Freezone

0dea4d16 anonymous 2022-08-08 21:08
霊感商法で社会的問題となっている旧統一教会の献金システムとサイエントロジー教会の献金システムを比較してみました。

〈旧統一教会と比較してサイエントロジー教会の献金システムの優れた点〉

①最初に、「サイエントロジーは宗教である」とはっきり伝えている。つまり、不実告知には該当しない。

②サイエントロジー教会の献金は、IASや理想のオーグ建設の集金イベントを除けば、当事者本人が受益者となる実物サービスの実費する対価であり、霊感商法のような効果が検証できない世界をダシにした寄付金は徴収しない。

③サービス料金が予め明示されている。つまり、明瞭会計である。

④サービス料金自体は高額だが、原価率も高い。いわゆる、ぼったくり商法ではない。

⑤教団独自の返金システムが存在する。

〈サイエントロジー教会のカルト的な組織体質〉

①ブリッジに関する能力向上(回復)や効果の誇大宣伝。

②営業担当のハードセル。その日の内に、その場で決断を執拗に迫る。現金が無ければクレジットカード決済を含む借金を促す。

③ブリッジに関する効果に納得がいかなくても、苦情は受け付けず、エシックスに送り、更に修正のための新しいサービスの契約を迫られる。

④サイエントロジーに批判的な家族(勝手にSP認定)との断絶オーダー。

⑤定期的に開催されるIASや理想のオーグ建設その他の名目ための集金イベント。会場の空気は、催眠療法的な狂気に満ちている。

Top of this page. | <<last 0 1 2

limit: 1536KB

(Freezone/50/0.0MB)

Powered by shinGETsu.