Freezone

df322c3a Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-19 13:43
OTレベルを振り返ってみる

廃OT I ― このレベルはすでに取り消されているようだ。基本的に、外を歩き回り、様々な人間を観察するもの。

新OT I ― ソロでのルードメントの練習。

……つづく
e4b55e7d Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-19 14:52
OT II ― 廃新OT Iと比べてずっと大きなレベルになっている。ここでのソロ聴聞の方法はCCと同じだ。つまり、OT IIは
部分的にクリアーの前にも関わっている。内容はいくつかの出来事に限定されたGPM処理だ。だから、当然、より一般的な
GPM処理はどこに行ったのかという疑問が残る。余談だが、このレベルで、自分がクリアーだと認定された理由もわかる。
89890ea7 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-19 16:54
新OT III ― BT処理なんだが、これもいくつかの出来事に限定されている。このレベルはだんだんと軽く
扱われるようになっていき、長々とOT IIIを続ける準OTへの対処は、1981年の『OT III AND OT III ATTEST』で適当な
ウィンでも見つけてそれでよしとして、NOTsに進むように促すことになった。つまり、新OT IIIケースが残っていても、NOTsで
処理できるのだ。
d461840e K 2016-08-20 05:50
>>89890ea7

教会の新OTⅤであるNOTsと、新OTⅦのソロNOTsは何が異なるのですか?

教会は、ソロNOTsを神聖視していて、ソロNOTsの実践者が何万人かに達すれば、惑星のクリアリング(地球上のセータとエンセータの割合が逆転し、ダウンスパイラルから抜け出せる)が実現できると吹聴しています。

実際、教会の新OTレベルの人の話によれば、OTⅢから新OTⅦまでは同じ主題(つまり、BTsやクラスタ)を扱っており、新OTⅦはその完了であって、バンクつまり反応心は全てOTⅦまでで処理できるという話でした。つまり、ケースの修了ということですが、私は納得はできませんでした。

また、ソロNOTsは自分のケースだけでなく、他人のケースも扱うことになるという話もありました。これは、どうやら自己の分岐した兄弟セイタンとは関係無いようで、その人は言える範囲で、様々な人のケースを処理することになるのだと語っていました。

これは、私たちが知らないうちに参加している様々な「無意識のゲーム」に関わる人々のケースを処理していくということでしょうか?だとすれば、ロンズオーグのブリッジで当てはめれば、かなり高度なレベルを処理していることになると思います。
7d152913 K 2016-08-20 06:24

教会では、最近技術の黄金時代パートⅡの一環として、OTレベルが見直され、その結果、旧OTⅠが復活した。旧OTⅠは、クリアリングコース経由のクリアーが行い、NED経由のみのクリアーは従来通り新OTⅠを行う。理由は不明だ。

新OTⅠは、テレパシーを含むOT現象の処理を扱う。OTⅢ以降は、テレパシー能力が必須となるので、これはプリOTレベルの最初の内容としては適切だと思う。

なお、技術の黄金時代パートⅡ以降、グレードⅣが大きく変わった。それまでは、グレードⅣではサービスファクシミリを完全には消去していなかった。NEDで扱うサービスファクシミリは、放置したままだったので、サービスファクシミリを開いて再刺激したままになる可能性があった。

そこで、グレードⅣであってもサービスファクシミリの処理に関しては、NED扱うようになった。オーディタートレーニングでも同様に、グレードⅣでNEDを勉強することになった。

細かい変更点は、その他限りなくある。
34086df3 K 2016-08-20 19:01
>>d461840e

誰かが、教会版の新OTⅦのソロNOTsを実践していると、その人と関わりのある他の誰かがクリアーに昇ったという話を聞いたことがあります。

もちろん、クリアーに昇ったという人は、勝手にクリアリングされたのではなく、自力で昇ったということです。

これは、どのような原理やメカニズムに基づくものなのでしょうか?
a991a1ec K 2016-08-20 19:41
>>34086df3

補足。

念のため、説明すると、教会のプリOTがソロNOTsで処理していた人のケースには、そのソロNOTsの実践期間中にクリアーに昇ったというその本人も含まれていました。つまり、教会のプリOTがソロNOTsである他者のケースを処理し、その結果、その他者が教会のブリッジをクリアーまで自分で昇ったということです。
e02406b9 K 2016-08-20 22:12

OTⅢでは、テレパシーを用いて、BTsやクラスタを処理するということですが、テレパシーを日常で使えないプリOTがいるのはどうしてでしょう?

それは、結局、OTⅢのジヌーケースと呼ばれるものを信仰して、BTsが存在すると信仰し、さらにEメーター状の反応をBTsが離れたと解釈(これも信仰)し、曖昧な最終現象で修了している人が多いということではないでしょうか?

つまり、やったつもりになっているのではないか?ということです。(これは、当然、NOTsにも言えます)

私の知っている新OTⅠ(当時)の人は、猫や犬ともテレパシーでコミュニケートできましたし、ビーイング(幽霊)とTRを行うこともできました。

当時、私はプリOTならば、そのくらいできて当然だと思っていましたし、その人は、通常の人と明らかに違うオーラ(華という表現が一番ぴったりです)を持っていましたので、プリOTレベルになれば、みんなあんな感じになるんだなと漠然と考えていました。

しかし、その後、自分の一つ前の過去生も想起できない、テレパシー使えない、オーラない、コミュニケーション能力も、おまけにトーンも低いプリOTレベルもいるとわかって、ショックを受けたものでした。
c6d71948 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-20 22:29
>>d461840e

俺が所持しているNOTs資料を読む限りでは、新OT VはNOTsのデモンストレーションという意味合いも
あるように思う。本質的に、ソロNOTsと同じものだ。

BTは他の魂だから、自分の体の中や周囲にあるBTを取り除くということは、そのBTに目を覚まさせ、自由に
するということでもある。こう考えると、NOTsは自己ではなく他者を扱っているともいえる。

俺たちが見る心象映像は自分自身のものもあれば、BTのものもある。BTが減っていけば、俺たちは他者の
心象映像によって思考を妨げられることが少なくなる。こう考えると、自己を扱っているといえなくもない。

>>7d152913

開業クラスX IIによれば、旧OT Iは幅度によって正式に取り消されたはずだ。復活した理由は本当に謎だ。
だが、オブジェクティブなプロセスで、陽光とあまり変わらない。大して意味はないと思う。

もともと新OT Iの内容はルードメンドだけだった。教会でそれにいろいろと加わっているとすれば、それは
新々OT Iとでも呼ぶべきものなのかもしれない。まぁ、OT IIとくらべて新OT Iは簡単すぎたから、もうちょっと
内容を詰め込んでもよいとは思っていた。

もともと、グレードIVで見つかったSFをNEDでも処理していたんだが、この処理をクラスIVがやるなら、クラスIVは
すごく難しいね。クラスIIIにはないプレプチェックと再L&Nに加えて、NEDが出てくるんだから。逆に、
クラスVではほとんど学ぶことがなくなりそうだ。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38

limit: 1536KB

(Freezone/769/7.1MB)

Powered by shinGETsu.