Freezone

0c4da5e3 anonymous 2016-08-09 20:26
>>ac5d3f75

訂正。

スタッツは傾向である→コンディションは傾向である
ba6c1925 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-09 21:41
アフルエンスの公式は倫理公式で唯一いつも使える公式だと思う。

アフルエンスで個人やることは、組織がやることとちょっと違う。

1) 節約する
2) 無駄なことをやらない
3) 利潤(gain)をしっかり確保しておく
4) アフルエンスにつながった理由が身近にあれば、それを強化する

となっている。宝くじ高額当選者がこれらを守れば、その後の社会的転落を防ぐ
のに効果的ではあると思う。

節約するのはある意味当然だ。

資本主義において、利潤(gain)は、長期投資におけるキャピタルゲインやインカ
ムゲインのように、当人の労働と交換せずに得られた価値を意味する。

宝くじで当選した時にもらうお金は利益ではなく利潤(gain)だ。だから、全く使
わずに確保しておくのが正しい。

アルフエンスを引き起こしたのは、もちろん、ごく僅かには宝くじを買うという
行動もあっただろうが、それを当選させたのは抽選機だ。抽選機は身近にはなく、
その働きを強化することはできない。利益のごくわずかな部分を宝くじの購入に
充てるのは悪くはないかもしれないがね。
6afb62fa anonymous 2016-08-09 22:01

もし、LRHがコンディションの公式に従って、「それがうまくいっている限り行動原則を変えずにやり続ける」といったスタイルであったならば、サイエントロジーの技術的発展は無かっただろう。

LRHは、うまくいっている時に、更にうまくいく方法を追求し続けた。

あと、スタッツが下がっている際に、ローアーコンディションを指定するのはやめるべきだ。

スタッツが下がっている時ほど、深刻になってはいけない。ローアーコンディションを指定して、締め付けを強化すれば逆効果になり、抜け出せるものも抜け出せなくなる。

サイエントロジー(教会)も建前では、自由とかゲームの精神と言っているが、実際の運用では全く生かされていない。
1cb0e01b Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-09 22:04
公式の中では、ほかに、「無存在」もまぁまぁ使えるし、「危険」もそこそこ使
えると思う。ただし、判定をどう客観化できるのかという課題は大きい。

使えないのは「緊急」と「通常」だ。

様々な戦略には一時的不調があるが、その都度戦略を変えてしまうと、長期的に
はうまくいくはずの戦略を捨ててしまうことになる。

そして、全体が順調ならば、やり方を変えたほうがいい。自分が順調ならば、反
対側では、誰かが不調に陥っていることが多いからだ。つまり、ある人の順調は
別の人の不調の裏なのだ。不調の側がもう持たなくなってしまうと、順調だった
側にも問題が生じてしまう。その前にやり方を変えることを考え始めないと、た
いていは間に合わない。
6333f456 anonymous 2016-08-09 22:14
>>1cb0e01b

緊急のコンディションの公式にプロモーションとあるが、そもそもCSF(主要成功要因)を外していれば、いくらプロモーションに投資したところで、全く意味がない。

CSFは、小売業ならば立地であるし、シリコンバレーなら商品力である。

教会は、LRHの方針書に基づいて、顧客(パブリック)に大量のレターを送付しているが、単なるオーバーフローであって、効果は乏しい。
668ed1de Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-09 22:54
>>6333f456

成功要因は重要だが、「緊急」の公式の適用が成功要因を逃すことを助長しているのではなくて、まず
方針書の解釈が問題なのだろうし、加えて、目的変数にはノイズによる影響があることが無視されているのも
問題だろう。

時代により効果的なプロモーションは変わっていく。レターより今はツィッターのほうが効果的かもしれない。
レターを送る代わりに、ツィッターを使っても、幅度の意図から外れたりはしないはずだ。

また、ノイズによる影響はスタッツ解釈の際に無視されるべきだ。たまたま偶然に来る人が
少ないということもある。地球上で人間の人生が興味深いゲームとして続いているならば、人生の半分は
ノイズだ。
c263e21e Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-10 09:19
倫理公式のそれぞれは結局のところ「安定したデータ」(stable datum)なのだと思う。複雑な問題の取り組む
場合、どこかを固定することは解決に至る手段としてしばしば有効だ。だが、そういう問題を熟知し、軽々と
処理できるようになった段階では、最初に用いていた「安定したデータ」はもはや不要になる。
e9826839 anonymous 2016-08-10 19:04
>>c263e21e

教会のマネジメントを観るにつけ、コンディションの公式というアービトラリー(信仰やドグマ)に縛られて身動きが取れなくなっているように感じる。

コンディションの公式も含めたもマネジメントの方針書こそが、教会の拡張の一番のボルトネックであり癌になっていると思う。
436d74bb Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-11 06:58
>>e9826839

今、教会には競合相手がいる。

教会 vs (論's & 自由領域 vs 開業クラスIX以上)

こういう状況で、協会は効果的な手を打てていない。
ef9438b9 kamapasuo [garopata97@yahoo.com] 2016-08-11 10:31
Pharmacy obat voltaren dan acyclovir azithromycin what dose for 10 month old aturan minum obat azithromycin 500 mg can 50mg of metronidazole twice. http://tirehampost45.tumblr.com - And make the show its exclusive U.,
2dbaef46 getapabuw [sejinoi47@yahoo.com] 2016-08-11 17:55
In 3rd trimester pregnancy what would you need only 5 pills of azithromycin for purchase doxycycline coverage spectrum what is naproxen sodium vs norco. http://mortsatiwir15.tumblr.com - As used herein, a "Wound healing agent" Is a compound or composition that actively promotes wound healing process.,
4f8b2da5 anonymous 2016-08-11 21:16
>>436d74bb

教会、論's 、自由領域、 開業クラスIX以上からサービスを受ける場合のそれぞれのメリット&デメリットを教えていただけますか?

ちなみにOldTimer氏はOT9〜47までの人物に実際に会ったりしたことはありますか?
もしあれば、教会のOT(1 〜 8) との違いを教えてください。
b130394b anonymous 2016-08-11 21:39
>>4f8b2da5

訂正 OT9〜48
7ed2b9ba Old Timer 2016-08-12 08:30
>>4f8b2da5

俺は教会から離れているので、教会については偏見もあるかもしれないけれど、PC自身が聴聞士として訓練を
積んでいれば、聴聞の効率は数倍になり、費用はかなり小さくなる。極端な場合、低いグレードが終わる
前に、GF+40から新時代大姉を経てクリアーなんて幸運も、PC自身が聴聞士でなければ無理だと思う。橋を
昇るにつれて、だんだん菜園が辛くなってくるのは、教会の特に海組織の職員があんまり
幸せでないことがわかっちゃうからだと思う。旗のレストラン砂時計にあったピアノの椅子の中に、
デビー・クックさんの私物だったショパンの楽譜を見つけてから、俺はいつか教会を離れそうな気がしていた。

教会はむしろデビー・クックに旗COとピアニストの二足の草鞋を履かせようとしたほうが良かったと思う。
旗COがピアニストになるという夢もかなえたのならば、教会全体の雰囲気はぐっと明るくなる。トーンを無理に
高く見せようとしていることが痛々しく見えたりすることもなくなる。


006f3717 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-12 08:53
トリップが外れていたが、 >>4f8b2da5 を書いたのは俺だ。

>>7ed2b9ba

論'sは教会から宗教臭の大部分を取り除いたような組織で、海組織のようなものもない。ただし、最初の論'sと
現在世界のあちこちにある論'sが技術的に見て全く同じものを提供しているのかどうか、あまりはっきりはしない。
とはいえ、論'sにはクリアー、新OT III、(新?)OT VIIIでのごたごたが起こっていないのは確かなことだ。費用も
安い。語学ができて、聴聞士訓練を後回しにしたいなら、菜園本を一通り読んだ後、論'sに
行ってみるのはなかなか良いかもしれない。ただし、俺はOT 9以上に実際に会ったことはない。

自由領域では、時々休みを置きながら、単純な手順を長年にわたってソロで続けるという実践形態を
取ることが多い。手順についての徹底的な習熟が、自由領域の主な強みだろう。日々実感できる成果は
非常に小さい。主観的に感じるのは、数ヵ年のソロ聴聞の成果にある日突然気が付いて驚くということだ。
俺は今46歳だが、ドイツ語の文法書を読みながら、神経衰弱という記憶ゲームで小学生に易々と勝てる。
俺の現在の記憶力は中学生の頃の自分のそれを上回っている。

開業クラスIX以上は、基本的に、教会の新OT VIIIまでを提供できる。ただし、クラスVグラッドからすぐにクラスIXの
訓練に進んだ場合は例外になる。教会の橋そのものを教会から離れたところで昇りたいならば、開業クラスXIIを
探すのが一番だろう。特に、幅度から直接指導を受けた古参にしてクラスXIIは、彼らだけが知る特殊な
技法をいくつも持っていて、短い時間で劇的な成果を上げることもできる。
c89186cc Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-12 09:10
ポルターガイストはまだ時々起こる。物体の振動以外に風を切るような音も加わるようになった。

直接的な原因は、たぶん、力の試し打ちをしていることなんだと思う。

日本国内のとある人物を引き寄せようとしたら、アメリカ在住のフランス人が近く訪ねて来ることになった。

思うに、生肉もOTも、多分、持っている力の量は似たようなもので、しかも、その力をどこかで発揮しているのだ。
ただ、生肉の場合、力はこの宇宙やその他いくつかの宇宙に分散してしまい、目標に集中できない。まさに、
目標から逸脱するのだ。

俺もまだかなり逸脱していて、意図したところとは別のところに力がかかってしまうらしい。
738866bc anonymous 2016-08-12 15:09
>>7ed2b9ba

10億年も薄給で拘束されるのだから、深刻になって当然だ。

権威は与えられても、権限も給与も与えられない。

一般のスタッフに対して大きな顔はできても、教会の全体像はごく一部の上級役員だけが知るのみだ。

結局は、シーオーグメンバーは体のよい労働力であり駒に過ぎない。

LRHも罪つくりなもんだ。

なぜLRHは、晩年になってシーオーグのような既成宗教然とした出家制度なんかつくったのだろう?
66a2d007 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-12 16:39
>>738866bc

さあねぇ……晩年の幅度には人生に背を向けたところがいろいろとある。恋愛に否定的な見解を吐露し、
第二衝動の定義も書き換えてしまった。

俺にはあんまり理解できないことだ。何せ、この歳で、容姿にも経済力にもあまり恵まれてないけど、若い
女にのめりこんでしまうのはやめられない。
a6b6f8c7 anonymous 2016-08-12 17:20

1957年12月30日のLRHの講演

『コーズとエフェクト』より

「(宗教上の神の概念について述べながら)あなたが触ってはならず、全く何の影響も及ぼしてはいけないものはみな、遅かれ早かれ、あなたを不本意な、あるいは無意識な受け身にすることでしょう。そうですよね?そして、「何があっても、サイエントロジーの一部を変えたり、変更したり、これについて考えてはいけない」と私があなたに言うなら・・・私がしたのはもっぱら、もうひとつの怪物を仕組んだことだけです。そうですよね?それに、フランケンシュタインをつくる傾向が強すぎる世界では、もうひとつの怪物は必要ありません。」

もちろん、どういう場合ならば、そしてどういう基準であればどのように変えても良いかという議論は必要だろう。しかし、LRHが少なくともこの時点では、サイエントロジーの技術や体系を、私たちが改善すること自体を禁じてはいなかったことに注目する必要がある。
8bac2901 Old Timer i1b5ibip3kS 2016-08-12 18:53
>>a6b6f8c7

1954年にできた菜園人の規律では、こういう条文がある。

` 15. To stress the freedom to use Scientology as a philosophy in all
` its applications and variations in the humanities.

` 16. To insist upon standard and unvaried Scientology as an applied
` activity in ethics, processing and administration in Scientology
` organizations.

第15条は、人文科学の分野において、あらゆる適用や変化の形で、哲学として菜
園を使う自由を強調する責務を説いている。一方、第16条では、菜園組織の内部
において、倫理、聴聞、運営のいずれにおいても、規範的で変化のない菜園を適
用することを主張するのも、菜園人の責務となっている。

つまり、変化を許容する組織外部と、変化を許容しない組織内部という区分けが、
この時点で既に存在していたのだ。自由領域のようなものの出現は、遅くとも
1954年時点で、想定されていたことになる。

そして、目下のところ、教会は失敗している。KSWシリーズはきちんと使われて
はいない。幅度自身が出演している動画は最も高い信頼性を持つもので、それと
矛盾する文書類については、本当に幅度が書いたかどうか、確認する義務が教会
職員にはある。幅度の手書きの原稿などが見つからない場合、動画や講演と矛盾
する文書類を信じるべきではないのだ。

Top of this page. | <<last <<new 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 old>>

limit: 1536KB

(Freezone/1101/6.3MB)

Powered by shinGETsu.