Freezone

bb29718b Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-21 06:40
引き寄せの法則というのがある。いろいろな人を経由して最初のものとは似ても似つかないものに
なったりしているが、オリジナルはロンダ・バーンの著書だ。

やり方は、おおざっぱに言えば、

・理想を具体的に思い描く
・感情を基準にしながら、具体的に行動する

ということだ。具体的な行動を求めていることに注目してほしい。

思い描いた理想があれば、それに近づく行為には心地よい感情が、それから遠ざかる行為には不快な感情が
伴う、というのが、引き寄せの法則の実践上の行動原則だ。

だが、もちろん、菜園では、逸脱というものがあることが知られている。逸脱によって、理想から遠ざかる行為に
心地よい感情が伴い、理想に近づく行為に不快な感情が伴うこともある。

ケースレベルが上がれば、感情が正しい確率は向上する。つまり、引き寄せを実践しやすくなる。

孔子曰く、「七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)を踰(こ)えず」(七十歳になると、もはや心の
思うままにふるまって、しかも道義から外れることが無い」は、逸脱を乗り越えての引き寄せの法則の実践で、
起こり得るかもしれない。
fcc1ec4e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-21 07:39
1985年ごろ、幅度はNOTsの簡略化を考えていたようで、関係者の証言から、HCOBにすればたった1ページに
収まる上級NOTsなるプロセスの存在がうかがえる。橋の最小化に向けた動きはすでにあったのだ。だが、
最小化に向かう最初の流れは、おそらく、1969年の旧OT VIIIで始まったのだと思う。

旧OT VIII ― 大姉を使わずにエングラムを処理する方法が書かれている。クリアー以上に大姉を使わないのは
聴聞の鉄則の一つだったが、BTが処理された後に、当人のケースにまだ処理されるべきエングラムが
残っていることを、旧OT VIIIは示唆している。プロセスそのものは5つのコマンドからなり、どれも
低いグレードのどこかで見たことがあるようなものばかりだが、極めて状態が良い魂にとって、大姉を超える
効果があるとされている。

行動を掘ることをやめ、擂鉢状に削ろうとする発想は、既に幅度にもあった。そして、低いグレードでは
チャージの解放しかもたらさないコマンドも、高いグレードでは消去をもたらしえることに、幅度も気が
付いていたのだ。
7b85eca9 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-21 08:01
新OT VIII ― 旧OT VIIIとの関連性が強く、しかも、壮大な雰囲気があるレベルだ。しかし、関連する理論は『A History of Man』、
技術全集第1巻のDAB、『The Creation of Human Ability』で既に語られている。1950年代前半を菜園黄金期と俺が
呼ぶのは、上位レベルの理論がすでにその時代に確立しているからだ。
b48ac294 K 2016-08-21 17:20

以下、個人的論考につき、である調の文体で失礼する。

サイエントロジーにおける現行技術の欠陥は、コマンドつまり言葉の言い回しとEメーターへの依存(偏重)である。

そもそも、コマンドは手段の一つであって、その目的は、プリクリアーとのコミュニケーションである。

例えば、現在の教会はスーパーパワーをリリースしたが、英語圏の多くの人が、スーパーパワーを受けてクリアーになったという報告がある。

スーパーパワーでは、最後のランダウンで知覚の回復を扱う。知覚の有無は、NEDの核であり、前提条件である。

私の経験では、知覚さえ回復していれば、セッションは半分以上終わったようなものである。スーパーパワーの知覚のランダウンでクリアーになれるのも、むしろ自然に思える。

教会のスーパーパワーを工夫すれば、将来的には、グレードプロセスもNEDも用いずにクリアーをもたらすことも可能となるだろう。

つまり、コマンドを扱わずとも、スーパーパワーの知覚のランダウンのように、知覚を直接的にリハビリテートすること(これもプリクリアーとのコミュニケーションである)によって、雑多な主題を扱わずともケースを処理することが可能である。

LRHも語っているが、より良いプロセシングとは、その主題を扱わずにその主題を(包括的に)処理できるものであると思う。

つまり、コミュニケーションや問題、サービスファクシミリ、オバート-モティベーターといった個別の主題やアイテムに立ち入ることなく、結果として処理してしまうということだ。

freezoneのテックの弊害は、サイエントロジーのテックの大半がコマンドによって構成されているために、コマンドをいじることで、何かテックが飛躍したかのような勘違いをもたらすということである。

それは、本質を見誤っている。サイエントロジーのテック=コマンドではない。テックの本質は、決してコマンドではないのである。コマンドは、リーチするための一つの方法として慣習的に用いられていたにすぎないのである。形式だけ真似して、テックを開発したつもりになっても、LRHの意図と同等の結果は得られない。

今後、サイエントロジーのテックを新たに開発・改良していくならば、形式ではなく、意図や本質を見なければならない。そして、固定観念や慣習に捕らわれることなく、あらゆる可能性に目を向け、全体系を俯瞰的に(つまり有機体的に)見直していかなければならないと思う。
2dd3f763 K 2016-08-21 18:03

オールドタイマー氏のOTレベルの論考を読んでいて、不思議に思ったことがある。

それは、教会はなぜ、OTマテリアルをわざわざ、極秘にしなくてはならなかったのかということである。

マテリアルのデータは、全軌跡に関するもの(例えば、ジヌー事件など)と心の構造に関するもの(例えば、BTsやクラスタなど)、そして、テックに関するものに大別できると思う。

この中で、テックに関するものは除いたとしても、全軌跡上の出来事や心の構造に関するもの(データ)は公開してしかるべきだ。むしろ、プリOTに、無駄な疑いや不信感や拒否反応を起こさないためにもそれが必要だろう。

サイエントロジーが社会的に、宗教としての認知や正統性を確立していないのは、OTマテリアルの機密性と非公開の方針に由来していると思う。カルトと認知されるのは、そこがネックなのだ。

では、普通に考えてみよう。アースライカスやマーケイブ連邦は良くて、なぜそれより最近の出来事であるはずの、ジヌー事件はダメなのか?

なぜ、マシーン(機械仕掛け)やリッジやエンティティは良くて、BTsやクラスタはダメなのか?

公開すれば、サイエントロジーが胡散臭いと思われたり、バカにされたりすることを心配しているなら、それは杞憂だろう。一般人からすれば、『人間の歴史』はよっぽど変であり違和感を感じるはずだ。一般人から見れば、『人間の歴史』もジヌー事件も大差ない。パブリックから見れば、ジヌー事件は想定内だ。

公開しないからこそ、サウスパークなどで茶化されるのだ。公開していないのだから、反論も弁護もできないのだ。

再刺激的だというなら、聖書の創生紀や黙示録のほうが、よっぽど再刺激的だ。

キリスト教では、ルシファーは悪の象徴だが、サイエントロジーではジヌーが悪の象徴であるだけだ。サイエントロジーでは、ルシファーはむしろ好意的に解釈され、キリストは侮蔑的に解釈されるという違いはあるにせよ、それは宗教上の教義の違いでしかない。

教義は宗教で違って当然だ。反西洋的だからといって公開をためらう理由はない。グノーシスだって反西洋的である。

サイエントロジーも教義を公開すれば、社会的認知を得るだろう。誰にでも、議論や批判の対象となることはむしろ歓迎すべきだ。聖書が胡散臭いからといって、大々的に批判する人間はいない。

それは、宗教として社会的認知を得ており、人々はそういうものだと受け入れているからだ。もちろん、誰にでも聖書は議論や批判の対象となることが可能だ。

サイエントロジーがOTマテリアルのデータを隠し続ける限り、教義をバカにされたり、カルト扱いを受け続けることは避けられないだろう。
a86502f2 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-21 20:57
>>2dd3f763

ほぼ全面的に同感だ。

技術的なデータについては、たぶん、もともとはクリアーコグを部外秘とする必要性から、秘匿されるように
なったのだと思う。しかし、多くの人が経験したとされる出来事を秘匿する必要はない。
b3b735f9 K 2016-08-21 23:18

オールドタイマー氏に質問します。

教会の新OTⅧは、GEのアンカーポイント(電場)の調整と何か関係しているのでしょうか?

というのは、フリーウィンズで新OTⅧを見たという人物から、新OTⅧのGEのアンカーポイントである金色のゴールデンボールの構造が、外側から見えたという証言があったからです。

以前のスレッドでも、教会の新OTⅧを間近に見た人が、ボディーが金色に輝いていたという書き込みがあったのですが、おそらくこのGEの電場構造の発光現象だと思います。
9adec308 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-22 05:39
>>b3b735f9

新OT VIIIは借用人格処理、真実と嘘に関する直視、OT能力の試し打ち、NOTsの裏でできている。GEに関係している
ものがあるとすれば、NOTsの裏だろう。
02e6d08e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-23 23:01
clearcog@outlook.com というメールアカウントを作った。裏話はそっちによろしく。ただし、俺の返信はあまり
素早くはない。

教会や論'sで橋を昇ろうとするならば、良い組織を選ぶのが大事だ。職員の表情が明るい組織でなければ、
聴聞がうまくいかないこともある。

資料を読み込み、自分で橋を作ろうとするならば、UCPは内在化処理用にもほぼ必須で、他に、少なくとも
問題、GPM、BTを扱う必要がある。

いずれにせよ、技術について学び続けることは、聴聞にかかる時間や費用を大幅に削減してくれる。
ea05314d anonymous 2016-08-24 13:05
>>02e6d08e
幅度の講演、goldendawnなどで行われたグループプロセシングの音声をソロのサポートに使うことはできますか? それともあまり役立たないものでしょうか。壁や受け入れられるものを見つけるなど、幅度の指示が間をもって続くものです。
1be74c7e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-24 19:46
>>ea05314d

ソロのほとんどは声を出さないで行われるし、コマンドへの返答にかかる時間も人それぞれだから、過去に
録音した音声が役に立つようには思えないけど……UCPでもそういうことをやろうとした人がいたことを思い
出した。その後の経過はどうなのか聞いていない。
e5385a89 K 2016-08-25 06:04

オールドタイマー氏に質問します。

オールドタイマー氏は、前世の言語能力をクリアーになってから回復できたのですか?

どのようなきっかけで、言語能力を回復できたのでしょうか?

単なる、前世の断片的想起ではなく、言語能力を回復させたいと強く思います。

英語を表面的に翻訳できても意味無いからです。英語のネイティブのニュアンスでマテリアルを学びたいからです。

最近YouTubeで、前世の私の講演録音を聴いているのですが、英語なので意味がわかりません。

なぜ、自分の講演が理解できないのか、悔しい思いです。

オールドタイマー氏は、以前にメタ言語能力が必要と言っていましたが、何かコツのようなものはありますか?

かなりの強引な手法でも構いませんので、アドバイスをいただきたいです。
416d4bf0 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-25 09:38
>>e5385a89

俺はピアノラケースだから、もともと記憶や技能の再生に優れている。ARC SWでOT II並みだった。その代わり、
ピアノラケースは感情的なチャージの処理に苦労するし、行動力の回復も遅い。

言語能力については、気長に聴聞を続けるよりほかはないと思う。前世の知人に遭遇すると急激に
回復することもあるが、それは運頼みだからね。

まず回復できるのは言語の文法や語法についての直感的な理解だ。つまり、ある文が文法的、語法的に
正しいかどうかを瞬時に判定できるようになる。ただし、これが現代の標準的な文法や語法と合致するとは
限らない。人の話し方は時代や教養水準によりかなりばらつきがある。

遅れて語彙も回復してくる。知らないはずの単語をふと使ってしまうようになる。ただし、意味と使い方が
数百年前のもので、辞書には載っているけれど、現代人に通じないなんてこともちょくちょくある。英語の「nice」は
もともと「foolish」とほぼ同じ意味を持っていた。

一方、聴き取る能力はよほど高いレベルに達しなければほとんど回復しない。これは、聴覚が肉体に大きく
依存しているからだ。肉体に依存しない視聴覚を実現するには、常時外在化が必要になる。
a5e25a43 K 2016-08-27 09:25

オールドタイマー氏に質問です。

オールドタイマー氏は、資格認定部門の上級C/Sもされていたということですが、オーディターと比較して、C/Sにはどのような素養が必要となりますか?

もちろん、C/Sは熟練したオーディターでなくてはならないわけですが、C/Sに求められるオーディター以上のハットとはなんでしょうか?また、実際の実務ではどのような仕事が中心になりますか?

HCOB(OTレベルのマテリアル以外)のC/Sシリーズを読んで、オーディターとC/Sの技能を詰め込みで習得する場合(メータリングまでは可)、どのようなプログラムで進めていくべきだと思いますか?

事情により、教会のクラスⅤ以上までの技能を身に付ける必要があります。教会ではないので、インターンシップは行いません。クラス0からクラスⅤまでをまとめて身に付けるつもりです。そのため、オーディタートレーニングとC/Sトレーニングを同時平行で学ぼうと思っています。コーチは無しなので独学ですが、現時点では手順が一通り身に付けばOKです。あと、オールドタイマー氏は、ピュアリフのC/Sは担当されていましたか?ピュアリフのC/Sのハットについても知っていれば教えて下さい。
959276ea Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-27 23:19
いや、ケース監督経験はないよ。俺の担当は、広い意味での技術の修正だ。だから、聴聞士も、
ケース監督も、はたまた運営職も、ほぼすべての職員が、俺の職務の対象だった。俺が担当したことにない
職員は当時の組織の上級ケース監督と特別業務担当職くらいのものだと思う。

ケース監督は各ケースのためにPP(修正プログラム)やAP(通常プログラム)を組み、聴聞士を指導し、
時にはコースルームにさえ影響力を行使する。また、実際のところ、聴聞士がケース面で問題を抱えている
場合、ケース監督が聴聞を施すことも少なくない。だから、技能を維持し、なおかつ、技術の生き字引的な
存在になる必要がある。

だが、ケース監督としての本来の仕事で大事になるのは、やはり、Q&Aを深く理解していることだと思う。Q&Aが
生じれば、聴聞の本来の効果は損なわれる。Q&Aはセッション中に生じることもあるが、たとえ各セッションが
正しく行われていても、プログラム全体にQ&Aがあれば、その程度に応じて聴聞の効果は損なわれる。
さらに、営業担当からの影響で技術部門全体が著しいQ&A状態に陥ることもあり、ケース監督はそれを防ぐ
最終的な責任があるように思う。

Q&Aについての理解は、橋の構築にも重要だ。聴聞中に得たコグを橋の改良に反映させようとすれば、それは
まず間違いなくQ&Aになるだろう。
1adf7708 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-28 00:02
>>a5e25a43

訓練に際して必要なのはチェックシートだ。チェックシートに従って学んでいかなければ、技術の取りこぼしができてしまう。

HCOBにあるのは技術のほんの一部分なので、録音された講演も入手する必要がある。ほとんどはSHSBCに
含まれるので、ネットに転がっているSHSBC全講演のMP3ファイルをまとめて手に入れておけば、後々役に
立つことだろう。

ピュアリフのケース監督の経験ももちろん俺にはない。だが、向精神性の薬物を常用していた過去がない人に
ピュアリフは多分必要がないし、ピュアリフの理論そのものからも、ピュアリフはちょっと危ない。ナイアシンを
大量に摂取しても、他のビタミンの摂取量も増やせば問題がないとするのが、ピュアリフの理論の一つだ。
だが、ピュアリフが開発されて以降、実に多くのビタミンが発見され、あまりに数が多いので、もうアルファベットが
付かなくなったくらいだ。

健康で長生きしている人がとっているサプリは、化学合成されたビタミンの塊ではなく、食物を丸ごと
加工したものだ。人類がまだ発見していない栄養素はまだまだあると思うから、栄養構成が単純な
化学合成ものにはリスクがある。
4ff6ebb1 2016-08-28 06:30
>>959276ea

クラミング・オフィサーですね
b8205553 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-28 10:25
>>4ff6ebb1

それが主な帽子だったが、同時に、RRサイクルを担当する聴聞士を兼ねていた。やっていたことを
全部まとめれば、組織図のCorrection Officerに相当する。

聴聞技能そのものに優れていたのではないが、柔軟性と観察力を買われてのことだ。まじめすぎず、
鍛えられすぎていないことが、柔軟性や観察力につながったのだと思う。技術部門で成績は低かったが、
一度も新たなRRを出したことがなかったからだろうか、海組織の上級ケース監督が東京に俺を
技術修正担当に回すことを提案した。
6c7c85d0 2016-08-28 13:47
>>b8205553

私の観察では教会職員でDataSeriesを学んで実践している人は本当に僅かしかいないと思うのですが
OldTimer氏はスタッフだったときや現在の投資活動においてなど、DataSeriesのデータは
意識的に活用されていますか?

以前、Windows標準デフラグソフトウェアの社長(?)がDataEvaluatorコースを称賛していました。
OldTimer氏はそのデフラグソフトウェアの翻訳をしていたんですよね?(OldTimer氏の過去スレでそんな記述があった気がする)

私はDataSeriesのデータはマスターすべき重要理論&テックとして位置づけています。
なので時間を見つけてはDataSeriesを読んだり、日々そのデータを用いてデータ分析したりするようにしています。

OldTimer氏はクラミングオフィサーのHatを被っていたということは
DataEvaluatorコースは終わっていると思います。そのデータの適用経験や考察などを教えて頂けたらと思います。

ちなみにOldTimer氏は20代で教会を去った後に何か事業を起こしたりしましたか?
518c9c8c anonymous 2016-08-28 16:15
オールドタイマーさんに質問です。
来世への記憶の持ち越しについてですが、食事の前に手を観ると良いと書き込みをしていましたが、どういう理由からなのですか?
何か注意事項やコツはありますか?

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/951/7.2MB)

Powered by shinGETsu.