Freezone

4f2869b1 anonymous 2016-05-15 20:57
>>4fdb5c3e

補足。
宇宙の入れ子構造について。外側が古い宇宙、内側が新しい宇宙になります。そして、全宇宙はソースと呼ばれる領域の中に包含されています。
ebbfde26 anonymous 2016-05-15 21:59
>>7828eb69

おっしゃる通りだと思います。

勉強の技術で誤解語をクリアーにするときに語源を調べるというステップが
ありますが、遭遇する単語の語源をいちいち調べるとかキリが無いですよね。
時間かけた割に得られるモノが少ないのではと思っていました。

勉強のテックを知らない、一切辞書も使わないでも外国に何ヶ月か
滞在するだけで英語がペラペラになった大人(日本人)に出会ったことがあります。

LRHのテックや理論の強みと弱みの両面を認識出来るようになる必要がありますね。
絶対的なモノではなく、あくまでも1つのツール・考え方であるようにしたいです。
まぁそのためにこの掲示板見てるんですけどね。
7157764b anonymous 2016-05-15 22:47
>>ebbfde26

お返事ありがとうございます。

そういう疑問を持っていても口にできないことが教会の問題です。

ウィズホールドがあるとバンクに質量が蓄積されます。ケースを向上していくにはウィズホールドをクリーンにして、バンクの質量を分解しなければなりません。

しかし、教会では正直に教義やテックに対する疑問をぶつけると、良くても長い単語クリアーセッションか、悪ければエシックスオーダーになります。

そして、それらの記録はセキュリティー情報として特別業務課やシーオーグのミッショネアにまで回覧され、ローアーコンディションの指定にまで至ったりします。

私が教会でブリッジを昇ることを断念したのは、安全に秘密を語ることができず、セキュリティーデータとして後々利用されると気付いたからでした。このような、フリーメイソン的なカルトのようなシステムをつくった責任は、ミスキャベッジたちだけでなく、LRHにも問題があったと思います。あのような閉鎖的なシステムは異常です。私は、教会外部でクリアーをつくったことがありますが、教会のクリアーは明らかにクリアーらしくない人がたくさんいました。もちろんケースにもよるでしょうが、トーンは低いし覇気はないし、機転も利かないクリアーはいったいなんなんだ?と思っていました。

私のつくったクリアーは、ブックワンの記述にかなり近いものでした。おそらく教会のクリアーは技術的な失敗作ではないか?とも思っていますが、検証する手段がないので確かなことは言えないのですが。
a326446c anonymous 2016-05-16 00:40
>>ebbfde26

単語の語源といえば、英語では単語に語根と接頭辞、接尾辞という区分けがあるので、語源を調べるという方法論はある程度理解できます。

しかし、日本語ではそもそも単語の成り立ちが違うため語源の検索は意味がないと思います。日本語は、語源にあまりとらわれない意味を用いたり、当て字的に単語を用いたりするからです。

語源を調べていたスープも仕方なくというか、形式的な対応だった記憶があります。

私は単語よりも文法理解が重要だと思っています。なので、メタ言語学が必要になると感じ体系化をライフワークの一つとしています。

あと、もう一つは背景的教養の有無です。ブックワンも背景的な素養のある人は単語クリアーせずに一気に読み切れますが、背景的教養がないと単語クリアーで時間を食っていつまで経っても終わりません。

これも、段階の飛び越しと言われればそれまでですが、コースではなぜか単語クリアーばかりバカの一つ覚えのように使われていて嫌気が差しましたね。
ba3defaa Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 08:47
>>4ef80095

ヘラトロバス文明はこの物質宇宙の二大文明の一つ。もう一つがアーシリカス文
明だ。ヘラトロバス文明はもともと啓蒙による統治、アーシリカス文明は力によ
る統治を志向した。ただし、末期にはヘラトロバス文明も強大な物質的力を用い
ることがあり、アーシリカス文明も啓蒙を統治の手段とすることがあった。GPM
理論はこれら巨大文明にも見事にあてはまる。

教会はヘラトロバス文明を敵視し、銀河連邦を称賛する傾向があるが、銀河連邦
はヘラトロバス文明の一部分だ。銀河連邦の中にマーキャブ連邦が含まれ、ティ
ージアックと呼ばれたこの地球もマーキャブ連邦に含まれる。現在の地球上の国
家で、マーキャブ連邦に一番似ているのはアメリカ合衆国だろう。
3f649323 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 09:17
>>ebbfde26

ヨーロッパの多くの言語については、語源を調べるのは長い目で見れば有用だと
思う。

"project"の"pro-"が「前に」、「-ject」が"投げる"であることを知っていれば、
"project"が「計画」を意味し、"projector"が「映写機」を意味することに説明
がつけやすい。"projected nose"は「前に突き出た鼻」だ。

"e-"が"外に"だから、"eject"は「射出する」。"in-"が「中に」だから、
"inject"は「注射する」になる。"re-"は「返す」だから、"reject"は「拒絶す
る」。"inter-"は「間に」だから、"interject”は「差し挟む」になる。

これらの単語は、特に、"-ject"を知っていることで記憶に定着しやすくなる。
"traject"なる単語に遭遇しても、文脈から十分に正しい推測もできるようにな
る。

一方、日本語は……漢語以外であんまり効果がない。言語として若すぎて、形態
素と単語がまだまだ激しく流動的だから。

大人が意識的な努力をせずに習得した外国語は低水準にとどまる。どの言語でも、
教養水準が高くなるにつれて、書き言葉と話し言葉の違いが小さくなる。意識的
な努力をしなければ、ネイティブだってその水準には達しないのだから、外国人
には絶対に無理だろう。
bb50581c anonymous 2016-05-16 09:47
>>4fdb5c3e
>>ba3defaa

質問に答えていただいて、ありがとうございます。
とても壮大すぎて理解がおいつかず疑問が次々に湧いてきます。

ちなみに菜園には未来世(未来の記憶)という概念はあるのでしょうか?
質問ばかりですみません。

私はNLPや催眠系→Ava→そして菜園技術に出会いました。
前世記憶で有名になったワイス氏には未来世という概念があります。
自身の経験からも未来世や他惑星の記憶は実際にありそうですが
仕組みをうまく理解も納得もできず妄想かもと思うことがあります。
31ef99bd Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 10:02
>>bb50581c

教会で来世の記憶が語られることはないと思う。

自由領域では時間と歴史が巻き戻されることがあると考える人も少なくない。彼
らによれば、前回の過去や未来の記憶は再生可能ということになる。俺も個人的
にそう思っている。証明する術はないが、量子力学などの効果を応用した実験に
より、人類は全体として予知能力を持つことがすでにほぼ証明されている。この
不思議な能力をもっとも単純に説明できる仮説は今のところ時間の巻き戻しに他
ならない。
249842dc anonymous 2016-05-16 10:27
>>31ef99bd

いや、むしろ時間の巻き戻しはサイエントロジーではスタンダードな認識ですよ。

LRHも地球時間と標準時間のズレについては言及しています。この時間のズレは時間の巻き戻し理論でないと説明できません。

サイエントロジー歴がまだ浅い方もいるので、わかりやすく説明しますね。

正確には時間の巻き戻しではなく、過去のある時点のバックアップを、それより先のある時点に復元するということです。技術的には、過去の正確な複製=コピーをモックアップするとも表現します。

例えば、2001年の9月11日のアメリカ同時多発テロがありましたが、この時点で1995年の地球のバックアップを復元するとします。

すると、2001年は見かけ上1995年になり同時多発テロはなかったことになります。そして、年表上では元々の1995年から2001年の9月11日は無かったことになり、その分が宇宙の標準時間の年表より短くなってしまいます。

もちろん、時間を巻き戻しても何もしなければ同じ歴史が起こるだけなので、歴史のシナリオにも介入(改変)をセットで行います。

セイタンの記憶には、改変前の元々の記憶も当然残っているため、記憶の混乱が生じ時たま未来の記憶と呼ばれるような出来事も想起したりするのでしょう。
8c198179 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 10:40
語学ネタ

喉に手を当てて、"記事"と"騎士"を発音してみよう。最初の/ki/に違いがあるこ
とが分かったかな?

"記事"の発音を詳細に記せば[kiʒi]だが、"騎士"は[ki̥ɕi]だろう。日本語ネイ
ティブは[ki]と[ki̥]を同じ/ki/として認識している。

/ki/↔ [ki], [ki̥]

これは、[ki]と[ki̥]の両方を使ったほうが発音が楽になるけれど、[ki]と[ki̥]
が意味の違いを生むことがないからだ。

実際に異なっているのは母音だけなので、こう表記するのがより適切かもしれな
い。

/i/↔ [i], [i̥]

心の中にある/i/は「音素」、実際に発せられる[i]と[i̥]は「音」と呼ばれる。
心の顕在意識より下のある部分が音素と音の関係を自動的に構築するので、ネイ
ティブは一つの音素に関連付けられる複数の音の違いを認識していないことが多
い。

言語の自動処理の強さには個人差がある。自動処理が弱いと母国語の習得に何ら
かの苦労を伴うことがあるが、その代わり、母国語の癖を外国語にあまり持ち込
まずに済む。
ff882b17 anonymous 2016-05-16 11:15
>>31ef99bd
>>249842dc
詳細な情報ありがとうございます。

もし「時間の巻き戻し」があるならすべて合点がいきます。
昔、催眠を探求していた時代に未来を想起した20名ほどに
同じ時期(未来)を想起していただいたところ数多くの共通点がありました。
一時期アカシックレコードで説明しようと試みたのですが情報の貯蔵庫みたいなアイデアより
個別性を維持した転生の結果として考えた方が私にはしっくりきます。

ジョジョ(漫画)6部のプッチ神父は時間を加速して世界を一巡させ
記憶を保持したまま二週目へ行くことを天国としていたのを思い出しました。
b72cf69c Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 14:33
>>249842dc

その説にはちょっと無理があると思うんだよね。

太陽系のバックアップを取っておいて、そこから歴史のある時点を復元すると、
天文観測と整合が取れなくなってしまう。この方法だと、天文観測の記録を過去
に遡ってすべて書き直さなければならなくなってしまう。

太陽系を巨大なドームで覆って、地球に偽データを送り続けることはできるけど、
外在化できる魂に対しては通用しないし、もう現在の宇宙物理学者を騙し続ける
のも不可能だと思う。

宇宙全体の時間と歴史が巻き戻されていると考えるほうが、単純で例外がより少
なくなる。
ac83da82 anonymous 2016-05-16 17:02
>>b72cf69c

私は宇宙全体の巻き戻しという考え方には疑問があります。

まず、地球の一国の大統領を入れ替えるために、わざわざ宇宙全体を巻き戻す必要性が在るだろうか?という点です。

次に、もし宇宙全体が巻き戻っているとしたら、LRHの言及した地球時間と標準時間のズレについて整合性が取れません。

また、天文観測のデータは実際にズレを生じているのではないか、とも考えられます。

ここで、あえて知的ランドミティーを導入してゼロベースで考えてみたいと思います。

オールドタイマーさんにも知恵を貸していただきたいのですが、そもそも論から言えば、惑星の歴史に介入するために、わざわざ時間を巻き戻す必要性は無いのです。

時間の巻き戻しと呼ばれる現象が存在していることを承知の上であえて問いたいと思います。

惑星や何らかの文明の歴史を改変するためには、ただ時空を過去に遡れば良いのです。これが不可能であるという答えは無しにしましょう。なぜなら、LRHもフィラデルフィア博士号コースで歴史の改変について言及しているからです。

実際に、過去の侵略部隊は時空を遡って地球の歴史を改変しました。これまでに大小様々な歴史の改変がありました。支配的な意図だけではなく、イタズラ好きのセイタンが世界各地に意味不明な記号や絵を残し、現代の考古学者が頭を抱えているなんてこともあるでしょうね。

例えば、2016年の現在からセイタンとして1693年の地球に時空を遡ることと、現在の2016年の地球を1693年に巻き戻すのと何が違いますか?そして、1963年にもし歴史の介入つまり改変を行ったとしたら何が異なりますか?
見かけ上も結果も同じでしょう。

では、両者のタイムトラックつまり記憶はどうなりますか?両者とも短くなるでしょうか?つまり、改変前の歴史は無かったことになるでしょうか?

こう考えていくと時間の性質というものの正体がもっとはっきりと見えてくるのではないでしょうか。
9b847b99 anonymous 2016-05-16 17:32
>>8c198179

私が前回の人生で書いた本の日本語訳から抜粋します。

「四歳にならないうちに、私は時間を言うことができたし、その後すぐ独習で字が読めた。何ヵ月もしないうちに、私は手にする全てのものを読んでいた。馴れない語に出くわしても、実際問題ではなかった。というのは文脈からして、おそかれ早かれ、その意味ははっきりしたからである。唯一問題なのは、私はふつう誇りが強すぎ、自負心が強すぎて、単語の発音を尋ねなかったことであった。男の子の洗礼名の〝Denys〟は、デニスと読んでデニーズとは読まないことを知るには、何年もかかった。今日でさえ、私は速読家だけれど、実際読みすすめながら発音しているのである。(いや、唇は動かしていないが)。こうして、どんなに速く読んでいるときでも、私は良い、リズムある調和音も、また不愉快な不協和音も見つけることができる。」

これは、言語能力の習得が必ずしも音を必用としないという実例だと思います。おそらく、私は単語の発音も意味も習わずにパターン認識で本を読んでいたのだと思います。オールドタイマーさんはこれについてどのような言語習得のメカニズムが存在していると思われますか?
d7442183 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 18:38
>>ac83da82

時間の巻き戻しは地球上の某国の大統領の入れ替えのために行われているのでは
ないと思う。これについて、小津賀などは勘違いしたのだ。

例えば、

 核戦争で人類が滅ぶ
 →地球とは全く関係がない理由で時間が巻き戻される
 →地球人類は前回の悲劇を避けようと努力する
 →核戦争が回避される

のようなことが起こっているのだろう。

時間を遡ることと時間を巻き戻すことは全く同じ行為だ。
e0325a5c anonymous 2016-05-16 18:44

唯物論の見直し

LRHは、マルクスや唯物論哲学について終始批判的であった。

しかし、レーニンの『哲学ノート』を読んでみよう。

「人間の意識(認識)は、客観的世界を反映するだけでなく、それを創造しもする。すなわち、世界は人間を満足させず、そして人間は自己の行動によって世界を変えようと決心する。」

ここで、レーニンは、意識(主観)は主体性をもっていると述べている。主観が、自己運動を行う客観的実在の「脈動」に接近していくとき、そこで生まれる思考は実在の真理に近づいていく。

しかし、客観に接近していこうとする人間の主観が、自分のまわりに現実としてつくりだされている世界を見たとき、それに満足できない自分を発見するだろう。そして、意識はそれを変革し、新しい現実をひとつの客観性として創造しようとする。

このレーニンの哲学は、ほとんどセイタンの不滅性と創造力を肯定するサイエントロジーの哲学と同等であると言える。
34d3a30b Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 18:44
>>9b847b99

何とも言えんところだね。俺はこの生涯で音楽家として教育を受けたことは1秒
もなかったけれど、ある日クラシック音楽の作曲ができることに気が付いた。そ
の後、プロの演奏家に作品の提供を依頼され、数年間にわたって毎年大小さまざ
まなホールで演奏会を開いた。前世の技能の再生だ。そなたの言語能力にも似た
ことが起こったのかもしれない。
f50c1803 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 18:57
>>e0325a5c

これも難しい問題だ。

まず、「唯物論」という言葉の意味には様々な程度がある。「物」の定義を一番
広くとると、ほとんどの宗教の神も「物」の一種になる。イェホヴァもしかりだ。

マルクスは歴史の研究において「唯物的方法論を用いている」に過ぎず、彼の世
界観が「唯物論」のどの定義においてどれほど唯物的であったかどうかは定かで
はない。マルクスは神の存在を肯定し、それを彼の哲学全体の最終語彙としてい
る。

レーニンについてはよく知らない。ただ、資本主義による世界統合の前に社会主
義を目指すことは、マルクスの思想に反していた。
744d42f0 anonymous 2016-05-16 19:06
>>d7442183

そういうことであればシンプルになります。

例えば、私がフルブリッジを修了したOTだとして、時空移動によって世界の歴史改変するとしましょう。

これが可能かどうかは私のパワーしだいですが、米国の2000年の大統領選挙に介入し、アル・ゴアが選出されていたとします。すると、アル・ゴアは後に暗殺される可能性はありますが、少なくとも在任中は911は起きないでしょう。

こうして、私は地球の歴史を強引に変えました。こうした場合、宇宙全体ではなく、地球のみの歴史しか変わらないと思いますが(多少のインパクトは与えるでしょうがそれは事後的なものです)いかがですか?

宇宙全体をまとめて巻き戻す連中も確かにいるかもしれませんが、この宇宙には目的も規模も異なる様々な歴史の改変者がいてもおかしくないはずです。そして、そういった様々な改変者は実際に存在しているのです。ですから、人々のタイムトラックは滅茶苦茶に混乱ているのでしょう。
7d4a7443 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-05-16 19:39
>>744d42f0

局所だけの巻き戻しは、天文観測との整合性を取り続ける複雑な仕組みを要する。
だから、現実的であるようには思えない。歴史の改変が局所だけに限られる場合
でも、時間の巻き戻しは宇宙全体に及ぶものだと思う。

なお、歴史の改変者が自ら時間を巻き戻していない場合も大いにあり得るのでは
ないだろうか?

強大な魂が時間を巻き戻せば、それに気が付いた魂には歴史をいくらか改変する
好機が訪れることになる。もしも1980年まで時間が巻き戻れば、俺は違う選択を
行い、違う生涯を歩むと思う。俺も歴史の改変者の一人になるのだ。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/1143/5.0MB)

Powered by shinGETsu.