs: A game played at the beginning of GUM 0 to elect a "GOD" who would "take care of" everyone's dumped creations from Earlier Universe Games. These "dumps" became the MEST Universe. The Player Qns were supposed to learn, by doing this, to take responsibility for their own Creations and at some point enter the MEST Universe and as-is their own part of it to regain their lost ability to as-is. This was interfered with by the Implant known as Incident I.

GUM: a Games Universe Model. It can have one or many games and one or many universes in it. But it is covered by an overall purpose or goal for the Qns playing through or in it - whether they remember it or not. This GUM is Games Universe Model 0 (Zero), "Emergency," as in the MEST Universe (one of the universes in this GUM). There are also "Earlier Universe Games" in it. "Time" does not exist before this GUM. So to "date" beyond the MEST Universe "Time" track one uses "Games Universe Models" as a Cycle of Action which all thetans are familiar with.
a2df94ad anonymous 2024-03-16 13:10
https://scnil.org/english/first-ot-2-completion-made-in-israel/

>It turns out that the levels OT 1 and 2 were altered over the years by the Church of Scientology and replaced with inferior technology and shortened to a level of no achievement. Pre-OTs rarely achieves any gains at these levels.

これは本当にその通りで、だからこそ、機密レベルなど導入してはならなかった。機密レベルだとRTCがOTレベルを改竄しても、タイムトラックは闇に葬られてしまう。教会はシュレッダーで証拠隠滅を行うのが日課(シュレッダー業務は最優先事項)の組織なので、規範的技術など到底扱えない。
caf29f03 anonymous 2024-03-16 13:55
LRHのオリジナルのOTレベルは、OTⅠからOTⅩⅤまで1,969年には既に原稿が揃っているんですよね。何故か、教会批判者はOTⅨ以降は存在してないって言ってますけど。マテリアルとして編集されてないだけで、存在はするんですよ。詐欺ではないんです。RTCがリリースしたくないだけです。
5348504b Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-16 22:16
新OT VIII⁠の第1⁠版はうまくいかないことが多かったし、教会に対するアメリカ社会の敵意を大いに強めてしまった。 RTC⁠は同じ失敗を恐れているんだろう。
7a7aa355 Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-17 03:35
幅度が開発したソロ聴聞のほとんどは、メーター上のリードが見られなくなるまで、あらかじめ与えられたアイテムを一つずつ読み上げるというもの。⁠一方、真世が開発したNOTs⁠はちゃんと聴聞になっている。⁠幅度と真世はNOTs⁠についての権利を裁判で争い、幅度が30⁠万ドルほどで真世から買い取ることで決着を見た。
ed24327b anonymous 2024-03-17 14:44
このような主張は、Freezone界隈では決して好まれないしウケないでしょうが、サイエントロジーを実践するなら知っておかなければならないことです。

ブリッジ進行の最後の足枷となるものは、第三から第六のダイナミック(言い換えるなら、このMEST宇宙の合意に関わるケース要因)です。これは、責任とヘルプに関わるものであり、組織化という主題です。サイエントロジーのブリッジに関する一番の誤解は、真正のOTは一人で到達することができないということです。一人(単独)でも、真正のOTに至る途中(PreOT)までは行けますが、真正のOTに到達しようと望むなら、物理的な起因としてであれ、非物理的な起因としてであれ、複数の人間(※この惑星の人類とは限りません)をブリッジに乗せ、一定以上のケースレベルに上げなくてはなりません。そして、その複数の人間が一定以上のケースレベルに至ったら、初めて自分が真正のOTに至れるのです。一人だけが先に抜け駆けすることはできません。グループバンクの質量に引っ張られてしまうからです。能力を独占(独り占め)したい、圧倒的優位に立ちたい、チートゲームをしたいという願望(ゲームの均衡性に反するエゴ)は足枷になるのです。

LRHは組織によって大勢の人間をブリッジに昇らせようと奮闘しながら、LRHが真正のOTに到達し得なかった理由はこれです。自分が真正のOTに到達するまでに、どれだけの人々をブリッジに乗せ、どれだけのケースレベルに上げる必要があるかは個人によって異なります。重要なことは、ブリッジに昇ること、それは第三のダイナミックであり、第四のダイナミックでもあるということです。レッドボリュームの技術だけでは真正のOTに到達できません。ブリッジを最後まで昇り切るには、グリーンボリュームの“技術”が必要です。それは、“正しい組織化”という主題です。

LRHは組織化によって大勢の人間をブリッジに昇らせようと奮闘したのですが、その努力は実を結びませんでした。正しい組織化をこの惑星にもたらすには、LRHのアドミンから部分的なアービトラリーを一掃する必要があるでしょう。この主題で、LRHも、RTCも、ロンズオーグも躓きました。ロンズオーグのサイエントロジストは、CBRブリッジが完全なものでないということを認めています。それは、LRHが定義した真正のOTが生産できないということですが、その原因は、レッドボリュームの技術の問題(欠陥)であるとともに、グリーンボリュームの“技術”の問題(欠陥)でもあるからです。

当然、組織化のアプリケーション(適用)を誤れば教会(RTC)のような全体主義の地獄がまっていますし、教会のIASの活動(マネーゲーム)は真正のOTに到達するためのヘルプでもなければ、惑星のクリアリングのためにも寄与しません。なぜなら、真正のOTに到達するために必要なヘルプとは、より多くの人々をブリッジにリーチさせ、実際にケースレベルを上げることであって、マネーゲームではないからです。そして、自分の周りの人間、国々や世界の浄化が進まなければ、真正のOTには到達できないのです。自分の周りの人間をブリッジにリーチさせ、実際にケースレベルを引き上げ、“現実世界(現実社会)の中で”世界と文明のエンセータと混乱を浄化させていくに従って、自分自身のケースレベルも向上していくのです。つまり、自分のケースと人類・世界・惑星・この集合宇宙自体の運命とは共同歩調を取らなくてはならず、自分だけのケースの向上を考えても、真正のOTには到達できないのです。それは、戦争や全体主義の独裁による権力が、混乱のエンセータを生むのみならず、如何にブリッジの進行を物理的に妨げるかを考えれば、容易に理解できるでしょう。

私たちが真正のOTになれば、惑星を自由に動かせるくらいのパワーを回復できるでしょうか?それは、もちろんできるでしょう。ただし、能力(本然的な潜在能力の顕在化)としては可能ということです。能力があるということと、その能力の行使(実行可能性)は別物です。忘れてはならないのは、この宇宙は無数のセイタンの合意で形成されており、少なくとも現在においては、惑星の破壊は我々が同意したエシックスのコード(に伴う能力の封印)に違反するということです。これは、能力の回復とは別の側面として、エシックスのコードに関わる問題です。真正のOTが惑星を破壊できるならば、この集合宇宙も破壊できるでしょう。では、なぜ我々の住むこの集合宇宙の外側の宇宙に住む外在化した強力なセイタンたちは、我々の住む集合宇宙を彼らの思い通りに破壊しない(できない)のでしょうか?一つの集合宇宙も、惑星の運行も、その存続に関わるエシックスのコードも、自発的か半強制的かに関わらず、無数のセイタンの合意の産物であり、その存在を消し去るには、無数のセイタンの合意をキャンセルする必要があるのです。ですから、真正のOTが惑星(星々)やこの集合宇宙を消し去ってしまうのではないかという心配は杞憂なのです。安心して真正のOTを目指しましょう。
ab0c92cf Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-17 16:22
>>ed24327b

俺たちのケースのある部分は他者から来た部分なので、他者をクリアーやOTにしていく必要はある。 しかし、何らかの大がかり組織が不可欠だ考えるのは間違いだ。

聴聞士として訓練を受け、旧OT VIIIまでの知識があれば、組織に依存せずにソロ聴聞を続けられるし、他者に聴聞を施すことも、ソロ聴聞の方法を教えることもできる。 組織の大きさは2人でいい。 もちろん、もっと大きくてもいい。 しかし、構成員が組織に依存している限り、組織がその構成員をOTにすることはできない。 組織への依存は OTの定義 (at cause over matter, energy, space, time, form and life)そのものに反するからだ。

よって、どのような大きさの組織であれ、構成員が組織から離れ、独立不遜の菜園人として菜園を実践するように促し続けなければならない。 組織と構成員の関係は、聴聞士とPCの関係と同様なのだ。 聴聞士はPCをコントロールし、その間は確かに、PCは聴聞士に依存しているのだが、優れた聴聞士はコントロールをPCへと徐々に委譲していく。 PCがその聴聞士を必要としなくなった時、聴聞士にとって、そのPCのための仕事は終わるのだ。
d3be6138 Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-17 16:52
1950年代終わりごろの幅度が一番正しかった。

` I’ll not always be here on guard. The stars twinkle in the Milky Way
` and the wind sighs for songs across the empty fields of a planet a
` Galaxy away.

` You won’t always be here.

` But before you go, whisper this to your sons and their sons - ”The
` work was free. Keep it so.”

幅度、1957年

菜園は自由であるべきだ。 自由でない菜園が人を自由にすることはない。
196e4292 Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-18 09:46
海組織には高齢化に対処する仕組みがない。 幅度が肉体を離れてから、海組織はやがて高齢化し、働けなくなった海組織員を その親戚 (関係を絶たされているなら、これはとても困難だ) や行政に押し付けようとするようになった。 幅度は未来を予測することが得意ではなかった。

海組織は極端な例だが、菜園を実践する組織を運営するつもりならば、組織員の収入と老後についてよく考えなければならない。

聴聞士が1⁠日6⁠時間 (かなり楽観的な見積もりだ。 聴聞士は技術水準を維持するために訓練を続けなければならない) 聴聞を提供し、1年間210日間働くとしよう。ある地域で聴聞士が十分な生活の糧を得て、老後にも備えるのに必要な税引き前年収が280⁠万円なら、個人で働く場合、聴聞1時間あたりの料金は2 223⁠円だ。 ケース監督士が聴聞士と同じ収入を得て、10⁠人の聴聞士のためにケース監督業務を行うのならば、聴聞1⁠時間当たりの料金は2 445⁠円になる。 報酬が聴聞士のそれの半分の事務員を1⁠人雇えば、聴聞1⁠時間の料金は2 556円になる。

聴聞士も老化し、引退していくのだから、新しく聴聞士を育てなければならない。 見習い聴聞士が5⁠人いて聴聞士の半分の報酬を受け取り、聴聞士と同じ報酬を受け取るコース監督士が1人いるとしよう。 聴聞1時間あたりの料金は3 334⁠円になる。

この18人の組織は聴聞用の部屋を7⁠つ、ケース監督士の部屋を1⁠つ、コース用の部屋を1⁠つ確保しなければならない。 聴聞1時間の料金は楽観的に見積もっても5 239⁠円になる。 技術系17人、事務系1人の痩せた組織でも、聴聞を提供するのはなかなか難しいのだ。
6301763d Old Timer 2024-03-18 13:05
(外出先から)

幅度がソロ聴聞の指南を始めたのは1951‍年のことだ。 ソロ聴聞の歴史は菜園教会の歴史より長い。

これまでの記録から、戴安寧によるエングラム処理はソロ聴聞に向かないことが分かっている。 L's‍もソロ聴聞での実績がないので、避ける方が賢明だろう。

一方、低いグレードはソロ聴聞でも可能で、BT‍処理やGPM‍処理はソロ聴聞と相性がいい。

自由領域の菜園人のほとんどはクリアー以上で、他者から聴聞を受ける必要はない。

1960‍年代の技術を駆使すれば、ソロ聴聞だけでもクリアーになれる。 ただし、実例は多くない。
1e4ac3ee Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-18 17:23
>>6301763d

俺が書いた。
2fe17ab6 新月メータ DpCyEXZ1YdZ 2024-03-18 19:45 1710758725.png (37KB)
メータは必須ではないとの議論もありましたが・・・
マイコンで制御するEメータの基本回路です。
f62ae380 新月メータ DpCyEXZ1YdZ 2024-03-18 19:46 1710758812.png (103KB)
Raspbery Pi Picoを使用した全体の回路図です。
基板は基本回路と制御回路の2枚になます。
c93caa39 新月メータ DpCyEXZ1YdZ 2024-03-18 19:48 1710758896.png (30KB)
回路図に書いていない部品の説明です(":"の後の数値は秋月の販売コード)。

・基板:104303
 これ便利です。

・OPA1:109117
 動作電源4V以下、オフセット1mV以下(0.5mV以下が望ましい)
 バイポーラタイプが低オフセットで良いようです。
 私は手元にあったNJM2747Dを使いました。

・Meter:108200
 100μAの直流電流計を使用します。
 添付のメモリを貼り付けます。下段の飛び出たメモリを0,50,100へ合わせます。
 通電していない状態で針が左側の飛び出たメモリに一致するように調整用ねじを回します。

・SENS:117920
 5kΩ Bカーブのボリュームを接続します。

・LCD:108896
 秋月のAE-AQM1602A(KIT)を接続します。

・Rotarry Encoder:106358
 トーンアームになります。
 alpsのノンクリックタイプを分解して中にあるゴムリングを取り外します。

・Button
 ケースに組み込む際はここから引き出して配線します。

・各種抵抗:108550、108518、108553、108568
 R5,R6については誤差1%未満、それ以外は誤差5%で問題ないです。
 1/6wサイズが小さくて配置しやすいです。
7f3e16e1 新月メータ DpCyEXZ1YdZ 2024-03-18 19:50 1710759004.uf2 (54KB)
ファームウェアです。

・LCDの表示について
上左:PCのTA値
上中:[PCのTA値]-[トーンアームのTA値]
上右:TAアクションカウントが有効な場合「count」と表示
下左:トーンアームのTA値
下中:状態表示
    auto:自動リセット有効
    reset:リセット実行中
    block:自動リセット抑止中
下右:TAカウンタ(TAアクション値)

・スイッチについて
SW1:リセット実行
SW2:TAカウントの有効/無効切替
SW3:自動リセットの有効/無効切替
SW1を押しながらSW2:TAカウンタをクリア
SW1を押しながらSW3:マイコンをリセット
SW3を押しながらSW1:表示切替(通常/TA詳細/電圧詳細)
SW3を押しながらSW2:DFUモード

・TAアクションのカウントについて
SW2の操作でTAアクションのカウントの有効/無効を切り替える。
有効な場合はトーンアーム操作またはリセットによってTAアクションを積算する。

・自動リセットについて
針がメモリ両端にある下側に飛び出したを線を超えた状態が0.5秒以上継続した場合、リセットを実行する
ただし、直近1.5秒間のTAの変動幅が0.8以上である場合、自動リセットをブロックする。
その際にボディアクションによるTAカウントを抑止するため。TAアクションのカウントも無効化される。
直近1.5秒間のTAの変動幅が0.8未満に復帰したら、自動リセットを再開する。
その場合TAアクションのカウントは無効化したままとなるので、必要な場合SW2を操作してTAカウントを有効化する。
bc938481 新月メータ DpCyEXZ1YdZ 2024-03-18 19:51
校正について

・TAの計測地
 PC缶端子へ5kΩの抵抗を接続し、TAメーターが2.0となるようにVR1を設定します。

・メータセット位置
 感度を最低にセットし、PC缶端子へ5kΩの抵抗を接続します。
 LCDの上段中央の数値が0.00となるようにトーンアームを調整します。
 この状態で針がセット位置中央となるようにVR2を調整します。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/319/3.9MB)

Powered by shinGETsu.