漫画

6d201d5e anonymous 2020-10-10 08:29
 なろう系マンガが興味深くて、色々読み散らかしているのですが。

 王族や貴族などの権力者がアッサリ関係してくるのは、さて置き。
 結構な頻度で奴隷階級が主人公周辺の協力者として出てくるのは興味深いです。
 あと、金本位制っぽいけれど、希少度の違いか作品毎の価値観が段違いで面白い。
 異世界は、方言はあれど共通言語が偏在せず万遍なく存在し言語に不自由しない。
 悪徳統治者はあれど、主人公や上位統治者の共通した民主主義の方向性は原作者が日本人故なのか。
 決して、ロシア型の力ずくの治安維持も否定されてはいけないと思うのだけれど。あ、私は日本型が一番マシだと思いますです。

 それと、絵を描きこなす作画担当ってのは貴重ですね。
 色々とデッサンやパースが狂っている絵も面白いのですが、一般受けの上手な絵が必要と言う定義上、横顔と正面顔が同一人物に見えたりオッサンと美少女が安定した同一人物の絵描きに見えると言うのは希少価値で。
 あと、手塚治虫がディズニー映画を手本に始めた近代マンガですが、その辺が分かっていない描き手が少なくないのも読んでいて欲求不満であると共に、改めて必須要素である事が分かり勉強になります。

 ある意味、手塚治虫以外にも巨人は多数いらっしゃいますが、巨人の存在を改めて認識するムーブメントだと思います。
83c790ef anonymous 2020-10-10 15:20
絵師ガチャは運命を左右する(著者の
SSRこい...SSRこい...!
d21db858 anonymous 2020-10-17 14:11
題名:硬派な作家を目指していたはずなのに編集の提案でなろう作家に転生させられてナンパ本書いたら信者までできた~今さら文壇に招いても遅い?不本意なボクと凄腕ライターハートフル物語~
69ec195f anonymous 2020-11-15 16:05
↓「きらら」がつかないまんがタイム系列と、「きらら」がつくまんがタイム系列の扱いの絶望的な差(以下前者を非きらら、後者をきららと書く)
アニメ化率、知名度、売り上げの差は語るまでも無い事実なのでここでは扱わない
・単行本刊行率の差
 きらら:連載できた時点で基本的に連載された分は単行本に掲載される("単行本無し"は10年以上前の出来事)
 非きらら:連載できても単行本が出るとは全く限らない。他社でアニメ化された作品がある人が1年描いても単行本無しが起きる
 更に言えば1巻を出した直後に打ち切られて2巻無しということも日常的に起きる

・装丁の差
 きらら:カラーページが冒頭8p分に掲載される。雑誌掲載時カラー、人物紹介、イラスト、前日譚等人によって様々
 話と話の間には設定画、4コマ1本掲載、イラストが入ることが多い 
 あとがきも人によっては3p、4pと描く人もいる(たいてい2p)
 非きらら:基本的にカラーは1p目のみ(殆どがイラスト)、2p目は2色刷り(殆どが人物紹介or目次)
 話と話の間には殆ど何も無い
 あとがきは原則1p、あとがき無しの物もゴロゴロ

・電子版の装丁の差
 きらら:基本的に袖、カバー表紙裏表紙、表紙裏表紙全て収録。電子版限定特典があるものもある
 非きらら:殆どの物が袖、カバー裏表紙、表紙裏表紙は未収録。新しめの物では収録されていることがある

仮にも同じ名前「まんがタイム」を冠している雑誌でここまで酷い差があっていいものなのか
e6395cf9 anonymous 2020-11-18 00:23
きららジャンプ
週刊少年ジャンプときららとの合同誌

Top of this page. |

limit: 1536KB

(漫画/5/0.0MB)

Powered by shinGETsu.