Freezone

95eb2d47 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-10 00:23
>>e8142eb2

菜園人にとって転生時の記憶の維持は喫緊の課題だ。そして、菜園には確実に記憶を維持する方法がない。

現生涯において、前世の生涯の記憶を再生する能力は、現生涯の記憶を次の転生を超えて維持する能力に
つながらない。これはもうあまたの事例ではっきりしている。前世クリアーや前世準OTのほとんどは、前世の
言語や技能を再現できず、現世で最初から再訓練が必要になる。

一方、菜園外で、転生を超えていったん記憶を維持することに成功した人は、幾多もチャージなどを抱えて
いても、過去の生涯の記憶をいくつも現生涯のそれらと変わらない鮮明さで再生でき、言語と技能も再現できて
いる。そういう人たちの共通項を探ると、仙道と類似した方法が目立つ。

仙道では、肉体から離れたときに西王母が見えたら、それを無視せよと教えている。西王母は少女、熟女、
老婆のいずれの姿を見せることがあるとされ、こういう描写は、インドのカーリーやアイルランドのモリガンにも
見られる。記憶を維持した転生の元や先の事例が多い地域には、西王母のような太母に関する神話が多いのだ。日本で見つかった完全異言の事例でも、転生元はネパールで、やはり太母が語られる地域だった。
84b9f314 2016-06-10 17:59
>>95eb2d47
>>日本で見つかった完全異言の事例でも、転生元はネパールで、やはり太母が語られる地域だった。

奇跡体験アンビリバボーって番組でやってたやつですね。
8fb1e1bd Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-10 20:44
注目すべき点はやはり太母つまり三相の女神だと思う。

太母に関する話は世界各地に広がる多産と豊穣の女神への崇拝と同一視されやす
いが、少女、熟女、老婆の三相を示す女神は、約一万年前に、アフリカのリビア
で語られ始めた。この女神はアト・エンナ、アタナ、アナス、メティス、メドゥ
ーサなどいくつか別の名前も持っているが、三相女神である点は変わらない。

オリンポス神話以前のギリシャではメドゥーサと呼ばれ、少女ヘベ、熟女ヘラ、
老婆ヘカテーという三相を示す。メドゥーサの別名アタナはアテネの語源で、熟
女ヘラとゼウスの妻の名も同じになっている。転生を肯定するグノーシズムの源
流はたぶんリビアにあったのだろう。

アイルランドのモリガンもアナ、バブド、マハの三相を持ち、その地に住んでい
たケルトの人々には転生の伝承がいろいろありそうだ。

ラティウムのエトルリア人たちの女神ウニはユウェンタス、ユノー、ミネルウァ
の三相を持っている。残念ながら、エトルリア語は十分に解読されていないので、
転生伝承についても知られていることはない。

インドのカーリーにはパールヴァティ、ドゥルガー、ウマーの三相があり、その
地に転生事例は非常に多い。

チベット仏教では西王母瞑想があり、ある程度は効果を上げているようだ。ただ、
この西王母は十六歳の裸の少女の姿をしているとされ、仙道に伝わる熟女や老婆
の姿が忘れられている。だから、ダライ・ラマのように再教育が必要な中途半端
な成果しか得られないのだろう。
e8f341c8 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-10 20:44
>>84b9f314

うむ。彼女はネパール語で受け答えができて、俺が昔通っていた大学の言語学者
とネパール語ネイティブにも検証され、完全なネイティブレベルにあることが確
定した。ただ、彼女は退行中でしかネパール語を話せないらしい。
9b140b69 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-10 21:02
菜園の外在化ではメドゥーサを見ることがない。幽体離脱でも出てこない。死や
出神など、もっと大量の何かが肉体から離れる時に、メドゥーサは現れるのだと
思う。

幅度がメドゥーサを見つけることができなかったのは、「より以前の似たような
出来事」を探すのが過去を探る典型的な手法だからだ。生きている間の出来事に
似ている出来事をたどっても、メドゥーサを見つけることはできない。

メドゥーサに従うと、たぶん、記憶が封じられるか、一生涯用の心が破棄される
ことになる。記憶を維持している人はメドゥーサを無視しているのだ。

記憶再生者は、中間生で、メドゥーサの指示に従う人々を見ることがあったらし
い。一方、メドゥーサを無視する人を見たという証言は人類史に皆無だ。だから、
メドゥーサはインプラントステーションではなく、各人の心に備わっている装置
だろう。

メドゥーサを知らずに記憶を維持できた人もいる。そういう人は、生まれてすぐ、
「私の仕事はどうなってるのよ!?」などと言うのだそうだ。仕事が気になって、
メドゥーサを無視したのかもしれないね。
4be1f01d Jack 2016-06-11 07:13
>>9b140b69

俗に言う臨死体験と言われるものも、中間生の出来事も、生理的な現象と個人的なファクシミリの心象映像、そしてインプラントによるものによるものに正確に分類できないといけませんね。

LRHが心には一万以上のメカニズムに分類されると述べたように、心というものは心理学やダイアネティックスでは到底語り尽くせぬほど複雑怪奇なものですね。
59162dc1 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-11 11:06
>>4be1f01d

そうだね。

俺は一般的な出来事として現時点のインプラントステーションに懐疑的だ。現代
の技術では、ニュートリノのような素粒子すら検出できる。素粒子の働きを利用
した乱数発生装置すらある。インプラントステーションが地球にあれば、大量の
魂が肉体とステーションを往復するので、もうとっくに奇妙なエネルギーの流れ
が発見されているはずだ。

太母はたぶんインプラントの結果できた忘却装置で、魂それぞれが持っている。

クリアーでも、新OT VIIIでも太母は消えていない。だから、複数の心があるの
か、心に複数の軌跡があるのか、いずれかなのだろう。(表現の違いは意味論的
なことだ。)

複数の視点と複数の軌跡を大姉で扱う拡張大姉というものが自由領域にはある。
http://freezoneearth.org/r3xd.html

これは新時代大姉などでクリアーになった人にも使える。何らかの工夫をすれば、
太母を受け入れた出来事を消去できるかもしれない。
cd2a468a Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-13 10:38
語学ネタ7

バイリンガルには平行と遂次がある。並行バイリンガルは二つの言語を同時に習
得した人、逐次バイリンガルはどちらかの習得が遅れた人だ。日本に生まれ育ち、
高校生の時に留学すれば、逐次バイリンガルになる。

逐次バイリンガルのその後の語学力を知人の範囲で調べてみた。

日→英:概して英語が弱い。英語ネイティブ間の会話を聞き取れる人はまれ。

日→英→仏:英語は極めて強く、フランス語も強いことが多い。

日→英→独:英語は極めて強く、ドイツ語も強い。

英→仏→日:フランス語は強いが、日本語は弱い。

仏→英→日:英語は強いが、日本語は弱い。

西→英→仏→日:英語とフランス語は強いが、日本語は弱い。

仏&柬→英→伊→日→韓:どれでも強い。

日→英→エ→+46ヵ国語:日本語の次にエスペラント語が強い人。「苦手な」中
国語でも大学で教えることができている。

どうやら、大事なことは、母国語以外で考える機会であるようだ。

英語を習得している日本人は、さらにフランス語やドイツ語を習得する際には、
英語で考えることが多い。「日→英」は弱いけれど、「日→英→仏」は「英→仏
→日」よりずっと強い。
080663d2 2016-06-13 20:49
この掲示板、良質ですね。

もし海外のFreeZoneやRon's Orgの良質な掲示板を知ってたら教えて頂けますでしょうか?
66abac16 2016-06-18 17:32
>>080663d2

知らないということですね。わかりました。
31bf8b56 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-18 19:11
この宇宙のゲームの根底ゴールは「生き残ること」(to survive)、ひとつ前の宇宙のゲームの
根底ゴールは「楽しむこと」(to enjoy)だった。だけど、旧根底ゴールは今も有効で悩ましい。「生き残ること」に
集中しすぎると「楽しむこと」ができないし、逆も然り。

そして、「楽しむこと」よりさらに古いのは、多分、「栄光に集え」(to join glory)だと思う。

かくして、主に、生存、享楽、名誉の中で、どれを優先するのか、俺たちは常に選択を求められる。
f72715a7 anonymous 2016-06-18 20:13
>>31bf8b56

宇宙人バシャールが提唱している「ワクワクすることをしなさい」(excite)などは、この旧根底ゴールに関係のあることなのでしょうか?
e73f0526 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-19 04:35
>>f72715a7

関係があると思う。いくつかの宇宙をまとめて考えると、こんな感じ。

魔法宇宙
 旧根底ゴール:栄光に集え (join glory)
 新根底ゴール:楽しめ (enjoy)



物質宇宙
 旧根底ゴール:楽しめ (enjoy)
 新根底ゴール:生き残れ (survive)



その下の宇宙
 旧根底ゴール:生き残れ (survive)
 新根底ゴール:存続せよ (persist)

「生き残れ」というゴールは必ず失敗する、つまり、肉体は必ず死ぬ。すると、俺たちは墓を作り、
死者のために「存続せよ」を代行しようとする。

戦争で人がたくさん死ぬと、俺たちは性的に活発になり、慰安婦を相手に「楽しめ」を追及したり、あるいは、
靖国神社などに英霊を合祀したりして、「栄光に集え」を実践しようとする。でも、ここには必ず逸脱がある。
だって、「楽しめ」や「栄光に集え」をここで実行するのは死者ではなく正者だから。

俺たちは他者のゴールを幾多も代行している。
3a85a611 anonymous 2016-06-19 11:28
>>e73f0526

詳しくありがとうございます。
このような図式にあるとしたら、私たちの人生の目的はどのようなところにあるのでしょうか?
生き残りつつ、もっと楽しむ?
または、これらのゴールを目指すということ自体にも意味はないのでしょうか。

時代によって、存続せよ的なメッセージが流行ったり、バシャール的なメッセージが流行ったりしてる
気がするのですがこれも新旧宇宙の影響なのかな、と考えると面白いです。
137c5da4 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-19 13:26
>>3a85a611

人生はゲームで、それ以上の意味はない。ただ、設定されたゴールについて知っていると、いろいろ役に立つことがあると思う。

例えば、「生き残れ」を追及しているときに問題が起こったら、「楽しめ」にも目を向けてみると、問題が
解決されるかもしれない。それっぽいのには、「引き寄せの法則」みたいなのがある。

あるいは、「栄光に集え」をアシストに用いることで、多くのチャージを手軽に解放できるかもしれない。

これは自由領域で知られたソロのアシストのようなものだが、「栄光に集え」と思いながら、あるいは、
声に出して唱えながら、眉の鼻側の端、目じりのそばの骨、眼窩の下側の骨、鼻の下、下唇の下、腕の下で
肋骨が一番出っ張ったところ、手の薬指以外の爪の根元、空手チョップでぶつけるところをそれぞれ5回から
6回くらいごく軽くたたくと、多くの人に体調や情緒の改善をもたらすことができる。
1788baaa anonymous 2016-06-21 20:04
こちらの掲示板を拝読していてビッグバンが無かった説を知り、その検索をしていたところ
アインシュタインの相対性理論も間違っているという説も多く出てきました。

光速度不変の原理についてはどうなんでしょう?
幅度がアインシュタインや相対性理論について言及したことはあるのでしょうか?
87d16b5e Jack 2016-06-21 20:33
>>1788baaa

アインシュタインは、もし光の速度で光を見たらどうなるだろう?その場合、光は消える(つまり止まって見える)だろうか?

そんなはずはない。もし、光の速度で光を見ても光は光であるはずだ。とアインシュタインは考えました。

その結果、光の速度はどの座標系においても固定されることになりました。

ゆえに、光の速度をどの座標系においても一定にするために時間と空間をいじらなければならなくなったのです。

これが、相対的時空概念の一種であり、相対性理論と言われるゆえんですが、私に言わせれば単に数学的な操作に過ぎません。

前に述べたように、時間そのものと時間のラベルである時刻は異なります。

計算上で、時刻がいくらズレようが、それは単に数学的な操作の結果に過ぎません。

私は、アインシュタインの思考能力は、ニールス・ボーアと比較しても非常に低いというか、浅いと感じます。

サイエントロジーでは、公理において完全なデュプリケーションというものがあります。

これを、アズイズというのですが、完全な複製を創造すれば、それは見掛け上消えることになります。

宇宙は運動していることで成立しています。光も同様です。

もし、サイエントロジーの公理に基づいてアインシュタインの思考実験を行えば、どうなるでしょう?

デュプリケーションの概念とは若干異なりますが、光を光の速度で見たら光は(アインシュタインの〝信仰〟に反して)見掛け上消えるでしょう。

サイエントロジーでは、宇宙も光も一種のイリュージョンです。もちろん、「汝と我合意せり」ゆえのイリュージョンですが。

アインシュタインの相対性理論の前提は物体の運動は光の速度を超えてはならない(超えることは不可能)というものです。

しかしLRHは、講演の中でアインシュタインは単に光の速度を超える物体や運動が存在するという事実を知らなかっただけだ、と述べています。

この一点だけでも相対性理論が根本的欠陥を抱えていることがわかるでしょう。
006fdc41 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-22 07:05
>>1788baaa

幅度は屈折が光の速度を遅くすることを指摘しているが、これは物質と光の関係の話で、アインシュタインが扱っていた空間と光の
関係の話とは全然違う。水の中で光の速度は確かに遅くなるのだが、これは、分子による光の吸収と放出があるためで、分子間の
真空では通常の速さで光は進んでいる。
c8313a15 anonymous 2016-06-22 09:39
>>87d16b5e
>>006fdc41

ありがとうございます。
アインシュタインの理論はわかりやすい理屈で時間と空間はイリュージョンであることを解説してくれていると思います。確かに粗はあるかもしれませんが、幅度も相対性という点ではそれなりに認めていたのでしょうか。たとえ光の速度以上の運動があったとしても、その物体の時間が合わせられることもあるのなら相対的であるといえます。

それにしても、菜園の扱う範囲は膨大ですごいですね。
いったい幅度の思想・思考はいったいどこからやってきたのでしょう?

宇宙人とのチャネリングとか?!
52fdf018 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-06-26 22:17
スペアミントとジャニパーの香りを混ぜ合わせると、この生涯中の出来事を扱う際の処理効率が上がることがあるとか。幅度は
コーヒーが良いとしたが、もっと良いものも見つかったようだ。こういうちょっとしたことにも時折進歩があるものらしい。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/961/6.2MB)

Powered by shinGETsu.