Freezone

78b344fd Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-17 18:41
偽りのデータの除去はかれこれ300時間くらいはやってるね。聴聞に近い方法としては、
技術修正担当が2番目くらいによく使うものだから。

` ・1人で学習しているときに偽りのデータの除去をしたいときは?

ソロでも可能だろう。

` ・日常の中である真実のデータに出くわして今まで持ってた偽りのデータが浮かび上がってきたらどうする?また、それに対する偽りのデータがあるっぽいんだけどそのデータやそれを受け取った出来事を特定できないときはどうする?

出来事を突き止めることができなければ、うまくいかない。FDSは簡単そうだが、うまくいかなくなると、修正が面倒なものでもある。

` ・日常の中である活動が上手くいかない。誤解語や情報の欠如の可能性もあるが「偽りのデータ」があるから上手くいかないっぽい。そういう場合は?

FDSはそのためにある。

` ・「父親が言ってた〇〇は偽りのデータだったな」とストレートワイヤーで「偽りのデータ」を処理するにはどうすればいいのか?幼少〜小学校高学年時に肉親から受けた評価や「これはこうだ」という記憶データは殆ど埋もれている。それらのリーチしにくいデータに対して「偽りのデータの処理」をするには?

FDSの対象というより、一般的な聴聞の対象だと思う。FDSは確固たる正しいデータの体系が存在することを前提とする。

` ・英語を習得するためにも現在LRHの講演データは英語で聴いている。まだまだ理想的な意識感覚で学習に取り組めていないと感じる(・・・以前よりかなり良くなったが)。やはり小学校・中学・高校の授業や定期テストのための勉強によって学習時の意識の働かせ方や感情の出力やモックアップの欠落などの悪癖が自分の学習効率を落としているのは明白である。理想的な学習時の感覚・感情・モックアップなどに至る上で障壁となっている小中高の経験に対して「偽りのデータの除去」を行なって勉強技能の向上をもたらすには?

これも同じ。

` ・経営シリーズ第二巻「偽りのデータの除去」にはメーター使って針がフローティングするまで偽りのデータの処理を行う・・・と書かれていますが1人でストレートワイヤーで「偽りのデータの処理」を行うとしてそのEPやターゲットは?

偽りのデータの解消というよりほかはない。

メーターは使ったほうがいいが、なくでもやれないことはないよ。
66d5a547 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-17 18:57
FDSはとにかく正しいデータの体系が確立していなければ使えない。だから、政治や結婚生活には使えない。

FDSは暗黙知が多い活動ではあまりうまくいかない。自動車の整備には使えるが、自動車の運転なら、運転免許の取得には使えるが、
その後の運転技能の向上にはあまり役には立たないと思う。こういう分野で役に立つのは、重要性の整理整頓だ。
ddf4be4a anonymous 2016-09-17 20:56
>>66d5a547
物理学もわからないことだらけで、電磁気学も量子力学も重力理論も現象の説明や辻褄合わせの感が強く、因果律の解明には至っていません。この場合、学校の勉強の大半が偽りのデータであるにも関わらず、正しいデータは存在しないため、空白であり続けることになるのでしょうか?
37a4a52a anonymous 2016-09-17 21:31

オールドタイマー氏は、LRHのオリジナルのスーパーパワーについて何か知っていますか?教会やロンズのスーパーパワーとの違いはどのようなものだったのでしょうか?
2f7194e4 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-17 21:57
>>ddf4be4a

FDSの守備範囲ではなさそうだ。
0571ea1a anonymous 2016-09-17 22:31
なんとなく、オールドタイマー氏が言っていたサイエントロジーのマネジメント理論を学んで、投資やビジネスで逆にうまくいかなくなる人が存在する理由、勉強の技術?を学んで、勉強の効率が落ちる理由がわかりました。これらは、LRH自身のアービトラリーつまり偽りのデータですね。
私も、サイエントロジー外のビジネスデータは使い、効果がありましたが、サイエントロジーのマネジメントデータは組織図からして欠陥があるので、使っていません。やはり、サイエントロジーのマネジメントデータは、(効果があるかどうかはともかく)サイエントロジー教会でしか適用できないのでは?
c13e5d3f anonymous 2016-09-17 23:02
LRHは、私たちに未解決の大量のバックログを残していきました。

・完全なOTへのブリッジ

・効果的なマネジメントシステム

・サイエントロジー自体のデータの精度の向上と、諸学問の整合性をもたらす体系化及びあらゆるミステリーの解明

・権力抑制下で機能するOTのための、汎用的な能力向上のためのプログラム

・テックとトレーニングの確実性、効果性、スピードの向上

・新しいOT文明の構築

などなど
f643c526 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-17 23:51
>>c13e5d3f

「バックログ」にちょっと笑ったぞ。組織じゃ毎日使う単語だ。バックログがない日ってあるんだろうか?

まったくその通りだ。

「完全なOTへのブリッジ」ってのは俺にとって荷が重いので、「完全なOTへのブリッジ」を誰かが作るまで、
とりあえずコツコツとケースを削り、転生時に記憶を保持する方法を考えてきた。でね、バックログはたくさん残っているんだけど、
技術全体には抑圧者が存在しても、組織から離れて様々の橋を作れるようにできているんだと思う。「無人島に流れ着いたら、
ゴールとターミナルを列挙せよ」と幅度は教えていたから、自由領域で、当人のGPMケースの処理が
新OT VIIIより上だってことを知らず、GPM処理をコツコツやっている人は多いと思う。俺も少し前までそうだった。
NOTsとGPM処理で生活に劇的な変化が表れ始めた矢先に、偶然、技術全集の第XIV巻――ブックストアで販売されていない、
最後の巻――を手に入れた。神秘主義的なことは好きではないのだが、あたかも、「わかったかい? それが正解だよ。
おめでとう!」と幅度に言われたような気がしたものさ。
38a58194 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-18 06:06
「効果的なマネジメントシステム」の模索には、おそらく、固定的な解がない。現在の経営学は、本質的に、
固定的な解を提示するのではなく、それぞれの時代のそれぞれの組織に合う方法を効率よく探す方法論になりつつある。だから、
ドラッカーを読んだことがない経営者や経営学者も増えてきている。菜園教会が急成長していたときは、組織の
形が次々に変わっていった時期と重なる。海組織という固定的な解が存在せず、常に解を模索していた時代のほうが、
組織運営はうまくいっていた。

自由領域には海組織がないが、ある意味求心力を欠く理由が存在する。自由領域の参加者の
多くは菜園技術について熟知しているから、組織の必要性を感じない。全面的にソロの橋はいくつもあるので、
開業クラスVIII以上が訓練を提供していても、新しい聴聞士はほとんど育っていない。
8d87e4d3 anonymous 2016-09-18 12:11
>>38a58194
そうですね。独立オーディターやロンズなどは、システムが確立しておらず、個人に依存しています。個人に依存せず、システムがオーグを運営する状態が理想的ですが、実際は個人がオーグと不可分になっています。だから、各オーグのホルダーが移住や死亡してしまうとオーグを存続できません。個人商店のようなものであり、教会で言えばオーグではなくミッションレベルの組織です。システムとしてオーグを複製できないため拡張も見込めません。一番の問題は、このような組織では、効果的なトレーニングが困難であり、後継者が育たないということです。ロンズも平日の日中は、スタッフが兼業していて、ファンデーションオーグだったりすることが多いため、集中的に十分なサービス提供ができていないのが現状です。ロンズで上位のOTレベルにありながら、貧しいというのは、サイエントロジーの方法論の欠陥の現れでもあると思います。
cd311a20 anonymous 2016-09-18 12:19
>>66d5a547

自動車の運転技能は、特に大型になるほど空間認知力が求められます。これは、アンカーポイントと各次元点の相対的位置関係の把握力や知覚力、そして精度の高さの問題ですね。
1ba145c4 anonymous 2016-09-18 13:51
>>1025d374
ありがとうございます。
GPM処理の手順としては、リードがある最初のゴール(A)を見つけて、リードがある最初のターミナルを見つけて(1つ目)リードがなくなるまで繰り返し呼称、リードがある最初の反ターミナル(1つ目)を見つけて繰り返し呼称、リードがある最初のゴールAのターミナルをまた見つけて(2つ目)繰り返し呼称、反ターミナルをまた見つけて(2つ目)繰り返し呼称、またAのターミナルを見つけて(3つ目)繰り返し呼称、また反ターミナルを見つけて(3つ目)繰り返し呼称…というふうに繰り返していけば良いということでしょうか??
7bd64cca Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-18 21:00
>>8d87e4d3

そう、自由領域はいろいろと中途半端で、論'sは求心力がちょっと足りない。橋を提供している個人がいなくなってしまうと、
そこで活動は途絶えてしまう。だが、橋の実践が組織に依存するからこそ、個人が組織を必要とするともいえる。橋が極端に小さくなり、
個人が記憶して持ち運べるものになれば、橋の実践に組織は必要がなくなる。

ケースレベルが高いのに貧しい人は、見える部分でやり方が固定的すぎる。世界の富裕層と貧困層を比べると、
貧困層のほうが家庭での子供の躾が厳しい。富裕層の子供たちは変化する環境へに適応する力に優れているので、
富裕層の次の世代を担う人材に育っていく。菜園人が豊かになろうと思うならば、まずは、倫理公式など、
実生活での行動を縛っているデータを捨ててみることだ。

>>1ba145c4

その通り、ゴールのターミナル、ターミナルに対する反ターミナル、ゴールのターミナル、ターミナル対する反ターミナル … だ。
これが一番いいと思う。ゴールそのものから反ターミナルを見つけるのは意外に難しく、講演記録について俺の記憶が正しければ、
幅度はいろいろな方法を試しているが、決定打は見つかっていないはずだ。

ただし、クリアーコグ後は、当面、BT処理とGPM処理の両方を用い、どちらかをやりすぎないようにすべきだろう。
4c5fb6dd Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-19 09:11
とりあえず、ゴールが「to catch catfish」(ナマズを捕まえること)であるとする。ゴールから反ターミナルを見つける試みにはいろいろあった。

Who or what would oppose catching catfish? : 比較的うまくいくが、反ターミナルではなく、ターミナルが見つかることもある。

Who or what would not want to catch catfish? : 全然ダメ。現代の英語でも日本語でも、「~したくない」は過剰否定的で、
「ナマズを捕まえたくない」は「ナマズを捕まえたい」という気持ちがないことではなく、それとは反対の
「ナマズを捕まえないでいたい」という気持ちがあることを意味している。しかし、ケースにそういう意味は伝わらないことがある。

Who or what would want not to catch catfish? : これはケースにちゃんと伝わるが、我々の言語の慣習に反する違和感があって、
PCに理解させるのが難しい。

Who or what would want not to let others catch catfish? :  これもいろいろと面倒だ。PCに理解させる必要があるし……

そこで、ターミナルから反ターミナルを見つけることとなった。
a30f80f3 anonymous 2016-09-19 15:42
>>4c5fb6dd
ありがとうございます!
クリアーコグ後はGPM処理とBT処理偏りなくということですが、クリアー前にはBT処理は行わず、問題や欠乏、UCP、GPM処理などに集中して取り組んで行けば良いのでしょうか??
ab19e63b Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-19 19:01
>>a30f80f3

その通り。ただし、問題を扱うモデルセッションなどを通してソロにかなり慣れておかないと、GPM処理は難しい。UCP、前処理、
欠乏と問題などは、教会の新OT Iなどと同様に、ソロの訓練も兼ねている。
5163c994 anonymous 2016-09-19 22:09
>>ab19e63b
実はfreezoneを知る前、菜園東京にリーチする前から問題やヴェイランス、所有性などに関して本を読み自力でおそらく100時間単位で取り組んでいました。
昔はウェブでOCAテスト→回答まで表示されていたので、ほぼ全ての項目がMax付近まで改善されてから菜園東京を訪ねた経緯があります。
教会到着後は電子的インシデントその他、人間の歴史に記述があるような出来事が単語クリアー中に現れてはキーアウトして行く、みたいな体験を数多く経験していたのですが、、

クリアーにアテストしたわけではないのですが、BT処理にかなり興味が湧いていまして、日常生活でも時折BTのケースのようなものに行き当たって、故人に「現実世界で生きている者に介入しないように」と説教したり(声には出しません)することもあります。
以前に、オールドタイマーさんの投稿で「興味がわいたフローのみランする」、といったような記述があったと記憶しているのですが、BT処理にも当てはまるのでしょうか?

218e5af6 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-09-20 00:03
>>5163c994

前世で大姉やそれに近い何かを受けたことがあるとか、いろいろなことが考えられるが、クリアーコグの判定以外では、
ケースの評価を差し控えたいこともある。

BTは肉体の内部または表面にあるほかの魂だ。このようなBTについては、通常、それ自身が
魂であることを気付かせるために必要なこと以外のことをやることはないが、幅度の文書によれば、
低いグレードを施してあげることも可能ではあるらしい。だが、俺はそこまではやりたくない。最小の橋の範囲では、
BTに対してフローを用いた処理はない。

肉体から離れて活動している魂はBTではなく、もっと自由な魂だ。
75ca1691 anonymous 2016-09-20 00:44
>>7bd64cca

かつて、仏陀のもとで修行した阿羅漢たちは、八万法蔵と言われる教えを暗記していました。私は、データやテックのボリュームは、記憶において障害にならない、ましてノーイングネス(潜在的全知)があればなおさら障害にならないと考えます。転生後に、HCOBやHCOPLや研究と発見シリーズを復元し、それを元に仲間を集いオーグを一から構築することも可能だと思います。というのも、組織があったほうが拡張しやすく効率が良いからです。仏教でも組織はサンガとよばれ三宝の一つになっています。
95ec7397 anonymous 2016-09-20 02:44

オールドタイマー氏に質問です。

前世の言語能力をどうしても回復させたいのですが、ストレートワイヤーでも、リターニングでも困難な為、リスクはありますが、退行催眠ではない形式の催眠療法を用いて、半ば強制的に言語能力だけを引き出すことを考えているのですが、どう思われますか?

当然、後で催眠療法は消去しなければなりません。LRHは、催眠術で外国の言語が使えるようになるのは、前世で経験しているからだと述べています。また、ブックワンでは、LRHが催眠術を用いて、AP(アベレートパーソナリティー)とBP(ベーシックパーソナリティー)を交互に移動させながらクリアーの発見にいたる研究を行った事例もあります。

一応、教会版のスーパーパワーを、フラッグで受けて、クリアリングしても言語能力が回復しなければ、最後の手段で催眠療法を使おうかとも考えています。上位のOTになってからでは、時間がかかりすぎで、到底現在の活動目標は達成できず支障が出てしまうのです。かといって、今から10年も言語習得に時間をかけるのはばからしいのです。クリアーで英語が使えるようになった人を何人も知っているのでそう思います。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/1143/5.0MB)

Powered by shinGETsu.