Freezone

705e4537 anonymous 2020-02-13 20:19
>>906755c7

セイタン(アートマン)としての自己は不滅です。

スケールの頂点は「スタティックの共存」であり、融合でも一体化でも自己の消滅でもありません。これは、LRH自身の言葉です。

「幸いなことに、セイタンのノーイングネスは、アズ・イズネスの上位にあります。」

「仏教徒は、マインドを自己だと考えるという誤りを犯しています。ファクシミリ(記憶)は自己ではありません。ファクシミリが消えても自己は消えません。」

これらも、LRH自身の言葉です。

オールドタイマーさんの前回の主張では、スケールの頂点では、セイタン(アートマン)自体が消滅するという結論になりますので、それは誤りだと申し上げました。

スケールの頂点に至っても、被造物を観照する主体としての自己・人格であり、潜在的な無限の個性のベースである個体としてのセイタン(アートマン)は消えません。これが消えるというのであれば、サイエントロジーの前提が崩れます。

これを読んだ人が誤解をしてはならないので、これは明言しておきます。

Top of this page. | <<last 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

limit: 1536KB

(Freezone/189/0.3MB)

Powered by shinGETsu.