Freezone

196e4292 Old Timer i1b5ibip3kS 2024-03-18 09:46
海組織には高齢化に対処する仕組みがない。 幅度が肉体を離れてから、海組織はやがて高齢化し、働けなくなった海組織員を その親戚 (関係を絶たされているなら、これはとても困難だ) や行政に押し付けようとするようになった。 幅度は未来を予測することが得意ではなかった。

海組織は極端な例だが、菜園を実践する組織を運営するつもりならば、組織員の収入と老後についてよく考えなければならない。

聴聞士が1⁠日6⁠時間 (かなり楽観的な見積もりだ。 聴聞士は技術水準を維持するために訓練を続けなければならない) 聴聞を提供し、1年間210日間働くとしよう。ある地域で聴聞士が十分な生活の糧を得て、老後にも備えるのに必要な税引き前年収が280⁠万円なら、個人で働く場合、聴聞1時間あたりの料金は2 223⁠円だ。 ケース監督士が聴聞士と同じ収入を得て、10⁠人の聴聞士のためにケース監督業務を行うのならば、聴聞1⁠時間当たりの料金は2 445⁠円になる。 報酬が聴聞士のそれの半分の事務員を1⁠人雇えば、聴聞1⁠時間の料金は2 556円になる。

聴聞士も老化し、引退していくのだから、新しく聴聞士を育てなければならない。 見習い聴聞士が5⁠人いて聴聞士の半分の報酬を受け取り、聴聞士と同じ報酬を受け取るコース監督士が1人いるとしよう。 聴聞1時間あたりの料金は3 334⁠円になる。

この18人の組織は聴聞用の部屋を7⁠つ、ケース監督士の部屋を1⁠つ、コース用の部屋を1⁠つ確保しなければならない。 聴聞1時間の料金は楽観的に見積もっても5 239⁠円になる。 技術系17人、事務系1人の痩せた組織でも、聴聞を提供するのはなかなか難しいのだ。

Top of this page. | <<last 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

limit: 1536KB

(Freezone/319/3.9MB)

Powered by shinGETsu.