Freezone

8576475e anonymous 2022-10-24 23:39
>>b9a4afd2

「隠された基準」の真の問題は、それがサイエントロジストにとって、実際には隠されてはいないことです。オーグに通うパブリックは、OTの能力あるいはOT現象について、LRHの文献やサイエントロジー教会の発行する諸々の雑誌で読んだり、サクセスストーリーやオーグのイベントやスタッフ/パブリック間の噂、あるいはレジストラーのセールストークの中で耳にしたことがあるはずです。リストアップすれば、全タイムトラックの想起(全タイムトラックは自分の目の前の空間に小さな0の数字を並べてもいっぱいになって埋もれてしまうほどの長さがある)、肉体をコントロール可能な/完全な知覚(360度の全方位のパノラマの視界を含む)を伴った外在化、リモートビューイング、霊視、ヒーリング能力(セルフヒーリング能力含む)、テレパシー、テレキネシス、引き寄せ現象(所有性のコントロール)、テレキネシス、対向車の運転手に意図を置いてアナテンから目覚めさせ(PTに意識を置かせ)ブレーキを踏ませて事故を回避する、追突の寸前に時間をストップ(一時停止)して自動車事故から逃れる、空のガソリンタンク(ガス欠)の自動車に生成したガソリンを補給する(MESTの生成)、時空を超越した知覚能力(完全なノーイング)、などなどです。これらは、(真の)OTであるならば、当然持っていなければならない能力です。また、(教会版では頂点のⅩⅤはリリースされていないが)ブリッジの頂点に至っても、なおこれらの能力が回復しないとしたら、サイエントロジーそれ自体のデータが偽りであるということになるでしょう。ロンズオーグのCBRブリッジが機能しないのは、ブリッジの頂点に至っても、これらのOT能力が回復される保証がばいからです。一方、現・教会版(≠LRH版)のブリッジにおいても、NewOTレベルとOTⅧの低階層のPreOTの段階では、散発的なOT現象は生じても、これらのOT能力が回復される保証はありません。OT現象の処理という主題はNewOTⅠのマテリアルでも扱われていますが、それがOT現象と呼ばれる所以は、散発的かつ一過性の現象として起こるものだからです。つまり、それらは起こり得ますが、教会のブリッジのNewOTレベルの段階では、恒常的なOT能力ではないのです。低いPreOTレベルの段階では、たまたま諸条件が整った時にOT現象が生じますが、その条件を知悉し自ら現象の条件を作り出せるわけではありません。OT現象を起因となって再現できるようにならなければOT能力が回復したとは言えず、完全なOT能力が回復しなければ、真のOTとは言えません。ポジティブゲイン(正の向上)として、一過性のOT現象を徐々に恒常的なOT能力へと定着させることが、上位のPreOTレベルの課題と言えるでしょう。

Top of this page. | <<last 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24

limit: 1536KB

(Freezone/490/0.3MB)

Powered by shinGETsu.